スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

住むように旅をする。ここは見とかないと・・・・







Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア ⇒ イラン・マシュハド に滞在中。。。








こんにちは。つむです





イランに入ってから、約10日間・・・・・






イランでは、観光客であっても女性は頭をスカーフなどで隠すことを義務付けられています。






イランのVISAを申請する際も、スカーフをかぶった状態の写真を提出しなきゃいけない。






きっちりと隠さなきゃと思って、巻く練習もしたけど、






来てみたら、みんなめっちゃ髪の毛出てる(〃゜△゜〃)えっ、そんな感じでいいの?






中には、後頭部で髪の毛をお団子にまとめて、そこに軽く引っ掛けてるだけの人も・・・・





ほとんど頭出てますけど・・・・・。

P1013346.jpg






いいんですか?そんな感じで(●´・△・`)?






来てみないと分かんないもんだな~。







ただ、女性は夏でも長袖。全身を覆う真っ黒なチャードルを着ている人が多い。

P1013351.jpg





暑いだろうな~。







『暑いな~半袖着たいな~』と思っちゃう自分。






でも、イランの女性はそんな事は考えてない気がする。






前にマレーシアを旅したときに、





『頭や体を隠すことは、女性としての尊厳を守るのに大切なこと。やらされているっていう気持ちはないんだよ。』





って聞いたことがあって、





『暑いのにかわいそうだな~。女性には、選ぶ権利がないんだ。』なんて考えてた自分にとっては、衝撃を受けたのを覚えている。






アルメニアからイランに入る国際バスで会ったイラン女性は、






アルメニアでは、頭も隠さず服装も肌を出した服を着ていた。






自国では出来ないおしゃれを楽しんでいるようにも見えた。







イラン国境に入る前、彼女を見るともちろん長袖にスカーフ姿に変わっていた。







日本で生まれた自分には、このスカーフや長袖が窮屈に思える。






チャンスがあれば聞いてみたい。






彼女たちにとってのスカーフやチャードルは、どういう存在なんだろう。






そんなことを考えながら、今日もスカーフを巻いてます( ・∀・)








世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~





ブログは、ロンドン☆☆






ロンドン初日を、【ハリーポッターミュージアム】で満喫したれあれあ号





ロンドン滞在中、お世話になる宿へ。





宿泊費がすっごく高いロンドン。





今回れあれあ号は、【Air BNB】を使って宿探ししました。



【Air bnb】







この【Air BNB】は、家やアパートの使っていない空き部屋を数日単位で貸し出してくれる。






ホテルに比べると格安で、オーナーによって






『自転車無料で貸し出すよ~』とか






『コーヒー、紅茶飲んでいいよ~。』とか、






『3泊してくれたら、メトロ1日乗車券つけるよ~』などなど、






条件も、値段もオーナー次第。






カウチサーフィンのように、今まで泊まった人が評価・感想を残しています☆

  
  


以前から、【Air BNB】については知ってたんだけど、





部屋を貸し出しているオーナーが、アジアにはあんまりいなくて、正直、その存在も忘れてた・・・・





でも、今回ロンドンの宿の高さにびびり、この【Air BNB】のことを思い出した。






良さそうな部屋とオーナーが見つかったので、初利用してみることに。






"れあれあ号"が見つけたのは、





1泊3800円の部屋。





これでも、高いって感じるけど、






ロンドンの安いホステルのドミトリーでも、1人10ポンド【1750円】。






しかも、安い宿は予約ですぐ埋まっちゃう・・・・







ギリギリだったこともあって、安い宿は満室だらけ。






1室(ダブル)で、キッチン使用可で3800円は、かなり安い。






しかも、ロンドンの民家に泊まる経験が出来る(●´艸`)






送られてきた地図を元にたどり着いた♪







オーナーの家族にあいさつし、家のルールを聞き、






早速、近所のスーパーを教えてもらい夕飯の買出し。






外食は高そうだけど、自炊するなら結構安い( ・∀・)






いろいろ考えると、日本ってやっぱり高いんだな~。





ロンドン上陸記念に、ビール♪

IMGP9010_2014053101060896b.jpg




キッチンを借りて、夕飯はニョッキ♪

IMGP9013_20140531010612055.jpg




綺麗な部屋での~んびり♪





翌朝、起きて家を出ると、そこはまさしくハリーポッターが住んでた住宅街♪♪

P1011260.jpg



これがお世話になった宿(民家)
P1011261.jpg





ハリーポッターの世界は、本当にイギリスの日常を舞台に作られてるんだな~って、感動☆






家の周りを散歩しながら駅へ・・・・・





ハリーポッターの世界を抜けると、

P1011266.jpg





大きな公園が♪

P1011275.jpg

P1011274.jpg





交通が便利な、街のホテルもいいけど、





住むように滞在するのもおもしろいo(*^▽^*)o





電車に乗り、街へ~!!





