月別アーカイブ  [ 2014年04月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドバイで安く荷物を預ける方法(クローク・ロッカー代わり)☆









Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギス ⇒ ウズベキスタン・サマルカンド に滞在中。。。



先日、タシュケントの街中で子供が飛行機のミニチュア模型を持って遊んでいるのを観たんだけど、旅の記念に旅中に使用した飛行機のミニチュア買っておけば良かったなぁ~~~とふと思っていました。



飛行機好きとして・・・。



だってこれまで、



①エアアジア
②タイガーエアウェイズ
③ドゥルックエア
④スパイスジェット
⑤エアアラビア
⑥イージージェット
⑦ノルウェジアンエア
⑧ウィズエアー
⑨ペガサスエア


とたくさんのLCCに乗ってきてどれも良い思い出だからね。



集めておけば良かったなぁ・・・。



世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




どうも、るーたです。





アジアで一番有名で、【世界一の航空会社】に選ばれている航空会社は、【エアアジア】です。この旅中も何度もお世話になっています。




そして今回は、中東で一番有名なLCC(格安航空会社)に乗ることに。




その名も




【エアアラビア】




今回はそのエアアラビアを使用する際のちょっとした情報を記事にしたいと思います。




エアアラビアを使用する人にとって有益な情報になれば良いな




まずエアアラビアが使用している空港ですが、ドバイにあるドバイ空港ではなく、ドバイから車で1時間~1.5時間ほど離れた【シャルジャ空港】を使用しています。





シャルジャ空港への行き方はいくつかあるのかもしれませんが、今回はフライト予約時にエアアラビアのウェブサイトから予約出来るエアアラビア専用シャトルを使用する場合のアクセス方法をまとめます。




エアアラビアのシャトルバスは、【LAMCY PLAZA(ラムシープラザ)】というショッピングモール前から出ています。一階の正面ゲートを入るとすぐ左側にエアアラビアのオフィスがあるのでそこで受付してください。




さて、【LAMCY PLAZA】までの行き方ですが、いくつかあるのかも知れませんが僕らが使用したルートを記載します。




まず地下鉄グリーンライン【Oud Metha(アウド・メサ)駅】へ。




地下鉄レッドラインから乗り換える場合は、【Khald Bin Al Waleed(バリード・ビン・アル・ワリード)】で乗り換えです。




地下鉄といっても【Oud Metha(アウド・メサ)駅】は地上にあります。




降車したら終点の【Creek(クリーク)駅】方面向かって左側に下りてください。
(※改札を出て左に行ってください。)




【Oud Metha(アウド・メサ)駅】の下には線路に沿うように道があるので、Creek駅方面に歩いてください。




100メートルほど歩くと【LAMCY PLAZA】(F18番)行きのバス停があります。

IMGP7800.jpg




バス乗車の際にはノルカードが必要になります。



れあれあ号の場合、残高がほとんど無かったのでノルカード(シルバーカード)の残金を失っても、タクシーを利用するよりは安いと思ったのでバスを利用しました。

P1010452.jpg





【LAMCY PLAZA】への行き方は以上です。



※シャトルバス時刻表

P1010447.jpg

P1010454.jpg





※LAMCY PLAZA入り口 ここ入ってすぐ左側に【エアアラビア】オフィス有り。

P1010451.jpg








次は【アーリーチェックイン】について。



ドバイで、クローク(荷物預け)を探している人には役立つかもしれません☆☆







フライト予約時、オプションで【アーリーチェックイン】という項目があります。




【アーリーチェックイン】とは、上述した【RAMCY PLAZA】でフライト時間の24時間前からチェックインが出来るというシステム。




一人10AED(≒270円)くらいだったと思います。




アーリーチェックインなんて必要無い!!と思う方いるかもしれませんが、場合によってはこのシステム、非常に役に立ちます。



場合によると記述しましたが、特にフライトが早朝、もしくは夜~深夜のフライトを予約した人には約に立つと思います。



なぜかというと、アーリーチェックインが出来るということは、大きい荷物を預けられるからです☆




宿泊した宿で荷物を預かってくれれば良いのですが、ホテルが中心街から離れていてホテルをチェックアウト後、街にでてまたホテルに荷物を置きに行くのは・・・という方、いると思います。




もしくは、れあれあ号のように、フライトが早朝なので空港泊したい。空港に向かうまでの時間は待ち歩きしたいなどなど色々な理由があると思います。




何故そんなにお勧めするの??





【コインロッカー】とか【Left Luggage】に預けとけばいいじゃん



という意見もあると思いますが・・・




あまりないんです




れあれあ号も探したんですが、なかなか見つかりませんでした。




ドバイモールにあるようですが、一個につき、50~70AED(≒1,350~1900円)くらいかかっちゃうとか。




高すぎ





れあれあ号もどうしようか考えてたんだけど、最終的に見つけたのがこの【アーリーチェックイン】でした☆




重複しますが、通常飛行機のチェックイン開始時間はフライト時間の約3時間前ですが、




この【アーリーチェックイン】では、24時間前からチェックインが可能です。




しかも、シャルジャ空港ではなく、【LAMCY PLAZA】のオフィスで出来るんです




例えば深夜のフライトならその日の早朝にチェックインを済ませれば、ドバイ滞在最終日を一日手ぶらで過ごせるわけです☆☆




これって超便利ですよね




アーリーチェックイン代10AED・・・荷物預かり代と思えば安いと思います




ただ、チェックインを済ませた後に買い物をしても預けた荷物の中には入れられないので注意です



P1010453.jpg




日本からドバイに行って、【エアアラビア】を使う人はあまりいないと思いますが、誰かにとって役立つ情報だったら嬉しいです☆




今日も読んでくれてありがとう

誰かの役に立つと良いね☆のポチをよろしくお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
スポンサーサイト
[ 2014/04/22 07:29 ] アラブ首長国連邦 | TB(0) | CM(0)

がっかり都市。。。







Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ・イスタンブール⇒キルギス共和国 ⇒ ウズベキスタン・サマルカンド に滞在中。。。





大阪には~う~まいもんが~~~いっぱいあるんやで~~~




た~こや~き~ぎょうざ~~~おこのみ~や~き~~~豚まん♪




この歌、大阪の人なら誰でも知ってるみたいです。




この歌詞、賛成です




でも餃子に関して言うなら、僕、【餃子の王将(京都)】が好きです





世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




どうも、るーたです。




ドバイ~~~ドバイ~~~




楽しみにしていたドバイ




どんなところだろう・・・とずっと想像していたドバイ




でも、




でも、





が見て感じたドバイは驚きの連続でした。。。





ポジティブではなくて、ネガティブな方で・・・。





ドバイでは現地の人々がどういう生活をしているのかを垣間見ることがほとんど出来なかった。。。









レストラン、みやげ物や、薬屋などなどあらゆるショップで働いている人は、ほとんどはフィリピン・中国・インドからの出稼ぎ労働者




街中で見かける人々はほとんどが観光客もしくは移民(他の国から来てここに住んでる人)で。。。




実際にカウチサーフィンでお世話になったKさんも移民。
(ニュージーランド人で仕事でここに住んでるんだって。)




その彼が「根っからのドバイ人に会うことなんてほとんど無いよ~~~」って。。。






テレビに映るドバイは、高層ビルが並びキラキラきらめく街並み。。。





でも実際は、スカスカの土地にデカイ建物が





ドーン




ドドーン




と建っているだけ。。。





空いている土地では、建設工事が行われているけどやっぱりそこでもインド系の人々が働いている。





電車に乗れば分かるけど、ほんとうにスカスカな街。





テレビってすごいね。うまく編集してる 感心しちゃう。。。





オマーンから来たせいもあって人々の生活感の無い街並みにただただ驚き。。。





オマーンではよく見かけたこんな光景、まったく無かったもんね。

IMGP7656.jpg








現地人との関わりの少ない日本の海外ツアーならドバイはいいかもしれない。





その中でも、都市型ツアーを好む人にはドバイは最高かもしれない。





巨大なショッピングモールがいくつもあって、





高級ホテルがいくつも立ち並んでいて、





お洒落なレストランもたくさんあって。。。





タクシーも安全で日本よりは安くて。。。











でも、それって僕らがしたい旅とは正反対なんだよね。








現地の人と接して、




現地の人に混じって、現地の交通手段にチャレンジして、




現地の人で賑わう食堂やレストランで食事を楽しむ









ドバイでは、それは出来なかった。




現地人と接したくても現地人があまりいないんだもん。










お金と引き換えでしか楽しみを味わえない町なのかもしれない。





観光客を呼び込むためにうまく造られた街だなぁって感じた。




ドバイに、期待し過ぎていたんだね、きっと








僕が感じたドバイをどの言葉で表現するのがしっくりくるのか考えたらこの言葉が一番しっくりくる。









ガッカリした。。。




ドバイ、ガッカリ都市だった。







今日も読んでくれてありがとう


ポチっとよろしくお願いします


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/04/21 21:25 ] ドバイ | TB(0) | CM(0)

おぉ!!!綺麗!あれ・・これだけ?






Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ・イスタンブール⇒キルギス共和国 ⇒ ウズベキスタン・タシュケント に滞在中。。。










こんにちは。つむです☆





みなさん、【おにぎりせんべい】って知ってますか?





最近、【おにぎりせんべい】が関東には無いことを知って、ショックを受けました。





ショックを受けるなんて、大げさに聞こえるけど、





かなりの衝撃でした・・・・・・(〃゜△゜〃)えっ!







ちなみに生まれは、三重県らしいです。






普通にどこでもあると思ってたから、東京生まれのるーたに食べてもらおうとしたこともなかったんだよね。






だって、るーたも小さい頃から食べてたと思ってたし・・・・・・






そんな知らないだなんて・・・・・知らない。





確かに、大阪にいてもすっごく食べたくなる!とか、





おやつと言ったら絶対【おにぎりせんべい】ってわけでもないし。







正直、関東に移って3年?近く経つけど、一回もスーパーに【おにぎりせんべい】を探しに行ったこともなかったな・・・・・






でも、意識してなくても、大阪にいれば、定期的に口にする安定の味なんだよね。







いや~3,4年食べてないけど、関東にないと分かったら食べたくなってきた。








大阪の家族も、当然東京にもあると思ってたらしく、ショックを受けてました。笑







東京の(るーたの)家族のみなさん、






近々、大阪から【おにぎりせんべい】が届くと思うので食べてみてください( ・∀・)(´_ _)笑






3,4年存在を忘れちゃうくらい、素朴な味ですが・・・・・おいしいです♪




こんなことを書きながら、実はるーたの家族は知ってるんじゃないのかな?







なんて、まだ思ってる自分がいます。







『それはないよ┐(´ー`)┌』って横でるーたが言ってるので、







そろそろ諦めて、旅ブログへ・・・・・・。






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~







今日は、ドバイのハイライト!!!!!




【ブルジュ ハリファ】の登ります。






正直、結構値段も、高いし登らなくてもいいかな~って思ってたんだけど、






もう一生来ることないだろうしって事で、事前にチケットを購入。






当日券だと400ディルハム(10,800円)、事前予約する100ディルハム(2,700円)






なので、ホームページで事前予約することをおすすめします♪

IMGP7795.jpg





当日行って、予約番号を入力すれば、簡単に発券できます!

IMGP7791.jpg







無事にチケットをゲットして、いよいよエレベーターへ。

IMGP7793.jpg


P1010345.jpg






とうちゃ~く!!

P1010370.jpg



P1010352.jpg




ぉお~綺麗☆☆☆

P1010369.jpg


P1010355.jpg


P1010362.jpg






ぅ~ん。でも、案外低い・・・・・・・?!







あ!!(*´∀`)まだ、上にあるんじゃん!!?





エレベーターの前に長い列を見つけ、そう思い込んじゃった“れあれあ号







おバカな“れあれあ号”。






早く最上ポイントへ行こうヾ(@^▽^@)ノと、その列に並びます






5分程待って、やっと乗れました♪





最上ポイントへ、と~ちゃ~く!!






のはずが、扉が開いて待っていたのは、






登るときに『いってらっしゃい(〃⌒ー⌒)/』と見送ってくれたお姉さん。







しかも、 『ありがとうございました♪またお待ちしています♪』って・・・・・・・・・






うそと言ってください。お姉さん。・・・・・・・・







いや、アホすぎる。バカすぎる。







こんなときは、もう、笑うしかないね(●´艸`)ププッ









・・・・はぁ~(-ι_- )









・・・・・・・・はぁ(-ι_- )






こんなこともあるよ♪と励ましあい帰路に。






うんうん、こんな日もあるよね。







思い消せば、婚約届けを役所に届け出る時に、婚姻届を家に忘れていった“れあれあ号”。







今に始まったことじゃないんだよね・・・笑







あの時も、カウンターまで行って、






係員『はい。ご用件は・・・・』






れあ『えと、婚姻届をていしゅ・・つ・・・・・・・・(〃゜△゜〃)!!』







そんな感じで恥をかいたけど、おかげで今ではいい思い出。







きっと、この日のこともいつか思い出に・・・・・






思い出に・・・・・・・・・


P1010380_20140417225114455.jpg








・・・・・・・(TωT)




※るーたいわく、東京スカイツリーの展望回廊とほぼ同じ高さということもあって楽しみにしていたみたいなんだけど、東京の夜景のほうが全然綺麗だって☆
「スカイツリーに登ったほうが全然景色綺麗だし、感動するよ~~~」って。




夜景を満喫したのはわずかに10分。。。ほんとにおバカだなぁ~~~。




今日も、読んでくれてありがとう♪♪




そんなこともあるよ・・・・のポチっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

[ 2014/04/20 06:34 ] ドバイ | TB(0) | CM(0)

なんかもやもやするな・・・・・・


Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒トルコ・イスタンブール ⇒ キルギス ⇒ ウズベキスタン・タシュケント に滞在中。。。







こんにちは。 つむです。






キルギスで、水を買うと高確率で炭酸水・・・・・・






普通の水が良くて、慎重に選んだ水。






開けたら・・・・・また炭酸水。






【100% NATURAL WATER From Mountain】って書いてたのに・・・・・・・






炭酸水が嫌いな“るーた”『自然の水は、こんなにシュワシュワしてないだろ~!!!』とご不満ヽ(☆`Д´メ)ノ 。







慣れればおいしいんだけどね~。






どうやら、Legendって名前の水は、普通の水らしいです。♪







世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~






お金持ちの国UAEのドバイのイメージしかないれあれあ号






Kさんに教えてもらった情報をもとに観光へ。







・・・・・・の前に、川沿いに座って朝食♪

IMGP7807.jpg






カメラを持っていると、『撮って撮って』と声をかけられました。

IMGP7809_20140417230407c83.jpg






みんな同じようなチャードルを着ているのかと思ったら、







よく見ると、いろんなデザインがあるんだね~♪みんなおしゃれ( ・∀・)







まずは、オールドスークへ。

IMGP7828.jpg





お土産屋がずらりと並んで、すごい勢いで日本語で話しかけられました。

P1010422.jpg







無理やりターバン被せてきたり、服を引いてきたり客引きがひつこかったので、








『安いよ~』 『見てってよ。こっちこっち。』などの日本語の客引きに、







『ん?(´・ω・`;)?』と日本語が分かんないふりをしちゃいました。






それにしても、怒涛の日本語。








それだけ、日本人観光客が多いって事なのかな?








オールドスークをさらっと通り抜けて、アブラ乗り場から反対側のゴールドスークへ。

IMGP7829.jpg







"アブラ"は市民の足になっていて、5分待てば人が集まり出発してくれる。

IMGP7831.jpg

料金 一人 1DH(≒27円)


IMGP7827.jpg








反対側に行って、1カ国1枚出すようにしているポストカードを送るために郵便局へ。

P1010427.jpg


P1010429.jpg



無事に届きますように。。。

P1010431.jpg










そして、ゴールドスークへ。

IMGP7840.jpg


IMGP7841.jpg







ドバイは金が安いらしい・・・・・





見ても、これが安いのか分からないけど、安いですか?

