スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まるでおとぎ話の中の王国?ブルネイダルサラーム国☆


Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(22日間) ⇒ ラオス(9日間) ⇒ タイ(15日間) ⇒ マレーシア(8日間) ⇒ ミャンマー(11日間) ⇒ マレーシア(11日間) ⇒ ブルネイ(3日間) ⇒ マレーシア(4日間)⇒ インドネシア・チパナス に滞在中。。。

世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~



みなさんこんにちは~~



今日も元気モリモリのるーたです☆



最近、LINEの『ポコパン』にはまっています




日本はまだ暑いんでしょうか???




マレーシアの友人が秋に日本に行くんだけど、紅葉をすごく楽しみにしています




今年の日本の猛暑で葉っぱが枯れてないかちょっと心配・・・。







さて、昨日の記事(Couchsurfing in Malaysia☆)でお伝えしたとおり、祥に空港まで送ってもらったれあれあ号



クアラルンプールのLCCT(LOW COST CARRIER TERMINAL)で一晩過ごすことに。。。




クアラルンプールのLCCTはWIFIもあるし快適☆カフェに入ってとりあえず寝ることに・・・。




早朝、エアアジアに乗り込み出発☆この旅で実に6回目のエアアジア☆




向かう先は~




ブルネイ・ダルサラーム国

Flag_of_Brunei_svg.png



小さい国、ブルネイ☆



でも、豊富な石油資源を持っていて、お金持ちの国



イスラム国家☆




国王の権限が非常に強い絶対君主制のブルネイ



1880年代にイギリスの支配下となるが、その後第二次世界大戦の際には、



【日本】からの支配をうけ、日本の支配下になっていたブルネイ(1941~1945年)



医療費も教育費も無料



所得税も無い☆



他の東南アジア諸国に比べ給料も高く、みんな不自由ない生活を送っている☆



物価ももちろん高め(←これはバックパッカーにとっては良くないね





そんな、ブルネイに到着~☆


P8200257[1]


廊下でこんな光景を発見!!

P8200252[1]



そんなにいらないだろと思うほどの間隔で設置されたエアコン。。。



「お~~~金持ちの匂いがするぅ~~~~~



でも、飛行機の便が少ないせいか空港は閑散としている。。。

P8200256[1]




首都バンダルスリブガワンの町までのバスを待つ。。。



来ない。



来ない。



来ない。



・・・4時間後、ようやく来ました。。。



ようやくバスに乗り込み、町へ移動☆町までは、1ブルネイドル(B$)≒75円。




【ブルネイを旅行する人へ】


ブルネイ国内で外貨からブルネイドル(B$)に両替をするとありえないくらいレートが悪いです!!

(例)1US$をB$に帰ると、1B$≒0.9US$くらいになってしまいます。つまり1B$≒87円くらいに。。。

びっくりするくらいレートが悪いので、事前にシンガポールドルに両替してもっていくことをオススメします。

ブルネイドル=シンガポールドルなので、シンガポールドルもブルネイ国内で普通に使えます☆




ようやく町に出たれあれあ号



ブルネイ唯一の安宿【プサットベリアユースホステル】へ ドミトリーのみ一泊10B$(≒750円)


P8210342[1]



・・・

・・・

・・・



!!!


P8210339[1]



NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO



まさかの閉鎖。。。スタッフに聞いてもやってないよ。。とのこと。。



本当かよ!と思いながら中をのぞいてみたが人の気配なし。。。






ちーーーーん



安宿が一つしかないブルネイでのこれは大誤算



仕方なく一番安い宿へ。。。バスターミナルのすぐ近く。プサットベリアにも案内があったこの宿。



CIMG0305[1]

CIMG0304[1]



値段上がってるし~~~~~


ってかユースホステルが閉鎖されて競合がいないから値上げした感じだし!!!



結局、45B$(≒3,375円)のダブルの部屋に宿泊することに。。。
(シェアバス、シェアトイレだと40B$)


大してキレイでもないのに高い・・・トホホ。。。



気を取り直して、観光に!!!!!



といっても大して見るもののないブルネイ



そして、人々も難なく生活できるせいか、人に感心しないというか、無関心な感じで冷たいイメージすらある。。。



数少ない観光地の一つ☆ロイヤルレガリア(博物館)

P8200259[1]



なんと外国人も無料で開放されています



他の東南アジア諸国とは違う。。。さすがお金持ち



中には、高価であろうものがたくさん並んでいます☆

P8200262[1]

P8200265[1]




見学を終えた後は、食事をすることに。。。近くのショッピングモール内の「JOLLIBEE」で☆

P8200278[1]

P8200279[1]


これ全部で700円くらい。日本よりちょっと安いくらいかな。。。



オールドモスク(スルターン・オマール・アリ・サイフディーン・モスク)へ☆


P8200282[1]