ロンドンのメトロと言えば、このマーク!!らしいです☆

IMGP8811.jpg


IMGP8804.jpg



地下鉄の入り口☆
IMGP8780.jpg




ロンドンの街・・・・なんかオシャレ(*/∇\*)

IMGP8783.jpg


P1011345.jpg



P1011321.jpg



名物の2階建てバス。

P1011332.jpg




マクドナルドの広告。

P1011349.jpg


P1011350.jpg






これまた、名物の赤電話ボックス。

P1011345.jpg




街をふらふら歩くのも楽しいけど、せっかくロンドンに来たんだから、有名なところも行きたい♪





交通費が高いので、可能な限り歩いて移動です☆






そして、有名な【タワーブリッジ】

タワー・ブリッジ (Tower Bridge) ロンドンのテムズ川に架かる橋。1886年から8年かけて作られたもの。
橋の可動部分は当初は水力を利用して開閉していたが、現在は電力を利用している。


P1011306.jpg


P1011300.jpg


P1011288.jpg





そしてそして、こちらが【ビックベン】
ウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂)にある時計台の愛称。
ピーターパンにも出てきますよね♪


IMGP8958.jpg


IMGP8952.jpg




この2つは抑えとかなきゃね。笑




途中にも、教会やいろんな建物があっておもしろいです☆






大英博物館にも、ふらりと立ち寄り宿へ。





大英博物館は、世界でも有数の展示物がある博物館。





しかも、無料!!!(寄付金)って、事で、後日ゆっくり来ることに。







ロンドン。初のヨーロッパ・・・・・




街歩きは楽しいけど、今まで旅した国のような人との関わりがなくてちょっとさみしいな気がするれあれあ号でした(*_ _)





今日も、読んでくれてありがとう♪




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  

スポンサーサイト
[ 2014/05/31 06:18 ] イングランド | TB(0) | CM(0)

これから、どうしよう・・・からのハリーポッターの世界へ。










Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア ⇒ イラン・マシュハド に滞在中。。。








こんにちは。つむです






るーたの髪の毛が伸びてきて、





毎日『そろそろ切りなよ~』と言いながら、





イランでカットしたら、るーたの髪型はどんなことになるんだろう・・・・





と心配半分、好奇心半分な日々を過ごしています。






るーたに毎日、言いながら、自分の痛みまくった髪の毛をどうしたらいいか分かんない。





ってか、ムスリム女性はどこで髪の毛切ってるんだろう( ・∀・)







世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!







ヨルダンから、エジプトに抜ける予定だった“れあれあ号”





まさかのエジプト行き断念・・・・(´・ω・`)





いや~





るーたさん、次どこ行きます??笑







完全白紙からの行き先探し・・・・・





とりあえず安い航空券探すかー





出来れば、アフリカ大陸に飛びたい。





でも、全部高い・・・





やっと見つけた航空券・・・・・・




行き先は・・・・・・・・・





ロンドン!!!!!






まさかのイングランド。






今回の旅で、まず行かないと思ってた国だな~。






でも、これも何かの運命・・・・( ・∀・)





いざ、ロンドンへ~!!!!




の前に、手持ちの服でヨーロッパ圏に入るのは、あまりにも心細すぎたので、





ヨルダンで服を調達。





格安でコートを購入。





これで、ちょっとはごまかせるかな・・・(●´艸`)






ヨルダンから、飛行機が到着するのはロンドン【ガトウィック空港】






到着したのは、夜の11時・・・・・・






下調べで、空港泊できそうな空港だったので、空港で1泊することに。






ロンドンは、宿代が高いので夜着は逆にありがたい(*´∀`)





しかも、この空港評判通りの快適さ・・・・





れあれあ号は、空港泊する前に、





下のサイトで、空港泊しやすい空港かどうかチェックしています。





いろんな人の経験談や、Best Airport/Worst airportが載ってておもしろいです☆




【The Guide to Sleeping in Airports】





ガトウィック空港は、横になれるベンチもあるし、

CIMG2402.jpg






コンセントがいっぱいついたカウンターテーブルもあるし、文句なしの空港でした♪





空港で朝を迎えたれあれあ号。






事前に予約した【Easy Bus】のシャトルで市内に向かいます☆





ここで注意したほうがいいのは、事前予約した紙をプリントアウトしておかないと





シャトルバスにのせてもらえない。





れあれあ号は、タブレットでスクリーンショット保存していたのですが、





プリントアウトする必要があるらしく、空港内のパソコン(有料)をつかってプリントしました。






事前に準備したほうがいいです♪







市内までは、約1時間。





バスは、【Earls court】に到着。
CIMG2406.jpg





ロンドン。やっぱりみんなおしゃれな服着てるなぁ・・・・




コート買っててよかった





ロンドンの町にでっかいバックパックを背負った"れあれあ号"