P1010432.jpg






中国からの観光客が多かったです。






ギネスに認定されている【世界一重い金の輪】

IMGP7847.jpg


IMGP7849.jpg






ドバイらしいよね~~~。






金に縁のない“れあれあ号”は雰囲気だけ味わって大満足♪







すぐ近くにあるスパイススーク







いろんな匂いがする~でもこのにおい嫌いじゃないかも。






すごい種類のスパイス。

P1010437.jpg


P1010438.jpg






スパイススークの中に、チャイ屋さんがあったので、






ケバブも注文して昼食休憩☆

P1010445.jpg







店のおじちゃんめっちゃ愛想よかったのに、







会計になったら、高すぎる値段請求してきた・・・・






『これ間違ってるよ?!』って聞くと、






『君らが食べたのは大だ。メニューに書いてるのは小の値段だよ。
大きいほう食べたんだから、この値段払え!』
と急に笑顔のない顔に。






メニューには値段が1つしか書いてなくて、そのメニュー指差して注文したのに。







納得いかないo(`ω´*)o・・・・・・








めんどくさそうなおじちゃん相手に1つ1つ彼に値段を再確認。






ほんとめちゃくちゃな会計( ´゚д゚`)。







チャイも、最初に聞いた値段より高いし、大も小の値段の倍以上。







それを足しても、彼が最初に掲示してきた値段と全然違う。







電卓を使って見せると、めんどくさそうに、







『あ~@@でいいから、早くどっか行け(`Д´)』とメニュー通りの値段を請求してきた。
※小遣い帳が手元に無いため、正確な金額覚えてません・・・






観光地なのに英語メニューをあえて置かずに、後でいろいろ言い訳する。







あれ?!って思っても言わない人が多いのかな・・・







実際、旅に出発する前の状態だったら、言えなかったかも・・・・・・。







言うほうがめんどくさいしね。








最初からメニューにちゃんとした値段が書かれてたら、






たとえ、観光客価格でも納得できるけど、こういうやり方には払いたくない。





結果的にぼられなくて済んだけど、






なんか、モヤモヤを残したまま店を出る。










特に他に見るものもなかったので、"アブラ"で反対側にもどることに。








川沿いを歩いていると、小さな路地から人がいっぱい出てきたので見に行ってみる事に。







中に入ると、綺麗なモスクが♪

P1010401.jpg





他にも、コイン博物館とかもあるようです。


P1010409.jpg


P1010415.jpg





この日は、川沿いでのんびりしてからKさん宅に帰りました☆






帰ると、 先に帰っていたKさんがお手製サラダを作ってくれました♪♪





なんか、おしゃれ~(*´∀`p〃qパチパチパチ

P1010398_20140418185339978.jpg






ドレッシングは一切使わずに、ナッツとシーチキンと塩だけの味付け。






シンプルなのに、おいしい♪





この日は、早めに就寝。







翌日も、朝から超快晴!







せっかくだから、ビーチに行きたい♪♪ってことで、







高層ビル郡を眺めながら、、

P1010280.jpg


P1010283.jpg








高級ホテルが並ぶ中を抜けてビーチへ。






ビーチにもラクダ・・・・中東だね♪♪

P1010288.jpg





海、思ってより綺麗☆☆

CIMG2269.jpg





ここでも、欧米人たちが肌を真っ赤に焼いていました。

CIMG2270.jpg





痛そう・・・・・・・・






どのビーチに行っても、それやけどだよ~ってぐらいみんな肌焼いてるんだよね。







海にも入らず、ひたすらビーチに寝転び焼き続けるのが彼らの海での過ごし方らしい。








こんなにきれいな海があるのにもったいないって思っちゃうよね。






そういえば、ミャンマーで会った沖縄出身のゆうすけくんも、






『沖縄人は、ビーチ行っても泳がないな~ビーチ行ったら、さぁ、肉焼こってなるよ~。笑』







って言ってて、衝撃受けたな。







あ~海のあるところでゆっくりしたいな。(滞在費安いところで。)







そして、世界唯一の7星ホテル【バージュ・アル・アラブ】

P1010294.jpg



写真遠すぎてすみません。







お金を払えば中にも入れるらしいのですが、そんなに興味がなかったので・・・電車から撮影。









そして定番の巨大ショッピングモール【ドバイモール】


P1010304.jpg

P1010318.jpg








ギネスにも世界一の認定されている【ドバイモール】の巨大水槽。

P1010307.jpg


P1010313.jpg


P1010315.jpg








このショッピングモールには、アイスリンクもあって、








この日は、中国から来た団体がアクロバティックなショーを行っていました。

P1010324.jpg


P1010322.jpg









ブランドにも興味がないれあれあ号は、水槽とアイスリンクを見て満足。







来る前から分かっていたんだけど、都会にそんなに興味ないな・・・・・・・








でも、せっかく来たからにはあれには昇っときたい・・・・・・・・






ということで、“れあれあ号”もあれに昇りました♪

P1010333.jpg





その様子は次回☆





今日も、読んでくれてありがとう♪





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  



[ 2014/04/19 06:20 ] ドバイ | TB(0) | CM(0)

え、そんなにすごい人だったの?


Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒トルコ・イスタンブール⇒ キルギス・オシュ に滞在中。。。









こんにちは。 つむです。






未知の国中央アジアを旅行中の“れあれあ号”





この旅、初雪を体験しました・・・・・。





この間、冬用のコート送ったばっかりだったのに。






完全に、油断してました。
















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








オマーンから、次の国UAE(アラブ首長国連邦)へ!!!







雄大なオマーンに癒された“れあれあ号”







マスカット空港から、事前に予約していた国際バスに乗り込みます☆






早朝にお世話になっていたAさん宅を出発。






朝、早いにも関わらず起きて見送ってくれました。






Thank you so much!!






早朝だったため、なかなかタクシーがつかまらず、ヒヤヒヤ。。。






ギリギリのところでタクシーもつかまり、10分前に空港到着。






空港のバス乗り場は、到着ゲートを背に左に進んだほうです。






UAEのドバイまでは、約5時間。







国境の手続きもスムーズにいき、快適な移動でした。







国境付近には、砂漠が(*´∀`)ウキウキ






まだかな~まだかな~と窓の外を見ていると、






ビルが、増えてきた~!!!!



らしい・・・・・・・(るーた談)





あたしは、寝てました。移動ってどうしても寝ちゃうんですよね。






そんなこんなで、ドバイにとうちゃ~く!! (したようですね。)







でも、降ろされた場所がどこなのかさっぱりわかりません。







GPSマップで位置を確認すると、近くに地下鉄の駅があることが分かり、







地下鉄の駅まで歩いて行くことに。








ドバイ思ったより普通の街だな。







なんか、もっとすごいの想像してたんだけどなぁ。








SFの世界みたいな、すっごいビル郡を。。。








まぁ、気を取り直して、ドバイ滞在でお世話になるカウチサーフィンのホストの家を目指すことに。









この日お世話になるKさんの家は、オールドスークから3駅という便利な場所。








家に着くと、超さわやかなKさんが出迎えてくれました♪








今回のドバイ滞在が弾丸だという話をすると、今からでも行ける場所があるよ~と教えてくれました。









早速行ってみました♪







毎年、世界各国からゲストを招待してのいろんな展示ブースが並ぶようです。

IMGP7762.jpg


P1010259.jpg


P1010264.jpg


IMGP7758.jpg


IMGP7773.jpg







お祭りのような雰囲気。

IMGP7767.jpg






アフリカからのブースが多かったかな。





みんな人形を狙って、ゲームに熱中・・・・

P1010277.jpg





頑張ってるのは、子供じゃなく大人・・・・いいね♪





楽しそうな大人ヾ(@^▽^@)ノ

P1010268.jpg




かわいそうなミッキー(TωT)(逆さづり)

P1010272.jpg





毎日花火があるらしいんだけど、時間になっても始まらないから、







ごはん食べて、帰ってきちゃいました。







いろんな国に行ったことがあるKさん.






各国のお土産が飾ってある棚を見ていると、大量のメダルが・・・・・







何かスポーツでもしてるのかな~なんて思って聞いて見ると、







『あ、実はスイーツ作る仕事してるんだよね。その関係で・・・・』






『パティシエ?!!かっこいいね~♪♪』







いろいろ話を聞いていくうちに・・・・・・・








????!!!!!!







!!!!!!!!!!








なんかこの人すごい人かも・・・・・・







パティシエの世界的な大会で何度も優勝。







そして、世界唯一の7星ホテル(ドバイにしかない)チーフパティシエとして働き、







あんなセレブや、こんなセレブ達のケーキを作っていたらしい。







雑誌にも取り上げられてる、そんな彼・・・・・







能ある鷹は爪を隠すんだね。







カウチサーフィンっておもしろいなぁ。








彼の部屋からは、【ブルジュ・ハリファ】が見えました♪

CIMG2273.jpg







明日は、THE ドバイな場所を観光~!!






続きは、明日~!!





今日も、読んでくれてありがとう♪




カウチサーフィンおもしろそう~と思った方、ポチッとお願いします♪
世界一周ブログランキングが見れるページに移動します。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  



[ 2014/04/18 06:55 ] ドバイ | TB(0) | CM(0)

オマーンの物価☆






Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン・ビシュケク に滞在中。。。





TSUMUが最近またブログを休むようになってきました。





困った困った。。。





チョコレートかアイスあげてモチベートしないと。。。





世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~





どうも、るーたです。




今日はオマーンの物価について書きたいと思います。





日本からのツアーや旅行ではなかなか行く機会の無いオマーン。





物価がどんななのか想像もつかないと思います。





ではまず飲み物から。





オマーンはイスラム国家なので基本的にお酒は売っていません。





お酒を買うためには、お酒を買うための許可証(免許証のようなもの)が必要です。





なのでお酒の値段はわかりませんでした。





ジュースはこんな感じです。




P1010206.jpg



1000パイザ = 1オマーンリアル(OMR) なので、




150パイザ ≒ 42円。




500mlの缶ジュースで、




250パイザ ≒ 70円。




レストランでは紅茶一杯 100~300パイザ。


大体 28~84円といったところでしょうか。




ヨーグルトは一個 100パイザ ≒ 28円


P1010204.jpg


こっちは、 125パイザ ≒ 35円

P1010205.jpg


スーパーのサンドイッチ 600パイザ ≒ 168円

P1010195_201404070627549ab.jpg


ローカルレストランでこれだけ食べて 2.5OMR ≒ 700円


P1010184.jpg




オマーンは、ケバブと、インドレストランも多い。




カレーは大体 1OMR ≒ 280円でお腹一杯食べられる。




高くても1.5OMR ≒ 420円くらいだろうか。



たまねぎは、1キロ 275パイザ ≒ 77円

P1010208.jpg


ジャガイモ 1キロ 475パイザ ≒ 133円

P1010209.jpg


トマト 1キロ 295パイザ ≒ 83円

P1010210.jpg



これは、ローカルスーパーの野菜の一部。野菜も豊富で日本にある野菜のほとんどを手に入れられるだろう。





肉はカルフールでのみ確認したが、豚肉は宗教上食べないので手に入れるのが難しそう。買えても高いだろう。





牛肉・鶏肉は日本よりかなり安く感じたんだけど正確な値段は忘れました。。。





そしてオマーン、何よりも高いものがある。





それは、宿泊費用




今回カウチサーフィンでお世話になったのでれあれあ号は宿泊費用がかからなかったのだが、オマーンには安宿といえる安宿が存在せず、一泊10OMR(≒2,800円)で泊まれたらラッキーといえるほど。




安宿が無いということも旅人が少ない理由だろうか。。。





安宿を除いてなら、物価は公共機関も含め安くて滞在しやすいと思う




最後にれあれあ号が安くて興奮したものがある。




それがこれ。チーズ。


IMGP7729.jpg



日本でも似たようなのありますよね。




これが衝撃価格




8ピースの3段。計24個いり。 





いくらだと思います





正解は・・・












0.55OMR ≒ 154円




24個で154円。。。





一個約6円




チーズ好きのれあれあ号




言うまでもなくパンにこれを豪快に挟んで食べました




おいしかった~~~




日本で出来ない小さな贅沢を存分に楽しめる




これも旅の醍醐味です




今日も読んでくれてありがとう


日本もチーズやすかったらなぁ~~~のポチをお願いします


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/04/17 07:57 ] オマーン | TB(0) | CM(0)

やっとアラブに来たんだなぁ。。。





Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ ウズベキスタン・タシュケント に滞在中。。。





昨年11月タイにいた時に愛用している8インチタブレット【NEXUS7】のディスプレイにヒビが入り、それから約5ヶ月。




いよいよれあれあ号の【NEXUS7】がおバカちゃんになってきました




画面に触れていないのに、ヒビの部分が原因なのか画面が左右に細かく動きます。




どうしよう・・・






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




こんにちはるーたです。





最近のTSUMUはというと・・・ヨルダンで買ったジーンズの普通ならあくはずの無い場所に穴があいて破廉恥な感じになっていて困っています。。。




やっぱり海外の安物は・・・。





さて、ブログタイムは、オマーン

(ヨルダンにも達していないので頑張って更新しましょう☆)



縁の無い国と思ってるかもしれませんが、この童話をしっていたら小さな繋がりを感じるかもしれません。





アラビアン・ナイト☆





ディズニーシーのアトラクションでも出てくるアラビアンナイトの主人公のシンドバッド





彼は、オマーンのソハールという港から出航したとされているんだよね。





首都のマスカットからソハールまでは車で約2時間☆





まぁ僕もこんな話は知らなかったんだけど(笑)





オマーンと聞くと、たまにサッカー日本代表が試合してるなぁ~~~くらいにしかわからず・・・。








ホストの家の近くでお茶をしたあと、ホストに電話をして正確な場所をもう一度確認しようとしたところ、公衆電話は全てカード式で電話できず。





困っているとレストランのスタッフのお兄ちゃんが「使って良いよ」と貸してくれた。





電話が済み、すこしばかりのお金を渡そうとすると笑顔で「いらないよ。」って。





優しい





日本で困ってて電話使って良いよって自ら進んで携帯電話を差し出してくれる人はいるだろうか





無事にAさんの家に到着




Aさんはインド人のお医者さん。話を聞くと、オマーンは所得税がなくて稼いだお金は全て自分のものになるんだって。





さすがお金持ち国家は違う




3泊滞在させてもらった部屋☆

IMGP7718.jpg


部屋からの眺め☆

IMGP7615.jpg


IMGP7617.jpg


IMGP7717.jpg




翌日は、マスカット観光☆




まずはオマーン最大のモスクへ



IMGP7627.jpg


IMGP7628.jpg


IMGP7635.jpg


IMGP7638.jpg


P1010143_20140406234623e0d.jpg


IMGP7639.jpg


IMGP7647.jpg


IMGP7648.jpg


IMGP7652.jpg


IMGP7642.jpg





中に入ることは出来なかったけど、圧巻のサイズだったし天気もよくて本当に綺麗だった






モスクの前の大通りから乗り合いバンを捕まえて、中心街RUWIへ☆





途中の景色も綺麗

IMGP7655.jpg


IMGP7653.jpg





RUWIに到着してとりあえず記念撮影




読み方は、【ルウィ】じゃなくて【ルイ】☆


IMGP7701.jpg





RUWIからさらにバンを乗りついて海沿いの街マトラへ




RUWIからマトラまでは0.5OMR(≒140円)

P1010172.jpg


IMGP7658.jpg




海岸に到着☆




アラビア海☆

IMGP7691.jpg


IMGP7695.jpg



まずは、現地の人々の台所とも言うべき漁港へ


IMGP7673.jpg


IMGP7671.jpg



やっぱりここでも「アラブに来たなぁ~」って感じる☆




IMGP7668.jpg


IMGP7667.jpg


IMGP7663.jpg


IMGP7660.jpg


IMGP7659.jpg



漁港のあとはアラブ諸国一の大きさと言われているマトラスーク(商店街)へ☆



IMGP7680.jpg


IMGP7678.jpg


IMGP7684.jpg


IMGP7686.jpg




いろいろなお土産をうってるんだけど、「ん?これインドで売ってたやつだよね??」と思うようなものがおおく、そしてそれらがべらぼうに高い。




お土産には興味のないれあれあ号、早々にスークを後にし、散歩することに



IMGP7676.jpg


IMGP7682.jpg


IMGP7683.jpg


IMGP7689.jpg


IMGP7690.jpg


IMGP7692.jpg


IMGP7693.jpg





オマーンは想像していたイスラム国家☆




敬虔なムスリムが多く男性は全身白いものを着ていて、女性は黒いもので肌を隠している。





男性の衣装は着るたびにクリーニングに出して白さをキープしているらしい。





確かにしみ汚れを探しても見つからないほどみんな綺麗な衣装を着ている。





そして何よりも【車】




乗っている車はほとんど高級車。ドイツ車なんて当たり前。





見かける日本車もアルファード、スカイライン、マークⅡ、ランクルなどなど高級車ばかり。。。





コンパクトカーなんてほとんど見かけない。





さすが金持ち国家・・・。





P1010201.jpg




RUWIに戻り、ドバイ行きのチケットを購入。


IMGP7582_201404070053212e9.jpg


IMGP7575_2014040700532082d.jpg


IMGP7574_2014040700531916e.jpg



ドバイ行き 5.5OMR(≒1540円)




滞在中何度かお世話になったカルフールの激安サンドイッチ。




このサイズで0.6OMR(≒168円)




P1010195.jpg





バン乗り場。一杯にならないと出発しない。

IMGP7703.jpg


IMGP7704.jpg


IMGP7697.jpg


人々はいつも陽気☆


IMGP7705.jpg


IMGP7709.jpg





オマーンは人々の生活を垣間見ることが出来て本当に楽しかった




街中にキオスクのようなショップがポツンポツンとあり、そのまわりには大抵プラスチックのイスとテーブルがある。




オマーンの人はそこに座ってのんびりお茶を楽しんでいる。




その文化大好き


IMGP7656.jpg




どんなふうに生活をしているのか、どんな食文化なのかを街中を歩くだけで想像出来るオマーン。





アラブに来たんだなぁと実感出来ました





こんなこというのは失礼だけど、正直敬虔なムスリムの人々というか肌を隠す衣装を着る人々に対して恐怖心というかそれに近いものがあった。





でもオマーンでは優しさに触れることしか無くてすごく良い時間だった。




ずっとインドにいたっていうのもあって人の少ない街中、整備された町、目に映るすべてがお金かかっているように見えたオマーン




楽しかった~~~





夜は毎日ホストの家の近くのレストランで食事をしました




家の近くにはTOYOTAの工場が。。。

P1010177.jpg


P1010178.jpg


P1010181.jpg


IMGP7621.jpg


P1010179.jpg


P1010180.jpg


P1010183.jpg



これだけ頼んで、ナンに似たホモスというのが食べ放題で、2.5OMR(≒700円)




決して高くないこれもまたオマーンの良いところ




オマーンどうですか??行きたくなりましたか??