P8200301[1]

P8200313[1]


見学の際女性は、肌の露出を禁じられているので、衣装をレンタルします。(無料)

CIMG0212[1]


このモスク、前国王のオマール・アリ・サイフディンが総工費約5億円をかけて建設したんだって。


高価な大理石や宝石をちりばめられている東南アジア随一の景観を持つモスクらしい☆


確かに、陽がくれてくるとどんどんモスクが綺麗になってくる

CIMG0279[1]

CIMG0275[1]

P8200327[1]

CIMG0298[1]

P8210065[1]



本当に綺麗だった~~~



翌日は、カンポンアイールへ



カンポンアイールは【水上集落】のこと☆



なんとブルネイの水上集落は、世界最大級なんだとか



川沿いを歩いているときに船のおじちゃんに声をかけられて、値段を交渉し船をチャーター☆



2時間で25B$(≒1,875円)



まずは、カンポンアイールへ~~~☆


P8210361[1]

これは多分廃墟・・・

CIMG0260[1]

途中立ち寄ったガソリンスタンド☆

CIMG0214[1]

P8210379[1]

こんなところもくぐります。

P8210363[1]



モスク。

CIMG0257[1]


学校。

CIMG0222[1]


警察。

CIMG0217[1]


救急艇。

CIMG0267[1]


CIMG0255[1]

P8210395[1]

P8210407[1]

CIMG0259[1]



カンポンアイールを見学した後は、ジャングルへ☆


船でカンポンアイールから10分ほどいくとジャングルが広がっています。


P8210424[1]

CIMG0232[1]

CIMG0228[1]

目的は~彼ら☆

CIMG0246[1]


遠かったのと、動いていたのでちゃんと撮れなかったんですが・・・



【テングザル】☆



このテングザル、争いが嫌いで他のサルや動物と争わないように他の動物が食べないようなまずい木の実などを食べるように進化したんだって。



それを知って、なおさら好きになってしまいました



鼻が大きいのは大人だけ☆



その後、ワニも見ることが出来ました☆



約2時間のツアーを終えて、おじちゃんと記念撮影!!

P8210431[1]


街中をぶらぶらしていると、イスラム国家らしいこの形をよく目にします。

P8210349[1]


この夜、TSUMUの夢をかなえてあげました☆



それは、満足するまでアイスが食べたいという夢☆


スーパーで1.5キロのアイスが3B$(約230円)で売っていたので購入☆


P8200335[1]

幸せそうにもくもくと食べるTSUMU☆
P8200334[1]



結局2/3を食べたあたりでGIVE UPしたTSUMU☆



1キロもアイス食べたんだすごいぞ!TSUMU



残りはおいしくいただきました☆



ブルネイに2泊して最終日



この日は移動日です!!目指すは、マレーシア・ラブアン島☆



CIMG0307[1]



まずはバンダルバスステーションからジャランムアラを目指します☆

CIMG0308[1]

CIMG0310[1]

ここでバスを乗り換え、フェリーターミナルを目指します☆

バス代は1B$(約75円)乗り換えの際、初めに乗ったバスのチケットが必要です。





ブルネイからコタキナバルに移動したい方へ☆

※一日に数本、フェリーターミナルへの直通バスが出ているそうです。


その情報等は、ガイドブックに出ている【バンダルスリブガワンにあるボートチケットオフィス】で教えてもらえます。

航路でいく場合、ブルネイ発ラブアン行きのボートは午前便に乗らないとその日にコタキナバルに辿り着けません☆
※ラブアン発コタキナバル行きの最終が13時?か14時のため。ごめんなさい。忘れました。

れあれあ号はラブアン島(免税指定エリア)で一泊しましたが、お酒が好きでなければ宿も高いのでオススメしません。



無事にフェリーターミナル到着~☆

CIMG0312[1]

CIMG0311[1]


ブルネイ・ムアラ港~マレーシア・ラブアン島へのボートチケットは、

15B$+港税2B$≒17B$(約1,275円)


1時間半弱でつきま~す☆




ブルネイを無事出国~~~

CIMG0316[1]

CIMG0317[1]



長い記事、最後まで読んでくれてありがとう☆

感謝してます

日本は残暑厳しいかな??体調崩さないように気をつけてください☆



今日もポチっとお願いします

応援、励みになります


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
VISITOR
これまでの訪問者数
訪問ありがとう!
☆地球環状線 運行状況☆
スマイル街道前進中☆
  プロフィール

  るーた & つむ

Author:  るーた & つむ
:れあれあ号
(LeaLea)

乗務員 :
     旦那 るーた  
     嫁 つむ  
                
About us  :
      るーた(1984年生)
       A型東京都出身
         趣味(旅行)

      つむ(1988年生)
       O型大阪府出身
       趣味(昼寝、散歩)    

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。