一刻も早く、このでっかい荷物をホテルに置きたいところだけど、






実は、この日の14時の【ハリーポッターミュージアム】のチケットを買っちゃったんだよね(∀`*)ゞ





来る予定のなかったロンドン・・・・・





でも、前々から行ってみたいな~って思っていたんだよね'+。:.゚ヽ(*´∀`) ノ゚.:。+






予約しようとすると、ギリギリだったこともあって、結構満員の日が多い。






それで、仕方なく到着した日のチケットを購入。






そして【ハリーポッターミュージアム】と予約した宿は反対方向・・・・・





なので、バックパックを背負ったまま行くしかない(●´3`)





※事前にメールで荷物預かりを問い合わせると、スーツケースの預かりも無料で大丈夫です。との返事をもらいました。






まずは、【Earls Court】から電車で、【Watford Junction】へ向かいます。

CIMG2407.jpg





着くと、ホームに案内が出ていました。

CIMG2410.jpg





さっきから、【ハリーポッターミュージアム】と呼んでますが、





正式名称は、【Warner Bros Studio Tour】らしいです。





駅を出ると、シャトルバス乗り場がありました。





2階建てのハリーポッターバス。

CIMG2412.jpg





とうちゃ~く!!!!!!





おお~ワクワクする~ヾ(@^▽^@)ノ!!!!!

CIMG2416.jpg




【Warner Bros Studio Tour】(ハリーポッターミュージアム)







ここは、ハリーポッターの映画の撮影が行われていたセットをそのまま保存し、






その中を見学できるようにした施設。





撮影期間中に使われたもので、捨てられたものは一つもないらしい・・・。






そんなに乗り気じゃなかったるーたも、ちょっとずつテンションUP♪






ハリポッター好きの人なら、中に入らなくてもテンションあがると思います☆☆

CIMG2417.jpg


CIMG2419.jpg




エントランスをくぐると、出演者の写真が一面に♪


CIMG2502.jpg


P1011095.jpg


P1011092.jpg




ロンのお父さんの空飛ぶ車。


P1011098.jpg




荷物は、上の写真の場所で預かってくれます。





クロークの横にオーディオガイドを受け取る場所があります。





これは、チケットを購入する際に、オプションでつけられます。





れあれあ号は、2人で1台だけ借りました。





日本語字幕もあるのでおすすめです☆




れあれあ号が予約したのは14時からのツアー。





1時間ほど早く着いたので、待たなきゃいけないかな~って思って、





チケット確認しているお姉さんに聞いてみたら、





『もう入っても大丈夫だよ。』と13時30分のツアーの列にいれてくれました。





1時間や30分なら前後しても、大丈夫そうです♪






列に並ぶと、早速テンションがあがる光景が・・・'(●´艸`)






ハリーポッター見たことある人なら分かるかな?



P1011108_201405270344093a6.jpg





そう、階段下のハリーポッターの部屋。

P1011110_201405270344117f5.jpg






こんなところで撮影してたんだ・・・・・☆☆






今も誰かが寝起きしてそうな生活観。






スタジオに入る前に見る映像でテンション最高潮でツアースタートヾ(@^▽^@)ノ






ツアーと言っても、最初の大広間だけガイドのお姉さんが説明してくれ、





後は、各自のペースでスタジオ内を見学できます。






写真では、載せきれないほど見所満載☆☆




大広間☆ ホントに広い空間で、ここがハリーポッターのセットで最大らしいです。

P1011116_20140527034543fce.jpg


P1011124.jpg


P1011134_20140527034547883.jpg









グリフィンドールの寮のロンのベット。

P1011159.jpg


P1011161.jpg




このベットは、第1作目の時の子役の大きさを基準に作られたため、作品が進むと、子役が成長し、ベットが小さくなっちゃたそうです。
でも、ベットは作り直さず、子役が足を曲げるなど工夫しながら、同じベットで撮影したんだって。





グリフィンドール寮の広間
CIMG2441.jpg



P1011175.jpg




P1011166.jpg






スネイプの教室
CIMG2448.jpg






ハグリットの部屋
CIMG2461.jpg

P1011207_20140530121938ec0.jpg





ダンブルドア校長の部屋

CIMG2446.jpg

校長部屋への階段
CIMG2444_20140530121932fe0.jpg




ダイアゴン横丁
CIMG2477_20140530121935120.jpg





飛行シーンの撮影はこうやって行われてたんだって♪
<
a href="http://renren0405.blog.fc2.com/img/P1011196.jpg/" target="_blank">P1011196.jpg