毎晩遅くまでカウチホストとビールを飲みながらお話できて楽しかった~~~


Aさん、ありがとうございました

CIMG2266.jpg






今日も読んでくれてありがとう


オマーン綺麗だねのポチをお願いします☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/04/16 07:45 ] オマーン | TB(0) | CM(0)

名前、かわいいでしょ??





Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン・ビシュケク に滞在中。。。





皆さんこんにちは るーたです。




あと2週間でゴールデンウィークですね☆




働いてるときは長期休暇が待ち遠しかったのをよく覚えています




日本にいるとサービス業以外の会社では長期休暇はみんな一斉に休むのが当たり前ですが、世界ではそれって結構まれみたいですね。




ヨーロッパでその話をしたら、みんな一斉に休んで行楽費用が高くなる??そんなのアホらしいじゃないか好きなときに休んでお金の心配をせずに有意義に過ごすのが休暇だろ




と言われてやっぱり日本はプライベートの時間を有意義に過ごすための環境よりも、働くための環境が整ってるのかなぁ~~~と思ってしまいました・・・




そして、もう一つ。




今日はTSUMUのMOMの誕生日




誕生日おめでとうございます




新しい一年がこれまでの一年一年よりももっと素敵な一年になりますように☆


103_20140407060516c7e.jpg





世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~









みなさん、れあれあ号が現在滞在している【キルギス(英語:キルギスタン)】と、




ブログタイムの【オマーン】がどこにあるか知っていますか




海外に興味がないとなかなかわからないと思います




なので、場所を確認しましょう




地図



キルギスは中国の左上の小さい国です




インドを去って向かう先は、




オマーン





オマーンは、中東の中でも治安が最も良いとされている国。




みんなお金持ちで、ほとんどの人がイスラム教徒。




時差は-5時間(日本が正午の時、オマーンは午前7時)




通過は、オマーン・リアル(OMR) 

1OMR ≒ 280円





ちなみにオマーンの首都の名前、良い名前なんですよ~~~




甘~い名前なんです




名前は・・・




IMGP7544.jpg




マスカット




夜遅くにオマーンの首都マスカットに降り立ったれあれあ号




オマーンはVISAが必要ということで、到着VISAを取得する必要があります。




事前に調べたところ、30日のVISAしか見当たらず、4日間しか滞在しないのに30日VISAは高いしもったいないなぁと思っていたのですが、実際到着してみると・・・




IMGP7559.jpg





10日間のVISAがありました☆


【10DAY TOURIST VISA: 5OMR ≒ 1400円】




良かった~~~




特に記入したりすることも無く、VISAカウンターでお金を払うだけ。




USドルも使えるし、そばに両替所があるので他の通貨しかなくても大丈夫


IMGP7561.jpg




無事にオマーンに入国☆




この日は夜到着ということもあったので、空港泊




ということで、早速快適に寝る場所を探すも・・・




想像してたより小さい空港で待合スペースも無ければ、地面に荷物を置いて座れるようなスペースも無く・・・。




こりゃ困った




仕方ないね




ということで24時間営業のレストランで高いコーヒーを頼んで、朝まで過ごしました。




同じように朝まで過ごすお客さんがいたのが何人もいたのが唯一の安心材料だったな




周りを気にしながらのうたた寝程度で朝を迎えたれあれあ号




※マスカット空港での空港泊はお勧めしません




空港の外はインドと違いさわやかな空気☆

IMGP7563.jpg


IMGP7562.jpg


IMGP7564.jpg




とりあえず街中に出てみることに。





ここで一つ問題が・・・街(RUWI)までの行き方が分からず・・・。





空港内にインフォメーションデスクも何もなく・・・。





聞き込みをするも英語を話せる人を探すだけで一苦労。





英語を話せても、この国はお金持ちの国。





みんな車で空港に来ていて、公共交通機関なんて知らない人ばかり。





困った





仕方なく町まではTAXI(6OMR≒1,680円)で行きました。





※後に得た情報で、空港を出ると前に駐車場が広がっているのですが、駐車場の左奥に歩道橋があり、その歩道橋を渡った(大通りを越えて)所で乗り合いバンが捕まえられるようです。空港を背にして左方面に中心街RUWIがあります。



IMGP7567.jpg


IMGP7568.jpg





ここマスカットでも、COUCHSURFINGでお世話になる予定になっていて約束の時間は夕方。




それまでは全ての荷物を背負いながら街中をぶらぶら。




街中で歩いてるだけでお金持ちな国だなぁと感じ、インドとは全てが異なる別世界にいる気分に浸る。




IMGP7577.jpg


IMGP7570.jpg





砂漠が近いのかな





イスラムの国に来たなって感じる

IMGP7579.jpg


IMGP7587.jpg


SHARPのアラブ文字・・・簡単

IMGP7588.jpg


建物全てが大きく、綺麗

IMGP7597.jpg


IMGP7589.jpg


IMGP7591.jpg


IMGP7595.jpg



現在建設ラッシュ?日本の企業が活躍中☆

IMGP7602.jpg


何気ない景色が綺麗


IMGP7599.jpg


IMGP7601.jpg


IMGP7593.jpg




夕方までは、公園や街中のベンチでのんびり時間を過ごし、




その後カウチサーフィンでお世話になるホストの家の近くまで行き、とりあえずレストランでお茶する。


IMGP7613_201404062227171c7.jpg


紅茶一杯 0.1OMR(≒28円)

IMGP7612_20140406222716d99.jpg



この量で、この雰囲気でこの値段ならインドと同等か、インドよりも安いかも??




さぁ、ついにはじまった中東・オマーン旅




どんな旅になるのでしょうか




今日も読んでくれてありがとう


オマーンの場所分かったよ~~~のポチをお願いします


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  



[ 2014/04/15 07:43 ] オマーン | TB(0) | CM(0)

れあれあ号が感じた【世界3大ウザイ国】の一つ‘‘インド’’






Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン・ビシュケク に滞在中。。。





最近はブログを順調に更新出来ているのでホッとしています。





ただ、インド旅を終えたのは1月25日なので、まだ2ヶ月以上もリアルタイムとの差が・・・。





皆さん、リアルタイムについては、上記の運行状況をよくみてくださいね






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




どうも、るーたです。




旅人の中には、こんな言葉があります。





【世界3大ウザイ国】




これは、観光客になれすぎているせいか観光客にしつこくしたり嘘をついたり、とにかく観光客からお金をふんだくろうとする人々がいるなど、人々がウザイという国を表していて





その栄誉に輝いているのが





【モロッコ】




【エジプト】




そして




【インド】なのです。





そのインドを旅してインド人に触れてみて、れあれあ号はどう感じたのかを書きたいと思います





まず始めに感じたのが、優しいということ。





「わからない」と答えることが失礼と考えている彼らは、何かを尋ねると嘘をついてでも教えてくれます。




IMGP5537.jpg


IMGP5524.jpg


IMGP5265.jpg


IMGP5571.jpg


IMGP7078_20140406052559231.jpg


IMGP5696_20140406052558b8b.jpg


IMGP5226.jpg




無邪気な子供達、




IMGP5151.jpg


IMGP5138.jpg


IMGP5183.jpg


IMGP5180.jpg


IMGP5179.jpg


IMGP5174.jpg





れあれあ号、インドは合計約5週間いました。




①コルカタ

②プリー

③ハイダラバード

④ハンピ

⑤ゴア

⑥ムンバイ

⑦アウランガーバード

⑧ダージリン

⑨ブッダガヤ

⑩ヴァラナシ

⑪アーグラ

⑫デリー

⑬ジョードプル

⑭プシュカル

⑮アーメダバード




合計15都市に滞在しました。




15都市滞在して感じたこと。





ウザくない。





なんでかはわかりません。




みんながウザイと感じることがウザイと感じていないのかもしれません。




たまたまウザイ人と会わなかったのかもしれません。




ただ、何がウザイのか僕達には理解出来ませんでした。




れあれあ号は旅した時期が良かったんだと思います




もし、夏の暑い時期だったら、ちょっとしたことでもイライラするだろうし。




客引きの立場で考えても暑い中商売してるのに無視されたり、横柄な態度をされたらイライラすると思います。




ローシーズンだったからという理由もあるかもしれません。




客が少ないのでしつこくするよりは丁寧に扱って売り上げをあげようとしていたのかもしれません。




理由はわかりません。




インド人は、人懐っこくて、優しくて、フレンドリーで・・・




特に印象的だったのは、店の商品をお客さんが落として壊しちゃったり、汚しちゃったりしても笑顔で「大丈夫」といって怒ったりはしません。




確かにジロジロ見てきたり、多くの視線は感じますがそれは珍しいから。




あなたの街に大量のテングザルが突如現われたらどうします??




みんな視線をおくりますよね??




それと同じなんじゃないかな?





僕としては、インド初めての方は暑くない時期に旅することをお勧めします





暑い時期に行って、イライラしてウザイと感じてインドを嫌いになるのはもったいないと思うからです





れあれあ号、次は暑い時期のインドを経験したいと思います。





本当の【世界3大ウザイ国・インド】を味わうために





インドは人間臭さを存分に味わえるエネルギッシュな国でした





れあれあ号はインド、大好きです




やっぱり【百聞は一見にしかず



自分の感覚を信じたい




インド、ありがとう




最後まで読んでくれてありがとう☆



その意見、信じられませんのポチをよろしくお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/04/14 07:06 ] インド | TB(0) | CM(1)

神様。。。素敵です。。。





Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン・ビシュケク に滞在中。。。





インドは面白い。




色んな意味でね。想像のつかないようなもの、ことがありふれている。




P1011123_201404060345557b6.jpg




これはメトロの改札。普通なら両側から譲り合って通れるこの改札。





だけど機械の性能が良くないせいかすぐに青信号を表示している部分が【×】になる。




この上の写真は、全ての改札機が【×】になり誰も通れなくなっている状態。




みんな急いでるのにかわいそうだった





世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




こんにちは るーたです。





インドってたくさんの神様がいるの、知ってます




神様がありふれているんです。





今日は、インドの神様を特集します。




説明は不要かと思いますので、写真をよく見てください。





いきますよ




いいですか




・・・




それ





IMGP7313.jpg


IMGP7240_201404060344487d3.jpg


IMGP7239.jpg


IMGP7209.jpg


IMGP7200.jpg


IMGP7199.jpg


IMGP7196.jpg


IMGP7122_201404060344206d8.jpg


IMGP7121_20140406034419a49.jpg


IMGP5295_201404060344054a5.jpg


IMGP5290_201404060344046ef.jpg


IMGP5127.jpg


IMGP5108_20140406034402dae.jpg


IMGP5107.jpg


P1011223.jpg


IMGP7331.jpg





ただの牛じゃん




なんて思っちゃダメですよ




インドではというかヒンドゥー教では、牛はシヴァ神の乗り物、つまりは神聖なものとして扱われている。





牛は神として崇められているのです。





神様なんです




いろんな神様がいました。




黒いのから白いのから茶色いの。




角が小さいのから大きいのから無いの。




背中にコブがあるのから首の皮がビロビロのからシンプルなの。




小さいのから大きいのから超デブなの。




たくさんの神様に出会うことが出来ました




ときどき神様を追い払ったり、叩いたりしている光景も見ましたが、基本的には自由に過ごしているようです



インドに行ったら是非神様を観察してみてください




案外かわいいですよ




あ~~~~~焼き肉食べて~~~~~




今日も読んでくれてありがとうございます。



あなたの貴重な時間に、ありがとう


今日もポチッとお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/04/13 16:40 ] インド | TB(0) | CM(0)

インドのご飯総集編☆







Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン・ビシュケク に滞在中。。。





何でも安いと言われているインド。




ただし、あるものを除いて。




そのあるもの、日本よりはるかに高いです。




日本だったら、一つ20~30円くらいで買えますが、




インドでは、平均30Rp(≒48円)します。




それは何でしょう






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~



どうもるーたです。




答えわかりましたか??





答えは、【トイレットペーパー】です。





インドの人々の中でトイレットペーパーを使う文化はなく、不浄の手、すなわち左手を使っておしりをきれいにします。





そんなわけで、需要が低いトイレットペーパー。





質も悪い上、かなりの高額です。










アーメダバード(アフマダバード)からついにインドを去るれあれあ号




インドはご飯もおいしくて刺激の多い魅力的な国でした★




今日は、ご飯特集します。




細かい説明は抜きにして、写真をたくさん載せたいと思います




インドの料理は、大きく分けて、【VEG(ベジ)】と【NON-VEG(ノンベジ)】にわかれます。





前者は、ベジタリアンの人々が好むベジタリアンフード。





後者は、肉や魚を使用したフード。





レストランも【VEG】しかあつかっていないところや両方扱っているところなど様々です。





れあれあ号は、値段が安いということもあり、大抵【ベジターリー】を食べていました。




ターリーとは、もっとも一般的な定食とでも言えましょうか。。。





ベジターリーは肉などを使っていないターリーです。





それがこれ。



P1011244.jpg


↑↑↑これはかなり豪華な奴です。



P1010024.jpg


IMGP7189_20140406015328cfd.jpg


IMGP7021.jpg


IMGP7019.jpg


IMGP6903.jpg


IMGP6902_2014040601530033f.jpg


IMGP5803_20140406015240e16.jpg



チキンカレー★


CIMG1927_20140406015218af1.jpg


おやつ感覚で食べるもの。

IMGP5815_2014040601524623e.jpg


チーズカレー★

IMGP5809_20140406015244c17.jpg


前菜として食べるやつ。名前わすれちゃった

IMGP5807.jpg

バターチキンカレー

IMGP5743.jpg


インド風中華の代表、チョウメン(焼きそば)

IMGP5583.jpg


インド風中華。スープヌードル。

IMGP6977.jpg


おやつ感覚で食べるサモサチャット。

IMGP6969_20140406015303bc7.jpg


電車内で買ったカレーとナン。うまかった~

IMGP7034.jpg


右はマンチュリアン。野菜の団子がはいってる。

P1010520_20140406015424a55.jpg


タンドリーチキン

P1010011.jpg


屋台のタンドリーチキン。屋台のほうが雰囲気があって好き

P1011102_201404060154271e2.jpg

これで250円くらい。

P1011103_20140406015428228.jpg



ちなみにタンドリーチキン。インドでは・・・




チキンタンドゥーリ】です。




サクサクしてて美味しいプーリ★

P1011086_20140406015425627.jpg


IMGP7489_201404060153571b4.jpg


凍えた体を何度も救ってくれたチャイ。一杯8円~11円。




ちなみにティーパックは簡易バージョン。

IMGP7018.jpg


IMGP5586.jpg


お腹にやさしいヨーグルト・・・【ラッシー】

P1010033.jpg




最後に、




インドでしか食べれないマクドナルドの特別メニュー☆




マハラジャバーガー


P1010104.jpg


P1010105.jpg



インドのご飯、ほんとにほんとにおいしかったです☆




お腹も無事でしたラッキー




この中で一番高かったのは断トツで【マハラジャバーガー】




それとタンドリーチキンを除いたら、





一番高い料理でも、バターチキンの150Rp(≒240円)。でもこれは二人でシェアできる量です。





ターリーは大抵40Rp~100Rpなので、高くても160円です。





こんなに安いのに日本ではお洒落料理ですよね驚きです




インドカレーはやっぱりインドで食べるのがおいしい僕はそう思っています




インドカレー食べたくなっちゃった~~~~~





今日も読んでくれてありがとう


インドカレー食べたくなっちゃった~のポチをよろしくお願いします


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/04/13 07:36 ] インド | TB(0) | CM(0)

最後の最後まで・・・・寂しくなるな。。


Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ・イスタンブール に滞在中。。。








こんにちは。つむです





ここ最近お世話になっているカウチサーフィンのホストの家には、9割の確立で食器洗浄機がついてます。






すごいなぁ~って思ってたけど、特にヨーロッパでは、当たり前みたい。





それでも、ついつい手洗いしたくなります♪





便利だけど、使い慣れないなぁ~。






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~









インド最後の町アーメダバードでUmangとNehaの家にお世話になった“れあれあ号”
(前回記事:







飛行機の時間まで、少し時間があったので、









UmangとNehaの家に荷物を置かせてもらい、ガンジーアシュラムミュージアムへ。


P1010110.jpg








アーメダバードは、ガンジーが独立運動を開始した場所として知られている。







マハトマ・ガンジーの生い立ちを展示した博物館。


P1010112.jpg





中には、たくさんの写真・資料が展示されている。

P1010115.jpg



P1010118.jpg


P1010119.jpg




ガンジーが住んでいた住居がそのまま再現されている。


P1010129.jpg


P1010131.jpg






インド人以外に外国人も結構多かったです。








ガンジーミュージアムをあとにした“れあれあ号”








UmangとNeha宅に置かせてもらっていた荷物を取って、早めに空港へ~!!!








空港ってのんびりできていいんだよね。









空港までは、オートリキシャで40分ほど・・・・




P1010137.jpg






『わぁ~結構綺麗な空港だね~』なんて言いながら、中へ入ろうとしたら止められた。






『チケット見せて。』
タブレットに保存しておいたチケットを見せる。






『ダメ!!まだ入れない。』







え~!!なんで?!』







『2時間前になんないと入れないルールだから!』







到着したは、フライトの4時間半前・・・・・・






空港の中を見たらガラガラ・・・・・






イスも、いっぱい余ってるのに。







何回か頼んだけど、ルールだからの一点張り。







何のためのルールなんだろう。







何のためのルールかは、彼らも理解してないらしいヾ(-д-;)ぉぃぉぃ






諦めて、空港の前の芝生で時間を潰すことに。







神様と一緒に。

IMGP7529.jpg







一時間半程経ったころ、さっきうちらを止めた警備のおじちゃんが何か手招きしている。







行ってみると、  『入っていいぞ!』との事。







まだ、3時間前なのに。






インド最後までよくわからん・・・・・( ・∀・)






まぁ、ラッキー♪♪








預け荷物をスキャンし、チェックイン完了!

IMGP7536.jpg







手荷物のスキャンをするところで、るーたの荷物がひかかった。







水分も入れてないし、何がダメなんだろう。と見ていると、







るーたの荷物から、 【タージマハル社の紅茶の箱(未開封)】(インドではどこでも見かける有名な紅茶ブランド)






それをけわしい顔つきで取り出し、







『これはなんだ!!?』





るーたちょっと笑って『え、紅茶ですけど・・・これ有名でしょ。あなたのほうが知ってるよね?』って聞くと、






係員『ぷはっ!そうだな。問題なし!!』






だって、どう見ても紅茶だし・・・・







これ何?って聞かれても、紅茶だし。








係員『Good!Good!』って。





ん?遊ばれたΣ( ̄ロ ̄lll) 笑







インド・・・・・・・






きっと・・・・・





きっと・・・・・・







寂しくなるよ・・・・・・・・・・・・









でも、当分はいいかな(-ι_- )疲れるし・・・







ここの空港は、乗り継ぎだったら超快適だろうな~

IMGP7538.jpg






空港泊するときに、これあったら天国だよね♪







綺麗な空港に、すっかりインドを出た気分になっていた“れあれあ号”







搭乗ゲートに行くと・・・・・・



地べたに座る人たち

IMGP7545.jpg



順番を抜かれないように、密着して並ぶ人たち

IMGP7547.jpg






やっぱり、まだここはインドだ'+。:.゚ヽ(*´∀`) ノ゚.:。+゚。









そして、乗るのは初の【Spice Jet】

IMGP7549.jpg






インドらしいいい名前♪♪

IMGP7555.jpg





これに乗って、中東オマーンへ。







どんな国だろう☆ワクワク







今日も読んでくれてありがとう♪







インドっておもしろいかも!って思った方は、ポチッとお願いします♪
ランキングが見れるページに移動します。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
[ 2014/04/12 06:27 ] インド | TB(0) | CM(0)

旅に出て、変わったことって・・・








Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ・イスタンブール⇒"キルギスタン・ビシュケク" に滞在中。。。









こんにちは。つむです。






日本を出発して、もうかれこれ10ヶ月・・・・・・






早い・・・・そんなになるんだ。







正直、東南アジアを旅してた最初の1,2ヶ月は、






『自分、旅好きじゃないかも。』とか思ったりしたこともあったけど、







最近、この旅を始めて本当によかったなぁと思う事が多くなってきた。







価値観が変わったなんて、簡単に言えないけど、






新しい出会いには、いつもちょっと緊張し、






そして抱えきれないくらいの優しさをもらい、






綺麗な景色に心が動き、






たくましくなった自分にちょっと驚き、未熟な自分にへこむ。









毎日、命を繋ぐのに必死になる国もあれば、毎日、人間関係を築くのに必死にな国もあったり。






いろんな事に心を動かされながら、






そして、るーたとささいなケンカをくり返しながら毎日を過ごしています。







今、日本に帰りたいわけじゃないけど、日本に帰るのは、すっごく楽しみです。






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~






インド最後の町は、アーメダバード♪







長かった(でも、まだ足りないかな。)約2ヶ月旅したインドもいよいよ終了。







最後の最後で、インド初のカウチサーフィン。






UmangとNehaの夫婦の家にお世話になりました。







すっごくやわらかい雰囲気を持った2人で、最初からすごく話しやすかった。











昼間は、前から行きたかった【ダーダハリ階段井戸】へ。








町まで、出る用事があるという2人の車に乗せてもらい、








町から、【階段井戸】までのオートタクシーもUmangが交渉してくれました。









このオートのおじちゃんがかわいくて、




『ジー(【おじちゃん】男性に敬意を払うときの呼び方)、帰りも乗せて帰ってくれる?』って聞くと、







笑顔で、 『Ok!Ok!』







『帰りも、同じ値段?』って言ってみると、






笑顔で無言(うなずくわけでも、首をふるわけでもない)。






もう1回『帰りも、町まで送っていってくれる?』って聞くと、







笑顔で『OK!Ok!』と答えるおじちゃん。。。。。。






でも、 『同じ値段?』の質問には、笑顔で無言







なんかおじちゃんの笑顔に戦意喪失したので、とりあえずお金払ってさよならすることに。







『ジー、ありがとう!!』






笑顔で、手を振るおじちゃん。








帰りは、通りまで歩いてオートをつかまえよう・・・







中すると、たくさんの子供たちが♪

P1010052.jpg




P1010053.jpg



P1010082.jpg




P1010084.jpg




P1010085.jpg





【ダーダハリ階段井戸】1499年に当時のイスラム政権によって作られた階段井戸。当時の人々にとって階段井戸は生活水をまかなう為だけでなく涼を求めて集まる憩いの場の役割も果たしていたらしい。






井戸とは思えない宮殿のような作り

P1010055.jpg




光が差し込み、神秘的

P1010067.jpg




P1010073.jpg




P1010077.jpg





写真撮ってと言われ、写真撮影会☆


P1010095.jpg




P1010098.jpg



P1010093.jpg





写真を送るためにアドレスを書いてもらう。みんな興味津々

P1010096.jpg








大満喫して、外に出るとさっきのおじちゃん(ジー)が笑顔で待ってた( ・∀・)


P1010100.jpg





『ジー、まだいたの?』

P1010101.jpg








3人で笑っていると、【階段井戸】の目の前にあったチャイ屋さんに呼ばれ、






行ってみると、さっき写真を撮った男の人たちが・・・








チャイ屋のおじちゃんが、 『チャイがいい?ネスカフェがいい?』と聞いてくれたので、






チャイを頼んで、みんなで(オートのおじちゃんも一緒に)談笑。






ここは、近所の人の憩いの場、子供たちにとっては駄菓子やさん。






なつかしく、暖かい気持ちに。






そろそろ行こうかとお金を払おうとすると、







チャイ屋のおじちゃん『そんなのいらないよ。友達からはとらないよ。』と笑顔言って、







『だから、また来てね!』と手を振ってくれた。









日本から離れている場所での『またね、また会おうね!』ってすごく重く感じるんだよね。







特に、インド人で海外に出れる人って限られてて、『日本に遊びに来てね』なんてことも簡単には言えない。







いつかまた会いに来よう。と心の中で決めました。








ありがとう♪♪  とっても、暖かい気持ちになりました。

P1010102.jpg






帰りも、笑顔の素敵なおじちゃんのオートタクシーで町へ。






結構待ってくれていたので、行きより少し多く払いました。






『ジー、ありがとう。』

P1010103.jpg






夜は、料理好きのNehaお手製のカレーをご馳走になりました。







このカレー、今まで食べたインドカレーの中で一番おいしかった。






やっぱり家庭料理っていいね。






そして、インドで食べて、大好きになった【ド・ピアザ】(たまねぎカレー)や、【Pav Bhaji Masala】の作り方を教えてもらいました。







すごい複雑で、インドカレーは奥が深いなぁと実感。







『このまま、日本に帰るなら、スパイスいっぱいプレゼントするのに~!!』とNeha





旅が終わるときに、どこかでNehaが書いてくれたリストに載っているスパイス買って帰ろう・・・







食後、近くでやっているインドの結婚式を見に連れて行ってくれました。

CIMG2264.jpg





映画の撮影ですか?ってくらいの本格的なカメラが何台も・・・・




そして、豪華すぎるケータリングサービス・・・・・・

CIMG2261.jpg


CIMG2262.jpg




一晩中踊るという参列者・・・・・・

CIMG2259.jpg









インドの結婚式、スケール大きすぎる。






費用も、相当かかるらしい・・・・そりゃかかるよね。







家に帰ると、なんとNehaがサリーをプレゼントしてくれました(´;ω;`)





なんだか、感動・・・・・・・






翌日は、アーメダバード空港から、インド脱出!!!!!!






UmangとNehaは仕事だったため、






『ゆっくり休んでから、出て行っていいよ。鍵は、窓から投げ入れてくれればいいから。』






と鍵を預けてくれました。







どこまで、優しいんだ・・・・







アーメダバード。







観光する場所はそんなにないけど、戻ってきたいと心から思った町になりました。



P1010106.jpg


P1010108.jpg



Thank you so much!!!
P1010107.jpg





今日も、読んでくれてありがとう♪




インドの人みんな優しいね~と思った方ポチッとお願いします。
世界一周ランキングが見れるページに移動します。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  

[ 2014/04/11 06:45 ] インド | TB(0) | CM(0)

もう限界・・・・・







Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒トルコ・イスタンブール ⇒  に滞在中。。。







こんにちは。つむです






最近、旅に出発したときにほぼ新品だった靴下たちに、次々穴が・・・・・・・







5足持ってきたうち、3足に穴。






るーたにそのことを話すと、『俺のも!!』







そろそろ・・・・・・






縫わないと。笑








いや・・・・・・





買ったほうがいい?






最低限のものに囲まれる生活をしてると、持っているもの一つ一つへの愛着がどんどん強くなってくるんだよね。






でも、るーたさん、そろそろ靴下買いませんか?









世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~












いろんな国で買ったお土産がどんどん膨れ上がり、







相当な重さを背負って旅を続ける“れあれあ号”・・・







もう、限界に達しました。







そろそろ日本に送ろう。






送ると決めたら、いろいろ買える






安いものがいっぱいあり、世界中からバイヤーも集まると噂のインド【プシュカル】へ~!!!!










アジメールから、オートリキシャで【プシュカル】行きのバスが出ているメインバスターミナルへ。






行ってみたけど、バス乗り場がどこか分かんない。







とりあえず聞いてみるのが一番!!






あ、でも聞くときは3人以上に聞くことをおすすめします。






インド人・・・・『いや~分かんない』って言えないんだよね。







これは嘘つきじゃなく、彼らの優しさの一種なんだろうけど、







これが、なかなか大変なんだよね。






〔こっちだった気がするな~〕って不確かな感じでも、






『こっちまっすぐだ!!!(どや顔)』って言い切るんだよね。








少し進んで、『もう一回聞いてみよう。』って他の人に聞いてみると、







『あっちだよ!!』と今、歩いてきた方を指差される。







あんまり長く歩いてからだと、はぁ・・・・・・・ってなるから、こまめに聞く。







これって、何も外人だけの悩みじゃないらしく、







インド人のオートリキシャのおじちゃんも、道が分かんないとき現地の人に、








『○○は、どうやって行くんだ?』 (←そもそも行き方分かんないんだったら、乗せないでほしいけどね。)




って聞いたりするんだけど、








一人目が『あっちだ。』と指差しても、







その後すぐに2人目を探して『○○は、どうやって行くんだ?』って確認するんだよね。







現地の人には、それが信頼できる情報かどうかを判断できるんだろうね。








それを見て、これはインドの文化なんだと妙に納得。









【プシュカル】行きのバスは、3人に聞いて、そのうち2人が指差して教えてくれたバス乗り場で待つことに。








それでも、不安で近くにいたオーストラリア人の女の人に、







『プシュカル行きのバスを待ってるんだよね?』と再確認。








『うん。ここだって教えてもらったけど、30分以上待ってるよ。』
(ガイドブックによると10、15分毎にバスがあるらしいんだけど。)







とりあえず、ここで待つしかないか・・・・・







待っていると、インド人の男の人が、







『プシュカル行くの?』と話しかけてきた。







『そうだよ~』と答えると、








『僕も、今からプシュカルに帰るんだ。』








『ホテル決まってないなら、僕のおじさんのホテルができたばっかりなんだけど見てみない?』







写真を見せてもらったけど、めっちゃきれいだし高そう・・・・







『安いところ探してるんだ。』って言うと、







『場所がちょっと分かりにくくて、できたばっかりだから人来ないんだ。だから、安くできるよ。予算はいくら?』






『2人で350ルピー(560円)ぐらいかな。』って言うと、







『2泊してくれるなら、1泊300ルピー(480円)でいいよ。』






『え~本当に?』






安すぎて、逆にあやしく思えてくる。







『ありがとう。考えてみるね~』と言い、少しおじちゃんから離れる。






でも、全然ひつこく追っかけてこない。







少しすると、おじちゃんが『隣のバス、プシュカルに行くよ。』と教えてくれた。








一応、ドライバーのおじちゃんにも確認して、さっきのオーストラリア人の女の人にも、声をかけて無事乗り込み。







ここからは、約30分弱。








バスを降りると、さっきのおじちゃんに、








『見に来る?ここから10分ぐらいなんだけど・・・』と声をかけられる。








『じゃあ、一回見せて』とお願いし、連れて行ってもらうことに。









・・・到着してびっくり♪







ホントにすっごい新しくてきれい☆☆







しかも、部屋も、シャワールームもめっちゃ広い







値段も350ルピー(560円)でいいと言うので、即決!!







嬉しいなぁ☆☆







ここは、うちらが普段泊まってる安宿のクオリティじゃない・・・・







人が増えたら、値段も上がっちゃうんだろうな。






プシュカルは、ヒンドゥー教徒にとって特別な場所。







その理由は、ヒンドゥー教の3主神の一人である【ブラフマー】をご本尊としている寺院がるためらしい。








何が特別かって・・・・・・








ヒンドゥー教の3大神は、






【シヴァ神】破壊の神




【ヴィシュヌ神】維持の神





【ブラーフマー神】創造の神






上の2つの【シヴァ神】 【ヴィシュヌ神】を祀っている寺院はインドのいたるところにあるのに、







【ブラーフマー神】を祀ってるのは、インドでこのプシュカルだけ。





だから、特別な場所なんです。







ちなみに一番人気があるのは【シヴァ神】(神さまに人気順があるのも不思議だけど。)








唯一の【ブラーフマー神】を祀る寺院には、たくさんの人が参拝に訪れていました。











“れあれあ号”の目的は、荷物を送ること・・・・・






そして、送る前に最後のお買い物・・・








まずは、町中にある(町中っていう程の大きさでもないです。)宅配業者に行って送料を確認します。


P1010007.jpg







結果・・・・・どこも同じ。








ただ、ちゃんと届くかが不安だったので、何軒か利用して信頼できそうな所を探しました。








箱や、隙間に詰める紙なども用意してくれます。








調査の後は、町をブラブラ♪







噂通り、いろいろ安い、かわいい。


P1010009.jpg


P1011237.jpg


P1011238.jpg


P1010002_2014040606115413e.jpg


P1010005.jpg


P1010001.jpg






お昼ごはんに、またターリー♪


P1011244_201404060613353ca.jpg





なんか違うものに挑戦しようって思うんだけど、なんだかんだいつもターリーが食べたくて注文しちゃう。








安くて、おいしい☆








インドでは、絶対カレー飽きるだろうなぁって思ってたけど、全然飽きない。








むしろインドを離れたら、カレーが恋しくなるだろうなぁって感じ。









インドであんなに安くておいしかったカレーが他の国(日本も)行くとびっくりするぐらい高くなっちゃうんだよね。











プシュカルには、湖もあって、観光は翌日行こうね~って話してたら、







2人で体調を崩し、観光は出来ずじまい・・・・








でも、久しぶりにきれいな部屋でゆっくりできました☆








プシュカルは宿代も安いし、のんびりするのに最適です。





※小遣い帳をドバイでカウチサーフィンした家に忘れてきたので、
いろいろと情報不足です。すみません。







今日も読んでくれてありがとう☆



読んだよ~の証にポチッとお願いします♪
ランキングが見れるページに移動します。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
[ 2014/04/10 07:04 ] インド | TB(0) | CM(0)

ワンピースの世界へ☆





Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン・ビシュケク に滞在中。。。





今、たまたま目線を落とした先に、TSUMUの足があったので、足の裏を指でなぞってみたら、ビクっと大げさに反応して





「こちょばい





と怒鳴られました。。。





「こちょばい。」





これ大阪弁ですか






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




どうも、るーたです。




そういえば4日ほど前に、ブログ記事本文の文字サイズを変更しました。





これで老眼の僕の親にとっても読みやすくなったのではないでしょうか







インドの首都デリーを堪能したれあれあ号




夜行列車で移動です




目的地は、別名【ブルーシティ(青の街)】として知られている




【ジョードプル】へ☆




さすが首都だけあってほとんどの電車はデリー発早めに駅に言ったのですが、電車は既に到着していました。




自分達のシートを見つけて誰もいなかったので珍しく記念撮影


IMGP7461_201404051855497db.jpg


IMGP7464.jpg




本当は最上段2人分予約出来ればれあれあ号的にはベストなんだけど、なかなかそんなに都合よくとれなくて・・・。




ちなみにインドの列車には普通に座るシート、横になるシート、個室など様々なタイプがあります。このシートはいくつかある横になれるシートの中で一番安い【スリーパー】呼ばれるクラスです。




扇風機だけです。もっと良いシートには、エアコンがついていたり、シーツやブランケットのついている車両もありますが・・・




スリーパーは驚くほど安い




夜行列車の一区間の移動が、500~700円くらいで出来ちゃいます。








ジョードプルまでの移動・・・デリーで購入した【寝袋】が大活躍




それまで朝方寒くて起きていたのにそんなこともなく爆睡しました。





ちなみにインドの列車は荷物の盗難が多いと有名なのですが、





その対処方として、





①カバンと列車のシートを自転車用のワイヤーロックでしっかりつなぐ。




②TSUMUのバックパックと僕のバックパック(色違いです)のあらゆるバックルをつなぎ合わせる。(これで合計35キロ以上)




④シャカシャカなるビニールでバックパックを覆う。(バックパックをうごかそうとするとシャカシャカ音がなるのできづきやすい)




⑤周囲の人と仲良くなる。





を実践してました。正直ね、どれもやってない旅人も一杯見ました。




でも、やらないで盗まれて後悔したくないからね。。。




これでもかってやっておけば泥棒がいても盗む気なくなるでしょう




翌朝、珍しくほとんど定刻にジョードプルに到着~~~




IMGP7465.jpg




駅から安宿街近くまでオートリクシャで移動。





IMGP7467.jpg


IMGP7468.jpg




行きたいところを告げて、GPSマップを見ながら曲がるところを道を告げているのに、それを無視して他の場所へ向かうので、




後部座席から大声をだして、無理やり停まらせて降車しました。





そういうときは、「約束と違う」と言って初めの交渉価格(元々現地人より高いツーリスト価格)より少ないお金渡します。





業務不履行ですからね☆




なんで彼らが僕達の指示を無視して走っていたかわかりますか




海外ならよくある、コミッション(報酬)目当てです




例えば、個人的に突撃訪問して交渉すれば、800円で泊まれるところを彼らに連れて行かれると宿代が1000円になり、後に宿側からドライバーに「連れてきてくれてありがとう」のお礼として200円支払うわけです。




旅人にとっては、200円高くなるので損をします。




ドライバーはそれを目当てに自分の知っている宿に連れて行きたがるのです。




中には、多くの宿と関係を気づいているドライバーもいて彼らはコミッションを見込んで、「ここに行きたい」と伝えたときに初めからかなり良心的な値段を言ってくる場合もあります。




そのためにも、【値段の相場知るためにをいろんなドライバーに尋ねてみる】か、【安い値段で乗せてもらって宿を紹介される前に強引に途中で降車する】かの選択がベターになりますね。




そんなこんなで無事に安宿街にたどり着き、安宿へチェックイン。




ガイドブックに載っていた日本人経営の宿に宿泊しました。一泊500Rp(≒800円)




宿の屋上からの景色も非常に綺麗で好きだったんだけど、その日本人の人がね。あまり良い印象を受けませんでした。





日本人相手になら日本語使えば良いのに、わざとかと思うほど、英語を混ぜてきます。





特に印象的だったのは、滞在中の夜に泊まっていた日本人が体調を壊して近くの病院についてその人に確認していたとき。そんな状況でもその人は英語と日本語半々にして話していたんだよね。




英語なら英語だけのほうが良いのに、わざと英語を使っている感じがね。。。しかもその日本人の子英語があまり話せなくてなかなか理解出来てなくて、その人徐々にイライラしてたもんね。




色んな意味で、なんで???





って思っちゃった。ホスピタリティを失った日本人。残念




さぁそんな話はおいといて、





ようやく今日のタイトルに触れましょうか





日本のマンガ史に残る名作といっていいでしょう。





【ONE PEACE】





超シンプルに言うと、海賊のお話です。





このジョードプルは、その【ONE PEACE】に出てくるある国にモデルになったとされています。





その国とは・・・





【アラバスタ王国】




コミックで言うと、18巻~23巻くらいでしょうか。





れあれあ号もそのモデルを探すのを楽しみにしていたのです。





宿にチェックイン後、さっそく街に出かけてみました。





まずは腹ごしらえ。ジョードプルで有名なオムレツサンドイッチを食べに☆


IMGP7473.jpg


IMGP7474.jpg


IMGP7475.jpg




シンプルなんだけど、チーズがとろっとろで本当に美味しかった




これは日本で食べても間違いなくおいしいって言うと思う




市場は賑わっています。

IMGP7494.jpg


IMGP7496.jpg




ここで一つ目のモデルを発見☆




これ!!




016.jpg


103.jpg


IMGP7479.jpg


IMGP7481_20140405200459269.jpg





似てます




たまたま似てるだけで、モデルなんてこじつけじゃないの??って思ってしまったあなた、ちゃんと最後まで読んでくださいね☆




アラバスタ王国は、砂漠の中にありますがそのロケーションも似ているんです。




このジョードプルは【タール砂漠】への入り口の町。





その砂漠の入り口の町にアラバスタ王国のモデルとなった【メヘラーンガル砦】があります。




街中の建物の屋上に登ればどこからでもこの【メヘラーンガル砦】を容易に臨むことが出来ます。





初めて見たとき、その壮大なスケールと存在感に超感動





その、本物のアラバスタ王国がこちら


060 - コピー


IMGP7495.jpg


P1011225.jpg


IMGP7502.jpg


P1011228.jpg



このメヘラーンガル砦は1400年代に当時の王によってマールワール王国の首都として造られた。




町から砦までは歩いて約30分。




途中ブルーシティのブルーを目の当たりにする。

P1011137.jpg


P1011135.jpg


P1011134.jpg


入り口の前にはラクダちゃん


IMGP7517.jpg


IMGP7518.jpg



いよいよ入り口☆近くで見るとほんとうにデカイ

IMGP7515.jpg


入場料は400Rp(≒640円)オーディオガイド付き。


IMGP7526.jpg


P1011145.jpg




この砦、今もカースト最高位マハラジャの所有のもので、現在は博物館になっている。





日本語の説明を聞きながらそこが栄えていた頃を想像する




本当に見ごたえのある砦だった☆




としては、遠くからの景色も含めてタージマハルより感動した☆



その博物館の中に、いましたよ~~~☆



P1011144.jpg



ONE PEACEファンの皆さん、よ~く見て




わかります???




もっと分かりやすいの見せちゃいますよ~~~




P1011169.jpg


P1011170.jpg




もうわかったかな




ONE PEACEの中でのこのキャラクターの名前、インドで有名な飲み物の名前に似てませんか




マンガのキャラクターはこちら


075.jpg



ラッスー




ちなみにこちらは、ラッシー

IMGP7225.jpg




マンガに出てきた大砲もありました★


P1011203.jpg


P1011207.jpg




砦から見下ろす街並み。。


P1011209.jpg





なんで【ブルーシティ】になったのか。




昔、家を青く塗ってよかったのは身分の高い人のみだったらしいんだけど、時代と共にそれが薄れてきて、誰でもぬれるようになったため青く塗る人が増えたらしい。




それと、この青は虫除けの効果もあるんだって★





ジョードプル、どうでしたか~~~??





ONE PEACEのモデル、納得してもらえたでしょうか?






あ~これおいしかった~~~90Rp(150円くらい)

IMGP7489.jpg




今日も読んでくれてありがとう


るーたでした~!!


あなたのポチをお待ちしております


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/04/09 07:17 ] インド | TB(0) | CM(2)

激安ローカルマーケット。





Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ ビシュケク に滞在中。。。





日本の料理って出汁がないとレパートリーがかなり減ってしまうってことを最近になって気づきました。




海外では醤油は簡単に手に入るのですが、だしの素はなかなか手に入りません。




日本食材店に行っても、ダシの素を置いてないケースも多く。。。




インドがカレーばっかりなら日本はダシばっかりのような気がします。




インド料理をバカには出来ませんね・・・。






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




デリー滞在中、ここだけは行きたい




と思っていた場所がありました。





現地の人が集まるローカルマーケット。





その名も





【サロジニナガルマーケット】






事前にネットで調べていたのでその情報にそって言ってみることに。





まずは、メトロイエローラインの【INA駅】へ。





駅を出ると、大通りがありそこでTAXIをつかまえてマーケットまで行くつもりだったんだけど、





どのドライバーも調べていた価格の倍以上を請求してきて値下げ交渉も応じてくれない。





これは困ったと反対車線のほうに連なって停まっていたこの車両のドライバーに確認すると、

P1011115.jpg



ラッキーなことにサロジニナガルマーケットへのシャトルであることが判明





片道10RP(≒16円)と驚きプライス





P1011114.jpg




揺られること15分。





サロジニナガルマーケット、現地の呼び名でサロジニナガルマルケットに到着





たくさんの店が連なっていてどこも衝撃プライス




P1011108.jpg

パンジャビ100Rp(≒160円)は当たり前。

P1011107.jpg


エスニック好きのTSUMUいわく日本では高い。




日本で買うのがアホらしくなっちゃうね。。。と話しながら散策☆




P1011109.jpg



ジーンズも100Rp(≒160円)から。




500Rp(≒800円)だそうものなら、かなりしっかりした良いやつが買えちゃう。



P1011110.jpg



特にストールは選び放題




50Rp(≒80円)がほとんど。





柄・色・サイズも豊富にあって、TSUMUも数枚購入



P1011111.jpg


P1011112.jpg




しっかり見て周るなら半日は必要です




帰りも降りた場所からシャトルに乗り、メトロのINA駅へ。




INA駅前にあるマーケットによってみることに。




観光客は全くおらず、ローカル一色



P1011116.jpg


P1011117.jpg


P1011119.jpg


P1011121.jpg


P1011120.jpg



うんインドを感じれるね







サロジニナガルマーケットは、女性物だけじゃなくおみやげになるような小物、生活用品、メンズ用品などなど様々なものがあって本当に面白かった




デリーに行ったら必見です




今日も読んでくれてありがとう



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  


るーた
[ 2014/04/08 07:34 ] インド | TB(0) | CM(0)

デリーで格安予防接種☆☆






Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン・ビシュケク に滞在中。。。





肩こりがひどくて・・・





久しぶりにひどくて・・・





頭痛がひどいるーたです。




TSUMUにマッサージをお願いすると必ず





「やってあげるからやってね





と言われます。





で、





「やっぱりいいです~~~」





って発言撤回。





そんな感じのれあれあ号です。




世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




今日は旅人以外にはあんまり面白くない記事を書きます~~~。




旅人なら大抵の人がどうしようか迷うもの・・・




【予防接種】




受けようかな。




受けたいけど、高いからやめとこう。




受けたいけど、何回も受けなきゃいけないのは面倒だからやめとこう。




そんな病気かかりっこないし、いらない。




どこどこ行くから、打っておこう。




などなど、みなさん旅立つ前あるいは旅立ってから検討すると思います。




れあれあ号は超びびりということもあって、




タイで「打てるものは全て打ってください




とお願いしました。




そんなこんなで複数回打たなければ意味のないものもあり、




いつもどの国で打とうか。




どの国なら安いかを考えていました。




過去の記事はこちらからどうぞ。


タイで、予防接種~!!!!!スネークファーム


バンコクで予防接種2回目。そして南京虫に勝利!!


ネパールビザ&予防接種 in バンコク




・A型肝炎(2回)


・破傷風&ジフテリア(3回)


・髄膜炎(1回)


・狂犬病(3回)


・腸チフス(1回)


・コレラ(経口)(2回)





上記のワクチンを接種したれあれあ号




子供の頃受けたことがあっても、10年たつと免疫がなくなってしまうものもあり、




追加接種をしたほうが良いものもあるんだって。




とにかく全てをお願いしたれあれあ号




今まで受けてきて、最後に残ったのは



・A型肝炎 2回目


・破傷風&ジフテリア 3回目





どこで受けようか迷ってたんだけど、




ダメ元で宿のスタッフに聞いてみたら、




お医者さんに聞いてくれて、




なんとなんと対応できるとのこと。




値段だけ確認しに言ったところ、




バンコクのスネークファームのA型肝炎の料金で、




A型肝炎 + 破傷風&ジフテリア も接種出来ることが判明




※ 正確な料金ですが、小遣い帳が今手元にないのでわかりません。ごめんなさい。
  ただ、確実にバンコクのスネークファームよりも全然安いです。






すぐにお願いしちゃいました




予防接種は、依頼があってからワクチンを取り寄せるので最低半日はゆとりをもったほうが良いそうです。





れあれあ号は午前中にお願いして午後接種してもらいました。



IMGP7460_2014040404514717d.jpg


IMGP7458.jpg


IMGP7456.jpg


IMGP7459_20140404045146539.jpg





先生も優しくて、良かった~~~





これで大量のワクチン接種も無事に終わり、完全体です






お医者さんの場所は、サンタナデリーに泊まって、スタッフさんに聞いてみてください




読んでくれてありがとうございます。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/04/07 16:22 ] インド | TB(0) | CM(0)

これ、本物?ニセモノ?






Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギス・ビシュケク に滞在中。。。




最近髪の毛が伸びて、ヘルメットをかぶってるかと思うほど頭が大きいです。





でも前髪を書き上げるとスカスカなんだけどね。





ロン毛だとわからないからこれからはロン毛にしようかな(笑)





世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




どうも、るーたです。





みなさん、元気ですか??






今日も笑って過ごしましょうね!!笑顔が一番です☆





デリー滞在。





せっかくプライベートルームなのに。






「部屋のシャワーはお湯が出ないので朝晩の決まった時間に共同シャワー使ってください。」と。





そして共同シャワーに行くと、ちょろちょろとしかお湯が出なく、





バケツに溜めてからお湯を使う始末。





日本人経営ということもありちょっと不満を持ってしまいました。





900Rpは「??」って感じです。でも、シャワーがなおれば問題ないんですけどね☆




さてさて





ブータンの後、インドに入ってからずっとずっと欲しかったものがありました。





それは「寝袋」




英語:Sleeping bag




ブータンでお世話になった日本人の方々の多くが寝袋を持っていて、しかも超軽量、超コンパクト。




欲しい欲しいと思いながらも日本から送ってもらうと寝袋代+送料。




インドに入ってから探していたんだけど、




「そんなコンパクトな寝袋なんてあるわけねーだろ~~」と言われどうしようか。と悩んでいたんだよね。




メインバザールでも寝袋を探してみたけど、やっぱり小さいものはないし、ほとんどは激安だけどないよりはまし・・・ってくらいの製品☆




冬のインドの夜行列車は、すきま風のせいもあって寒いんだよね。




完全防備で寝ても朝方寒くて起きちゃう感じ。




「ちゃんとした寝袋欲しいね。」




っていつも話してた。




そして、じゃあメインバザールのお店、しらみつぶしに聞き込みしよう。




と調査することに。




2~3時間かけて探した結果、




発見!!軽くてコンパクトな許容範囲内の製品。




QUECHUA(フランスのメーカー) 



値段3,000Rp(≒4,800円) 




でもインドにあるスポーツブランドのものとか、アウトドアブランドのもの。




偽者でしょ??って思うよね。




だから製品の写真をとって、製品番号を控えて宿に戻りネットで確認。




楽天ショッピングでも確認。




どうやらその製品は本当にあるみたい。





だけどやっぱり偽者じゃないかっていう疑問はぬぐいきれない。





値段は日本では大体7000円~8000円で売られているもの。





インドでの価格は、3,000Rp(≒4,800円)





どうしよう・・・。





・・・





探るしかない。とにかくしつこく聞き込むしかない。。。





お店に戻り、店員さんに「これ偽者じゃないよね~~~」





と聞いてみる。もちろん本物だよ。って。





「でも、他の店は偽者とかたくさんあるから心配なんだよ~~~。」





「本当はもっと安くなるでしょ~~~半額とか 笑





・・・





いろいろ質問してると他の店員さんも寄ってきて、寝袋を広げてこの作りを見てみろ!!と。





「偽者だって本物と見分けがつかないくらい完璧なやつあるからさぁ~~~心配なんだ。」





ととにかく相手にあきれられないように面倒くさがられないように心配だってことを伝える。





そしたら、一人の店員が「じゃあこっちおいで。」と。





つれてかれたのは2階。





そこは製品倉庫になっていて、棚には在庫製品がきれいに陳列されていて奥にはダンボールも積み上げられていた。





「デカトロン」というスポーツショップと提携していてそこから仕入れてるんだよ。と教えてくれた。





確かにすべての商品にデカトロンのタグがついていて、積み上げられているすべてのダンボールもデカトロンのものだった。





さらには、「これも確認してよいよ




と渡された紙は、デカトロンの納品書





さすがにここまでしっかり説明してくれて、証拠を見せられてまだ疑うほど僕もひどい人間じゃないからね。





「ごめんね。ありがとう





と伝えて、寝袋2個、買っちゃいました☆




2個で6,000Rp(≒9,600円)。





その後、何度も使ってるけど、不安要素はまったくなくて大満足です。





これは本物でしょう(笑)





それからは、列車の移動も快適になりました☆☆





やったね☆☆





ありがとう、店員さん




ごめんなさい、店員さん







寝袋、大活躍中です☆


CIMG8201.jpg


P1011127.jpg



P1011125.jpg


P1011126.jpg




お店は、ニューデリー側から200~300メートルほど歩いた右側。

アウトドア製品を扱っているお店です。



今日も読んでくれてありがとう☆

寝袋で寝たことある人~~~ポチっとお願いします☆

るーたでした!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/04/07 07:07 ] インド | TB(0) | CM(2)

ついに首都へ☆






Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒キルギスタン・ビシュケク に滞在中。。。





最近、足の臭さに悩んでいます。





ずっと僕の足が臭いのは、靴のせいだと思ってました。





でもこないだ、シャワーを浴びていつものように足もよく洗った後、部屋でくつろいでいたら、





つむに「足臭い!!」と言われました。





靴じゃなくて僕の足の裏から悪臭が放たれているんでしょうか。





悲しい。。。





そんな三十路間近のるーたです。







世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~





タージマハルを後にするれあれあ号





晴れてないとタージマハルは感動半減ですね。。。





次は晴れてるときにリベンジしよう





リクシャーに乗ってアーグラカント駅へ。80Rp(≒128円)





アーグラにはアーグラフォート駅とアーグラカント駅があり、





バナラシ方面からの電車は大抵アーグラフォート駅にデリー方面からの電車はアーグラカント駅に停車する。






観光案内所の情報では一時間に一本デリー行きはあるとのことでしたが・・・






無い。結局ホームで約2時間待って電車が到着。






チケットの事前購入をしたかったんだけど、満席で仕方なくジェネラルシートで移動。






観光案内所で電車の時間を確認した際、






「適当な車両に乗り込んで座っちゃいな!!」





とそんなこと言っちゃって良いの






と思ってしまうようなアドバイスをもらったので実践。






結果、ガラガラの車両を見つけそこに乗り込みました。






デリーまでの3時間、一度もチケット確認をされることもなく・・・






あんなにガラガラなら予約受け付けちゃえば良いのにと思ってしまいますが・・・。






ついに、ついにインドの首都デリーに到着です






ここまでの道のり本当に長かった~~~






コルカタで初インドでびびりまくり、

CIMG1946_20140404032207a0e.jpg





プリーでAさんに電車の予約方法を教えてもらい、

IMGP5166_20140404032210194.jpg




ハイダラバードで人生一のバターチキンに出会い、

CIMG1983.jpg





ハンピで雄大な景色に感動し、

CIMG1987.jpg




ゴアでヒッピーの聖地をのぞいて、

IMGP5600_20140404032212148.jpg




ムンバイでアイドル気分を味わい、


IMGP5696_2014040403241507d.jpg



アウランガーバードで体調を壊し、

IMGP5806_2014040403241797d.jpg




ネパールまでの30時間以上の鉄道旅を経験し、

IMGP5680.jpg




ダージリンで童心にかえり、

P1011002_20140404032506351.jpg




シリグリのプラットフォームで一晩過ごし、

CIMG1971_201404040334118bf.jpg




ブッダガヤで仏教について学び、

IMGP7157_2014040403241853b.jpg




バナラシで聖なる大河を見て、

IMGP7214_201404040324205fd.jpg




アグラでタージマハルにちょっとがっかりし・・・

IMGP7397.jpg





長かったぁ~~~ついに、ついに、ついに、





デリーです






ちなみにデリーニューデリーは同じ町です。






わかりづらいって思うかも知れないけど、大阪よりは優しい町です。






「大阪駅 と 梅田駅」





「天王寺駅 と あべの橋駅」とか、





違う場所かと思いきや全部同じ場所だもんね。





わかりやすくしてあげようっていうホスピタリティよりも我れが、我れがと個々の色を出しちゃってる感じがね・・・





大阪やなぁ~~~





ニューデリー駅の目の前にあるパハールガンジ(メインバザール)を歩き、今日の目的の宿へ。





夜到着することもあり、事前に宿を予約しておいた。





プリーでお世話になったサンタナロッジの系列、





サンタナデリー

ツインルームで900Rp(≒1440円)

サンタナデリー



写真撮り忘れた







早速メインバザールを歩くも、人、うざくない。

(早朝の写真)

IMGP7450.jpg




優しい。





おかしいな。






デリーでは観光はあまりせずにゆっくりする予定だったので、翌日は「世界一大きなヒンドゥー寺院」とされている





【スワーミナーラーヤン・アクシャルダム】へ。






入場料は無料だけど、セキュリティが厳しく、面倒くさかった。写真はNG。

P1011091.jpg




デカイ。デカイ。





とにかくデカイ。





P1011093.jpg





でも、最近出来たばかりで歴史があるものではなく・・・「作られた世界最大の寺院」というイメージ。






威厳を感じない。






寺の周りにはなぜかアトラクションなどがあり、インド人もテーマパーク感覚で訪れているみたい。






出口近くにショップがあるんだけど、やたら混んでいたのでのぞいてみると、アーユルヴェーダなどで使われるオイルが






豊富に揃っていてしかも安いみたい。






インド人を始め、多くの外国人がここで買い物をしていた。






入り口からここに直行して帰っていく人もいたので現地では有名なのかな。。。






その後、インド門にも行ったのですが、まさかのカメラ充電切れ。。。オーマイゴッド。。。





その後は、街中をぶ~らぶら。





宿で教えて貰ったおいしいタンドリーチキン屋台に行ってみる。




P1011099.jpg


P1011102.jpg


これで2人前。 160Rp(≒185円)くらいだったと思う。

P1011103.jpg

P1011104.jpg




うまい~~~~~




やっぱり本場はうまい




滞在中何回もたべちゃいました☆




休憩したくなったら、街中のチャイ☆


IMGP7455.jpg



大カップ一杯10Rp(≒16円)




濃厚なおいしいミルクティーが16円なんて超幸せ




街中でみつけた包丁研ぎ職人☆

P1011097.jpg




インドには、驚くような技術が溢れてる





そして一日2回くらい食べてたプーリ屋台。プーリ2枚とカレーで14Rp(約20円)

IMGP7449.jpg


P1011086.jpg





あ~思い出すだけでよだれが出る~~~食べたい




のんびりと・ぶらぶらして過ごしたデリー☆




こ~んな感じで満喫しました~~~




今日も読んでくれてありがとう


本場のタンドリー食べて~~~のポチをお願いします

るーたでした☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/04/06 07:23 ] インド | TB(0) | CM(0)

美しく悲しいお墓の話。





Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒トルコ・イスタンブール ⇒ キルギスタン に滞在中。。。





こんにちは。つむです。





トルコで貯まりに貯まったお土産を日本に送りました。





よくあんなに持ってたなぁ。





送るお土産をバックパックに詰めて、郵便局へ。





お土産を詰めたバックッパクの重さは、それぞれ15キロ。(←買いすぎだよね・・・・トルコで有名なグラスメーカーのグラスを買いました。)





ちょうど、日本を出発したときの重さ。(最近は、バックパックは20キロ弱。)





出発のあの日、ベットに置いてからじゃないと背負えなかったはずの重さ・・・・・・





今日背負ってみると、走れるくらい軽い・・・・





これなら、片手で持てるもん。笑





継続は力なりだね。





元からないけど、女子のか弱さゼロ
(∀`*)ゞイヤァ









世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~






インドと言えば、タージマハル。






タージマハルと言えばアグラー。







前日ちょっとがっかりな初対面を済ませた“れあれあ号”








今日も、朝からひどい霧。。。。






少しでも、綺麗なタージマハルを見たいので、







午前中は【アグラフォート】を見に行くことに。







アグラフォートにとうちゃ~く!!!!!!




・・・・・・・・・







めっちゃガスってる。。。。。。


IMGP7347.jpg







ん~何か気分乗らないな~






とりあえず、るーたの様子を伺う。







つむ『ガスってるね・・・・・』





るーた『うん、ひどいね。』






つむ『何にも見えないね』






るーた『うん。これじゃ入ってもね・・・・・』





つむ『うん、入らなくてもいいよね?』 





るーた『だね!!』










観光スポットにそんなに積極的じゃない“れあれあ号”。








なんか、こういう展開多いです。







周りをブラブラして、チャイ飲んで終了・・・・



IMGP7348.jpg



IMGP7351.jpg








いよいよ、タージマハル!!!!!






ここで、お金を払います。



IMGP7362.jpg



入場料750ルピー(≒1200円)/人





なかなかな価格だよね。






ちなみにインド人は20ルピー(32円)





この差・・・・・(゚o゚)ビクーリシマシタ






持ち物検査があり、何か結構厳重。






奥へ進むと、






見えた~!!


IMGP7367.jpg




やっぱり、なんかドキドキする。






タージマハル



IMGP7375.jpg




雲ってても、鳥肌が立ちました。

IMGP7373.jpg








タージマハルは、世界一美しいお墓と言われていて、





ムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーンが、若くして亡くなった最愛の王妃ムムターズ・マハルのために建てたもの。





シャー・ジャハーンは、王妃の死を嘆き、






世界各地から最高の職人と材料を集め、『世界一美しいお墓を作れ!』と命じます。






そうして完成したのがイスラム様式の壮大な白亜のタージマハル。






シャー・ジャハーンは、建築家に愛する人を亡くした悲しみを共感させるため、建築家の奥さんまで殺し、






タージマハールが完成後、二度と同じような美しい建築物が出来ないように、建築に携わった者の手を切断してしまったそうです・・・・







そして、シャー・ジャハーンは川の対岸に自らの墓を黒大理石で造り、タージ・マハルと橋でつなぐ計画であったと言います。





しかしシャー・ジャハーンは三男によってアーグラ城(アグラフォート)に幽閉され、その夢が果たされることはなかったんだって。





シャー・ジャハーンは、幽閉されているアグラ場の塔から、毎日タージマハルを見て過ごしたそうです。





晩年目が見えにくくなっても、拡大鏡にかじりつくように、映る姿を泣きながら見ていたとか。






ちなみに、シャー・ジャハーン現在は愛する王妃と共にタージマハルに眠っているそうです。







タージマハルは、いろんな悲しみが込められてるんだね。







奥さんを殺され、手を切られた建築家たちはどんな気持ちでこのタージマハルを見てたんだろう。









この先を進むと中へ入れます。


IMGP7402.jpg



入り口


IMGP7405.jpg



中に入ると、広いスペースの真ん中に棺が置かれていました。





『毎日こんなたくさんの人が来たら、おちつかないだろうなぁ~』









今回は天気が残念だったけど、やっぱりタージマハルは圧巻のスケールでした♪




天気がいい日にリベンジしたいな・・・☆

IMGP7422.jpg







2時間ほど中でゆっくりした後、ホテルに預けてあった荷物を取って、次の目的地デリーへ。







今日も、読んでくれてありがとう☆






読んだよ~の証に下の写真をポチッとお願いします♪


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/04/05 06:59 ] インド | TB(0) | CM(1)

あれって、あの有名な???






Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ・イスタンブール に滞在中。。。









こんにちは。つむです






バナラシで【ガンジーTシャツ】買いました♪






そのガンジーについてちょっとしたお話。






ガンジーと言えば、イギリスの支配下にあったインドの独立を 民衆暴動ではなく「非暴力、不服従」によって成功させた【独立の父】





平和的手法として、世界に大きな影響を与えたといわれている。






そして、インドのカースト社会の枠にすら入れない身分とされていた【不可触民】の撤廃にも取り組んだ。







そんなガンジーの若い頃の話・・・・







ガンジーが友人と出発間際の列車に乗り込むため、階段をかけ上がっていた所、躓き片方の靴がはるか下に転げ落ちた。







ふり返ったガンジーは、自分の足に残っていたもう片方の靴を階段下に投げた。







列車に乗り込んだ後、友人が何でそんなことしたんだ?と尋ねると、







『片方の靴を見つけられたところで、何の役にも立たない。でも、両方あれば靴を持ってない人が使えるかもしれない。』と答えたそうです。








偉業を成し遂げたガンジーの原点には、目の前の小さなことに心を寄せた彼の行動の積み重ねがあるんですね。








自分も大きなことは出来なくても、家族・友人・今日会う人に優しく出来る人になりたいな・・・








そして、【ガンジーTシャツ】にまつわるもう一つの話。






るーたが買ったガンジーTシャツ・・・・・・・






『絶対、色落ちするから手洗いだね~』って言ってたのに、






その5分後、るーた洗濯機に【ガンジーTシャツ】投入したらしい・・・






結果・・・・・・・・・






他の服・タオル、見事にガンジー色に染め上げました・・・・・。







恐るべし、インド産Tシャツ。






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!














バラナシを離れ、次はタージマハルで有名なアグラへ。





人気路線なだけあって、周りには日本人1人・韓国人2人・トルコ人1人。
(外人枠でシートを取ったので、外人が同じ場所に集中していました。区間によって、外人枠で確保されている席数が異なります。)






『なんか、ほっとするね』とみんなで笑う。






翌朝、到着予定時刻30分前になると、







みんな起きて、寝袋畳んだりして、降りる準備を整える。







準備万端にして座っていると、







車掌さんらしき人がうちらを見て、立ち止まる・・・・・





そのまま、じ~っとうちらを見て、 『ん~っ・・・・(´・ω・`;)』ってうなった後、





困ったように笑って、立ち去った。






『ん?今、絶対何か言おうとしたよね??笑』






みんなで笑いながら、【あの車掌さんが何を言おうとしたのか】の想像。









結果、『ん~まだ着かないよ。みんな降りる気満々だけど・・・・・まだ寝てていいよ。』




が正解でした。







アグラ駅に着いたのは、車掌さんが現れてから4時間後・・・・。







インドの列車って、車内アナウンスも何もないから、







駅に着くたびに、駅名を確認する以外は、いつごろ着くかとか分かんないんだよね。








“れあれあ号”は、いつも事前に乗る列車の停車する駅名と各駅の到着予定時刻を控えてから乗ってました。








停車した駅で、『あ、○○駅だ。2時間遅れだ。』と確認。







2時間遅れだったのに、次の駅で1時間遅れにまで縮まってることもあって、気が抜けない。







遅れるなら、遅れたままの方がありがたいです








遅れた事以外は、いたって平穏だった今回の列車旅。








無事にアグラに到着。







列車を降りると、既にホームで待ち構えているオートタクシーの客引き。







“れあれあ号”は、とりあえずいつもひと呼吸入れるために、ホームのレストランでチャイを飲んだり、ターリーを食べたりします。






『どこに行きたいんだ?安く乗せてってやる!』





『タージマハルまで、○○でどうだ?』





『いいホテル知ってるから、連れてってやる!!』







などなど、ひっきりなしに声をかけられるんだけど、







れあれあ『ありがとう。でもお腹減ったんだ~レストランどっちか知ってる?』と聞くと、





『おぉ~それなら、あっちだ。』
と優しく教えてくれて、案外しつこく着いて来ない。





チャイやターリーで心を落ち着けた後、プリペイドタクシーか、駅から少し離れたところに止まってるオートタクシーと交渉します。






できるだけ、やる気のなさそうな(受身の)ドライバーか、客をおろしたばかりのドライバーを探します。







アグラカント駅からは、プリペイドタクシーがあります。






値段は忘れちゃいました・・・・







毎日小遣い帳をつけてるんですが、2冊目をカウチサーフィンでステイさせてもらったドバイの家に忘れてきちゃったんですよね。






だから、記憶が曖昧です・・・・・






ごめんなさい(´・ω・)(´_ _)







アグラで泊まる宿は、着いてから決めようと思っていたのですが、







オートタクシーのおじちゃんが『安い宿あるよ~』と言うので、







『見るだけ、見てみていい?』とお願いして連れてってもらう事に。







連れて行ってもらったのは地球の歩き方に載っている一番安い宿だったと思います。・・・・・(ごめんなさい。名前も・・・)







値段も、安くて綺麗だったので、ここに決定。







宿探しがすぐに決まると、すっごい気が楽になります♪






ありがたや~(*´∀`)






屋上からタージマハルが見えるよ~と教えてもらい、行ってみることに・・・・








初タージマハル!!!!!!!






・・・・・・・・






・・・・・・・・・・







・・・・・・・・・・・






るーた『あれ、、、だよね?!』






つむ『うん。あれ・・・・・だね。』






るーた『曇ってるね・・・・』







つむ『うん、ガスってるね?』






るーた『でも、タージマハルだね。』





つむ『うん。。うっすらタージマハルだね。』






『ぉお~!!!!すごいね~』と言う準備をしてたので、ちょっと拍子抜け。




IMGP7339.jpg



IMGP7340.jpg




このシーズンは、霧がひどいらしい・・・・






この時期は、午後の2時ごろが一番きれいらしい☆






晴れてたら、きれいだろうなぁ~


IMGP7342.jpg






れあれあ号は、翌日行くことにしました。






この日は、周りをブラブラ散歩。




IMGP7335.jpg



IMGP7336.jpg



IMGP7337.jpg





インド1,2を争う観光地・・・・・







案外ちっちゃい街でした。






客引きも全然ひつこくない・・・・






やっぱりシーズンじゃないから、みんなやる気ないのかな?






それとも、暑くないから、うざく感じないのかな?







確かに、灼熱の中ヘトヘトな状態でひつこく客引きされたらイライラしちゃうかもね。







やっぱり初インドは冬のほうがおすすめかも。






ラクダご一行♪

IMGP7333.jpg



IMGP7334.jpg





タージマハル編は次回・・・・・





今日も読んでくれてありがとう♪





タージマハルうっすらだね・・・・・と思った方、慰めのポチっとお願いします。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/04/04 06:57 ] インド | TB(0) | CM(0)

インド人のどこがうざいの??







Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ・イスタンブール に滞在中。。。



昨日久々にハンバーガーを食べようとバーガーキングに行き、セットについてるポテトを口にしたところ、塩っけが全く無かったので受付のかわいいお姉さんに





「これ塩忘れてるでしょ??塩お願い!!」






とお願いしたところ、ぶっきらぼうに






「トレーにおいたわよ!!」






と怒られ、謝りつつシュンとしてしまったるーたです。





なんか、グサッとくるよね。あんなにカワイイのに突然ちょーつめたい顔になるなんて。






・・・






気を取り直して、ブログタイムへタイムスリ~~~ップ






インドのバラナシ(ヴァラナシ)





ここは、インド・ヒンドゥー教にとって重要な場所、ガンジス川が流れていることで知られている。






聖なる大河、ガンジス川。






しかしここ、危険な場所としても知られている。






毎月平均10人の観光客が行方不明になったり、殺害されているらしい。






こんな噂を聞きつけて、ビビリまくりのれあれあ号





オフシーズンなので、日本人に有名な宿でも空いてるだろうと珍しく日本人が集まる宿へ。






バラナシ駅からガンジス河岸の安宿の集まるエリアまでオートリクシャーで移動。






100ルピー(≒160円)






人がわんさかいる雑踏で降ろされ、そこからドライバーに言われた方向にひたすら歩く。






牛様のう○てぃーを避けながらあるく。






そして看板を見つけてそれに従って歩き、ついに到着☆



IMGP7324.jpg


IMGP7325.jpg




【フレンズゲストハウス】
・WIFI付
・HOTシャワー付
ダブルルーム 500Rp(≒800円)




IMGP7193.jpg


IMGP7194.jpg





宿のオーナーは片言の日本語を話せるだけでなく、オーナーの息子さんは日本に住んでるという日本贔屓の宿。





部屋は清潔に保たれていて、非常に快適でした☆





宿からガンジス河までは、歩いて徒歩1~2分。






あまり長くない夜行列車での移動だったこともあり、疲れていたので少し仮眠することに







ちょっと休憩し、いざガンジス河へ



IMGP7289.jpg


IMGP7203.jpg


IMGP7198.jpg






「ようやくここまで来たな。」と思いました。






昔から資料集やテレビで見ていて一度は行きたいとずっと思っていた場所。






その光景を目の前にし、感動





でも・・・





いろんな旅人に、たくさんのインド人が沐浴をしていて、川には亡くなった牛や人の体がプカプカ浮いてるよ。






とか色々聞いていたけど・・・






いない。






沐浴してる人なんていない。






無い。






大きなゴミや大木でさえプカプカ浮いてるものなんて何も無い





え???





???





???






その夜宿でオーナーに確認しました。






結果・・・






「寒い時期はインド人もあまり沐浴には来ないよ~~~・・・」






・・・






あらら。。。






どうやらそういうことらしい。






確かに寒い。昼は2~3枚重ね着すればなんとか耐えれるけど、朝、晩はダウンを着て快適な温度だもん。






それと、最近は遺体を川に流すってのは控えるようになっているらしい。






見たいわけじゃないけど、聞いていたバラナシ、想像していたバラナシとは違いすぎてちょっとがっかり。。。






ぶらぶら散策して、今度はお土産やお店を見てみることに。



IMGP7219.jpg


IMGP7323.jpg


IMGP7227.jpg





インドの町はどこも人に溢れていて、活気がある。






バラナシはインド人にとっての一大観光地ということもあってお土産屋がたくさんある。






旅人が口を揃えていう






「インド人はうざい





というのを目の当たりに出来る。






ちょっとドキドキ・ワクワク






たしかに流暢な日本語を話す輩がたくさんいる。





でもそんな輩はどこの観光地にでもいる。






インドにいて常に考えていることは、






「どうしたらうざいと言われている彼らの客引き精神を失わさせるか。」






「どうしたら彼らにとって面倒くさい人間になれるか。」






TSUMUと二人で色々試してみる。





二人でベタボメしまくったり、






二人でひたすら彼らの営業トークにこっちの話をかぶせてみたり、






二人でひたすら相手の話を聞いてないふりしながら「一番デカイ神様(牛)はどこにいるんだ??」と詰め寄りながら問い詰めてみたり。。。





二人で「はいは~い。ありがと~~~」と大きな返事をして素通りしたり。





彼らも巧みで色々な営業トークをもっている。






・優しいタイプ

・ツンデレタイプ

・一生懸命いらいらさせようと馬鹿にしてくるタイプ

・あっさりタイプ






一番無難なのは、やっぱり大きな声で



「ありがと~~~。また今度ね~~~。」





とだけ言って相手にしないこと。やっぱり無視されたら向こうも気分悪いんだよね。






笑顔で手を振ってあげると案外彼らも応じてくれる。






バラナシのお土産店の客引きに対してはこれが一番良かったかな。






中にはこんな人も。明らかにちゃらい若い男で日本語ぺらぺら。






ちょっと前に日本人の女の子に話しかけてたのを見ていて明らかに怪しい感じ。






目が合い、こっちくるかなぁと思ったら案の定話しかけてきた。






「日本人?どこから?俺大阪にいたよ。インドいつから?バラナシいつから?いつまでいるの?」





日本人が話せる客引きの定番質問コーナー。適当に彼の質問に答えてて、彼がちょっと無言の間を作った隙に






「インドで日本語話せて日本人に話しかけてくる客引きはボッタクリとか詐欺する人多いらしいよ~~~。本当にそんな人っているの~~~。??」



「あれ?もしかしてあなたもそうなの~~~~~





こんなこと言われたら大抵「そうだよ。」なんて答える人はいないでしょう(笑)






「聞いた事ある。悪い人多いらしいよ。君たちも気をつけたほうが良いよ






「やっぱそうなんだ。お兄さん日本語うまいから日本人に間違われるかも。日本語話せる怪しい人には気をつけてね~~~





「僕は大丈夫だよ~インド人だから~~~





&男「バイバイ






相手を不快にさせずに諦めさせる理想通りの展開[でしたemoji:v-398]





これはあくまで一例だけどいつもこんなことを試しながらインドを楽しんでました☆





バラナシでは3日間滞在して色々と歩き回ってたくさんの客引きを目にしました。






でもオフシーズンで彼らのやる気も100%じゃなかったせいか、うざさなんて全くと言っていいほど感じなかった。





むしろフレンドリーでかわいらしく感じるくらいだった。





バラナシでは記念に「ガンジーTシャツ」を購入。






このTシャツが後に大惨事をおこしました。それはまた後日。






翌日は、河岸にある火葬場に行ってみることに。。。






火葬場では薪代をしつこくせびられると色々な人から情報をもらっていたので、観光客があまりいかないルート(河岸を歩いていくのではなく、内陸の道をあるいて火葬場を通り過ぎてから河岸に出て少し戻る)で火葬場に行ってみると、





案の定、薪代をせびってくる輩もいなければ、観光客も一人もおらず現地人にまざって見学出来ました。





火葬場は、当然のごとく撮影NGなので写真はありません。





木を組んでそこに遺体を乗せてさらに木をかぶせて火をつける。





灰はガンジス河に流す。





日本と同じ火葬なんだけど、葬る環境が違い過ぎて衝撃的でした。。。







火葬場を見学して、帰り際にブータンでお世話になったMOTTIお薦めのラッシー屋さんに行くことに。






火葬場から少し内陸に入ったところなんだけどとにかく小道だらけでごちゃごちゃしていて道の説明は書きづらい。






ただ、現地の人にも有名だし、道脇の壁を見ていると色んなところに案内が出てるのでそれを辿って行ってね





れあれあ号も迷いながら現地の人に聞いてたどり着きました。




IMGP7219.jpg


IMGP7226.jpg


IMGP7220.jpg


IMGP7221.jpg


IMGP7222.jpg


IMGP7225.jpg




プレーンラッシーが確か40~50円。



フルーツラッシーが80円~100円。サイズにもよるかな☆





味は、超おいしかった~~~。日本でも飲むヨーグルトのファンの僕としては、もうね贅沢品でした





MOTTI教えてくれてありがとう





普通サイズでも大ボリュームのラッシーを堪能したれあれあ号











宿の近くに戻り河岸を歩いていると・・・











気温が少し上がったせいか・・・






沐浴してる人が~~~~~






やはりインド人にとってもガンジス河での沐浴は特別らしくみんな記念撮影をしていたのでその風景を撮らせてもらいました☆



IMGP7300.jpg


IMGP7301.jpg






諦めかけていた沐浴している光景・・・



翌朝も拝見しました~~~




IMGP7211.jpg


IMGP7304.jpg


IMGP7214.jpg




夜は、宿のオーナーがが教えてくれた【プジャ】を観にいくことに




プジャは「お祈り」で、ここでは観光用で毎日行われているらしい。



IMGP7243.jpg


IMGP7251.jpg


IMGP7257.jpg


IMGP7260.jpg


IMGP7264.jpg


IMGP7271.jpg


IMGP7276.jpg




いやぁ~~~バナラシ満喫




聖なる川沿いでクリケットをする子たち。

IMGP7205.jpg



川沿いにあるオープントイレ(道端で声をかけてきたインド人にお願いしてモデルになってもらいました。

IMGP7204.jpg


IMGP7233.jpg


IMGP7240.jpg


IMGP7292.jpg


青空バーバー。


IMGP7293.jpg




インドのバラナシではレストランの衛生状況が他の町よりも劣悪なように見れたのであまり外では食べずに部屋でラーメンを作ったり、野菜たっぷりのスープを作って食べていました☆





フレンズゲストハウスは南京虫の心配も無く、快適に過ごせる部屋でした





フレンズゲストハウスお勧めです





バラナシ・・・たくさんの人が一斉に沐浴している姿が見れなくてちょっと残念だったけど、きっといつかリベンジできることを願って、





次なる目的地へ移動です





宿近くの大通りからバラナシ駅までリクシャー50Rp(≒80円)

IMGP7327.jpg


IMGP7328.jpg





※すごく正直なドライバーで100Rpとかいってくる運ちゃんが多い中、初めから30Rp(≒48円)でオファーしてくれました。後から交渉してくることもなく駅まで送り届けてくれたので50Rp渡しました。




ありがとうおっちゃん



IMGP7330.jpg

IMGP7192.jpg




さて、バラナシの次なる目的地は~~~~~






アグラ





アグラといえば・・・続きは次回☆





今日も読んでくれてありがとう





るーたでした~~~



世界一周ブログランキングに参加してます☆

今日もあなたのポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


[ 2014/04/03 07:15 ] インド | TB(0) | CM(0)

インドって疲れる・・・どうしたらいいか分からない。








Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ・イスタンブール に滞在中。。。



世界一周ブログランキングに参加してます☆



応援のポチッをお願いします m(_ _)m



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!











こんにちは。つむです。





ヨーロッパでは、ほとんどカウチサーフィンを利用して、ホームステイしながら旅しているので、





なかなか、ブログが書けません。




どんどん離れていくリアルタイムとブログタイム・・・・・・





でも、ブログを書いていない罪悪感も忘れるくらい充実した日々を過ごしています。





今は新しい出会い・楽しい時間を大切にコツコツ書きます。








世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~









さてさて、もうちょっとブッタガヤでゆっくりしたいなぁ~という気持ちを抑えて、






次なる目的地【バラナシ】へ移動します♪








またまた、今回も列車で移動・・・・・・・・・







最初は、不安でびびりまくっていたインド列車も今では大好きになりました。







中でも、毎回楽しみなのがホームにあるレストランでごはんを食べること。







街中のレストランより格安で、味もおいしい事が多い。







たいがい、一番安い“ターリー”を頼んじゃいます。







ガヤジャンクションの“ターリー”


IMGP7188.jpg



IMGP7189.jpg







何度か書いたように、インドの列車ってびっくりするくらい遅れてくる事があるので、







多いときは、一日3,4回お世話になりました。笑






店員さんとも、顔見知りになるよね・・・・・







『お前らまだいたのか!!?笑』って。






だって、電車来ないんだもん。






 『今日は、ちゃんと来るかな~?』





『来るといいね~』 







不思議なのは、『時間通りに来てほしいね。』なんて言いながらも、






2人とも、遅れても全然いいや~って思ってること。







インドの列車は、事前にチケットを購入しないと売り切れる事が多いので、






事前(遅くても3~4日前)に購入してるんだけど、乗り継ぎをする場合は、






次の列車まで最低4時間は、余裕を見るようにしてるんだよね。





だから、 インドでは遅れても待つし、順調でも待つ。





待ってるのが当たり前になっちゃったんだね。






インドのホームっていろいろ売ってるし、案外楽しい。






でも、これは絶対にるーたとの2人旅だからなんだよね。







これが女性の1人旅だったら、本当に大変だと思う。







結構、いろんなところで女性一人で旅してる人に会うんだけど、







自分は、甘いなぁ~って実感するんだよね。







荷物番を順番交代でして、トイレにも行けるし。







何よりインドでは、男性パートナーといることで得られる安全って結構大きい。









トイレに行く時とか、一人で歩いてると、るーたと2人で歩いてる時とは違う目線を感じることも多いんだよね。








2人でいる時も、出来るだけ家族連れがいるところで待つようにしています。












この日は、電光掲示板に到着予定時間もきっちり表示されて、無事に乗り込めそう♪ラッキーラッキー♪






ホームで待ってると、犬がスタスタとやってきて、向かいの柱に座っていた欧米人カップルにおねだりしてました。



IMGP7187.jpg



IMGP7186.jpg






特に何かを食べてるわけでもないのに、5分以上ずっと動かずに、ねぇねぇとおねだり・・・・







そんな様子を見ていると、前から6歳くらいの女の子がお母さんと一緒に歩いてきて、







お母さんが、その子に何やら耳打ちしている。、







その女の子だけが、うちらの方に歩いてきた。







そして、手を出して『1ダラー。1ダラー。』と言ってきた。







子供を使って親は何もしないんだよね・・・・







なんかな・・・・・






正直、インドに入ってからどこに行っても物乞いがいるんだけど、






いくら目にしても、何回手を出されても、慣れないし、






毎回、どうしていいか分からない。







他の国にも、物乞いはいたけど、大抵の場合何もあげたことはなかった。







あげないと決めてたわけじゃなくて、ただどうしていいか分からなかったんだよね。






これについては、旅人の中でもいろんな意見があったけど、





『彼らの裏にはマフィアがいるから、絶対あげちゃだめだよ』



『あげる人がいるから、彼らは一生物乞いしなきゃいけなくなるんだ』



『お金はあげないけど、いつも飴を持ち歩いてて、それをあげている』



『何があっても無視するのがいい』

とか。







話で聞いて考えるのと、実際に目の当たりにするのって全然違った。






毎回、どうしていいか分かんない自分が情けなくなったり・・・・






何が正解なのかは分かんないけど、ひとつ自分の中で決めた事があって、






『もし、自分のポケットとかかばんにクッキーとか飴が入ってたらあげよう。』






インドでは、クッキーがうちらのお昼ごはんだったりもしたから、







あくまで、おやつとして買ってあったものとか。







でも、無いときは無理してあげないし、あげる為に買うこともしない。







あとは、『何かパフォーマンスをしてて、すごいなぁって思ったとき』






『列車に乗り込んできて、車内の掃除をしてくれた時。』に






もし、ポケットに細かいお金があったら渡そう。







毎回あげたり、全員にあげるなんて不可能だし、






そのとき、自分が持ってる範囲で可能だったらあげるし、






なかったら、あげない。






まぁ、正直これを書いている今でも、何がいいかなんて分かんないんだ・・・・・・







この時の女の子は、持ってたバナナをあげたけど、







ずっと『1ダラー1ダラー』って言い続ける。






母親はどこに行ったんだろう・・・・






『No』って言っても、ずっと目の前にたって、服を引っ張ってくる。







『お金もらうまでは帰って来ちゃダメ。』って言われてるのかな。







5分くらいたったころ、






近くに座ってるインド人の男の人が、女の子にお金を渡し、






ようやく女の子は、帰っていった。







あの女の子が物乞いをしなくてよくなる日は来るのかな・・・・







あの子は、今日どんなところで寝るんだろう。






ごはんは食べれるのかな。






お金をあげなかった自分の行動と、彼らの生活を考えてる自分の心がバラバラすぎて・・・・・






なんか、情けなくなる。










ホームで時間を潰して、列車の到着ホームが表示されたので






そろそろ、出発ホームに行こうかと、






れあれあ号が乗る電車が来るホームへ。






インドの列車は、列車によって車両の数も、クラス(1等、2等、3等、寝台などなど)の配列・数もまちまち。。。






そのため、ホームに小さな電光掲示板が5メートルおきに設置されていて、






そこに【1等車】、【寝台3号車】とかの表示されることが多いんだけど、







それすら、ない・もしくは機能していない駅も結構多いんだよね・・・・・・






そんな時は、ホーム中央で待機して、列車が来たら車両に書いてある【寝台車○号】を探して追っかける。






今回の【ガヤジャンクション】も表示が出ていなくて、走る準備を整え待機。






ホームに立っていると、一人のインド人のおじちゃんが話しかけてきた。







『どの電車に乗るんだ?』





れあれあ『バラナシ行きの電車だよ。』




『そうか、そうか、ここのホームにくるから大丈夫だよ。』





れあれあ『ありがとう。』






『どこの車両だ?チケットは?』と聞いてくるおじちゃん。






『スリーパー(寝台車)だよ。』 と答えると、






『チケット見てあげる。』 とひつこく言ってくるおじちゃん。







るーたと相談し、このおじちゃんを離れようということになって、





20メートルほど移動。








すると、5分後・・・・・・・・





また、近くにあのおじちゃんが





『なんか、怖いよね・・・・』
と話してると、





『俺も、この辺だから一緒に乗ろう!!』というおじちゃん。





やだ( ´゚д゚`)。絶対あやしいよね。あきらかに。






どこに、何の車両来るかなんて分かんないのに。






軽く受け流して、乗る直前に移動することに。







そうこうしているうちに、列車が入ってきた。






うちらが乗る予定の車両が目の前を通り過ぎ、どんどん前へ進む。







ホームにいる人、みんな走って大移動。







うん。普通は寝台車以上のクラスは指定席だから、走る必要なんてないんだけどね、








みんな、チケット持ってない(いや、買ってない。)んだよね。






だから、早いもん勝ちの競争。







予約していても、誰かに取られる前に座らないとめんどくさい。







れあれあ号も、無事に自分たちの車両に追いつき、乗り込み。






ぁぁあ、インドの列車ってホントに体力使うな・・・






乗るときも、後ろからギュウギュウすごい圧力で押される。







『そんなに押しても、進まないから=3』と後ろを振り向くと、






!!!!!??????





さっきのめっちゃあやしいインド人。






『Ok!!!!!Go!Go!!!』





『Okじゃないし、Go!Go!じゃないし。』




席に着くと、おじちゃん、






『うんうん。俺もココなんだ!Good!Good!』






『んなわけないでしょ!、ここはうちらの席なの!おじちゃんのチケットは?』






『気にするな。俺はここにいるから。』






『いや、気にするよ。うちら寝れないじゃん。』








そんなやりとりをしてると、駅員さんがチケットチェックしに来た!!







駅員さん、助けて。








チケットを見せる“れあれあ号”





おじちゃんに気づく駅員さん。






うちらに目配せするおじちゃん。(いや、、、見られても・・・・・)







そして、ヒンディーで何やら一生懸命説明している。






うちらの事をチラチラ見ながら・・・・・・







『何言ってるんだろう??』







それを聞いてた駅員さん。






途中で話を遮り、おじちゃんを追い払う。






あ、、、おじちゃんさようなら・・・・








すると、駅員さん・・・・・







『本当に彼は君たちの友達なのか?』






『・・・・・いや、!さっき会ったばっかりです。』







そしたら、『ふんっ』って笑って駅員さんも去っていった。







なんだったんだろう。駅員さんが許してたらおじちゃんうちらのシートに座ったままだったのかな?






でも、よかった。やっぱり、あやしいしねヾ(;´▽`A






ぁあ~今日はちゃんと寝れそうだぁ。







毎回、何が起こるか分かんないインド。







楽しいけど、疲れる。疲れるけど、やっぱり楽しい。







翌朝、ほぼ予定通りにバラナシに到着。







いよいよ悪名高い【バラナシ】・・・・・・







もう一度、気を引き締めないとね。








続きは次回・・・・・・





今日も読んでくれてありがとう♪







ブログサボりすぎのポチッとお願いします♪


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/04/02 06:51 ] インド | TB(0) | CM(0)

聖地巡礼です☆☆☆







Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ・イスタンブール に滞在中。。。





最近の日本はどんな気候でしょうか???






桜は咲いたかな??






気温はあったかくなったかな??







世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~






更新が滞ってしまいました。。。






どうも、るーたです





れあれあ号は今ヨーロッパ激走し毎日が充実していました





そのせいもあってブログタイムとリアルタイムの時差がついに2ヶ月以上あいてしまいました





頑張って更新します






ぎゅぎゅ~~~んとブログタイムに戻りましょう






仏教の聖地・ブッダガヤ。(現地名:ボードガヤ)







仏教についての説明は前回の記事を読んでみてください☆

日本人の多くって、仏教徒??






世界中が仏教を深く信仰する人々が集まるマハーボディー寺院(大菩提寺)へと向かう。






ここはブッダが覚りを開いた地に建てられたお寺。






入場料は無料だけど、カメラやビデオカメラを持ち込む場合はお金を払う必要がある。






れあれあ号は、カメラのみ持ち込みました。




厳重なセキュリティ。

IMGP7145_201404010310589ff.jpg




いよいよ入場☆


IMGP7090.jpg


IMGP7088.jpg


IMGP7091.jpg


IMGP7103.jpg






マハーボディー寺院の敷地の中に入ると、色々な光景を目の当たりにします。






五体投地をする人々。


IMGP7095.jpg





五体投地は、五体(手・膝・額を地面に投げ伏して、仏・高僧などを礼拝すること。仏教において最も丁寧な礼拝方法の一つ。




IMGP7157.jpg






その光景見ていると近くの僧侶が






「ここではブッダじゃなくても、自分が信じる神を思いながらお祈りすれば良いんだよ!」






「とにかく今の自分の願いを唱えてみな。」






と五体投地のやり方をやってみろといわんばかりに教えてくれたので、自分もやってみる。



IMGP7160.jpg


IMGP7159.jpg







タイの僧侶、ベトナムの僧侶、マレーシアの僧侶、チベットの僧侶、ブータンの僧侶など世界各国の僧侶が来るそうです。





寺院の敷地内のあちこちで僧侶がお経をあげたり、参拝していたり。



IMGP7156.jpg


IMGP7094.jpg







今まで国内外で色々なお寺を訪れてきたけれど、ここで見る光景はそれまでのものとは完全に異なり、思わず見とれてしまう光景でした。






うまく言葉に現せないんだけど、これまで経験したことのないくらいのパワーを感じる場所でした。






チベット仏教のマニ車も並んでいてここに来るほとんどの人がマニ車を回していました。







大乗仏教・上座部仏教・チベット仏教など色々と分かれていてもここでその違いを感じることはなかったし、お坊さん同士が語り合う光景もあり、心が和みました☆





そして、






寺院の裏側の菩提樹へ。






シッダールタ(ブッダ)が覚りをひらいたとされている場所。






IMGP7164.jpg


IMGP7096.jpg


IMGP7099.jpg





この光景を見て






ここがどれだけすごい場所か。






シッダールタがどれだけすごい人なのか。






を目の当たりにした気がします。






・朝から晩まで仏塔・菩提樹に向かってお経を読んでいる僧侶。






・仏塔のまわりを何周も歩いている仏教徒。













(話を聞くと、一周すると一回お経を読んだことになるらしい。)






五体投置しながら仏塔のまわりの回っている者。


IMGP7151.jpg


IMGP7153.jpg






明らかにアジアっぽい容姿をしていない人々(ヨーロッパからかな?)。






世界中の人々がインドの小さな町を訪れ、一つの木、一つの仏塔に向かって礼拝している。





本当に鳥肌がたつ光景でした。


IMGP7172.jpg


IMGP7179.jpg


IMGP7147.jpg


IMGP7148.jpg






その異様な雰囲気からここが仏教の聖地なんだということは容易に感じられる場所でした。






でもそんな場所でヨガクラスが行われてるのはどうかなぁ・・・と思っちゃいましたが・・・。

IMGP7180.jpg









マハーボディー寺院を後にしたれあれあ号










昼食をとるために近くのレストランに入ると、





「隣良い?」とジェスチャーで伝えてくる一人のお坊さん。






の隣に来て、ジェスチャーでの会話。






彼はチベットから亡命してきた僧侶で、






もともとはラサにいたらしい。






英語も通じないのであまり深い話は出来なかったけれど、「チベットは良いところだから行ってみてね。」






といっていることはわかった。






そして最後に一緒に写真をとることに。


IMGP7108.jpg





ブッダガヤの街中にも神様はいたるとこに存在していました(笑)


IMGP7122.jpg


IMGP7121.jpg





そしてこの地で、ネパール・ブータンで探し求めていたチベット仏教の【タンカ】を購入


IMGP7117.jpg





このお姉さんはラサ出身で今はインドのダラムサラで住んでるらしい。チベットの人から買うことが出来てラッキーでした





ブッダガヤ良かったぁ~~~~~






ブッダガヤはれあれあ号にとっては、とても勉強になる良い場所でした。






観光として良い場所かと言われると一つ返事で「YES」とは言い切れませんが、もしあなたが仏教や宗教について知ってみたかったり興味があるのなら行ってみて良いと思います。






久々の記事、読んでくれてありがとうございます






よ~し、これから頑張って更新します





るーたでした~~~☆☆



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/04/01 03:41 ] インド | TB(0) | CM(4)
VISITOR
これまでの訪問者数
訪問ありがとう!
☆地球環状線 運行状況☆
スマイル街道前進中☆
  プロフィール

  るーた & つむ

Author:  るーた & つむ
:れあれあ号
(LeaLea)

乗務員 :
     旦那 るーた  
     嫁 つむ  
                
About us  :
      るーた(1984年生)
       A型東京都出身
         趣味(旅行)

      つむ(1988年生)
       O型大阪府出身
       趣味(昼寝、散歩)    

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。