P1011193.jpg


P1011197.jpg





弱ったヴォルデモート。機械で動いていました

CIMG2470.jpg



マンドレイクの苗木。

CIMG2469_20140530121934205.jpg





ホグワーツ城の模型。 城の外観の撮影は全てこの模型で行われていたんだって(゚o゚)

CIMG2489.jpg





あまりに写真多くて載せ切れないです・・・・・





映画を作るって、すごい大変なんだな~




特にこの作品は子役が多くて、まとめるのが大変だったそうです。




撮影期間中は、学校に行けない子役の為に、スタジオ内に教室を作り、





撮影時間を調整して、順番にそこで授業を行っていたそうです。






受付で借りたオーディオガイドは、そういう撮影秘話が聞けたり、撮影風景の写真が見れたりでおもしろいです。

CIMG2431.jpg


CIMG2433.jpg


P1011154.jpg






これを、借りると10倍楽しいので是非♪♪







スタジオ内は、軽く見ても2時間はかかると思います♪






実際に使われたセットや小道具も、細部まで精密に作られていて、





本当にハリーポッターの世界に入ったような気分になりました





どうやって映画が作られたかや、撮影秘話が知れてすっごくおもしろかったな♪♪






思っていたより、かなり見ごたえがあって、





ハリーポッターファンの方には、超おすすめです!!!!!






もう、来ることないと思うと、もっとゆっくり見たかったな~




ハリーポッターファンのつむのお母さんとまた来たいな~♪

CIMG2485.jpg





最後におみやげも見て、大満足♪
※お土産屋は、チケットが無くても入れます。




ロンドンに着いた初日に、大満喫☆



来る予定もなかったロンドン。




下調べゼロなロンドン。




物価の高さがちょっと怖いロンドン。




どんな滞在になるのかな~♪






今日も、読んでくれてありがとう♪♪




ハリーポッターミュージアム楽しそうだなーと思った方、下の写真をポチッとお願いします。



世界一周ブログランキングが見れるページに移動します☆
れあれあ号は、現在30位後半♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 




[ 2014/05/30 03:46 ] イングランド | TB(0) | CM(2)

ルート変更↓↓↓。どこへ行く?ここだ!!







Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア ⇒ イラン・テヘラン に滞在中。。。

世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




どうも、るーたです!!ヾ(´^ω^)ノ♪



エジプト行きの断念を余技なくされたれあれあ号




どうしよう。




どうしよう。




どうしよう。




どうしよう。



どうしよう。




今までにも色々とルート変更をしてきたことはあったけど、




これほどまでに困ったルート変更は無かった。




どうしてか。




その理由はヨルダンの位置にある。


jordan_ol_map1.gif





北には、内戦が続いていて危険な【シリア】




東には、これまた内戦が続く【イラク】




西には、行ってきたばかりの【イスラエル】




南には、事実上観光目的の滞在を許可していない【サウジアラビア】





陸路での移動は、不可能。。。




飛ばなければならない。。。




こんな状況、初めて( エ゚д゚`)





・・・



とりあえず、エジプト行きを断念したことをフランシス&シャンに伝えて進路が決まるまでもう少しステイさせてもらうことに。




飛行機か・・・




とりあえず探してみよう。




・・・




ヨルダンのアンマン発で・・・




【エチオピア・アディスアベバ行】  一人46,000円




【スーダン・ハルツーム行】 一人42,000円



【ケニア・ナイロビ行】 一人55,000円 




エアアジアのような安いLCCがほとんど無い中東。



その他アフリカ各地もことごとく4~5万超。。。



いやぁこの出費は痛いε=ε=ヾ(;゚д゚)/




船(約7000円)でアフリカ上陸のはずだったのに・・・。




これは誤算。。。




もっと安くいける場所は無いのかなぁ・・・




・・・




【トルコ・イスタンブール行】 一人34,000円。




・・・




【イギリス・ロンドン行】 




・・・




・・・




一人12,000円!!



・・・




安っっっっっ!!!!!(゚(゚(゚(゚Д゚)!?




でもなぁ。。。




アフリカの予定だったのに、ロンドンなんてねぇ・・・ねぇTSUMU!?




・・・




・・・




行きたい!!




え゛~~~!!(;゚ロ゚ノ)ノ




・・・



 (*^_^*)




ということで、大幅に進路変更!!




ロンドン行きの航空券をGET!!




EASY JET☆ アンマン発ロンドン行き 




一人12,000円(すべての諸税込)は破格~~~!!




まさかのロンドン行き(゚o゚)ビクーリシマシタ




アフリカは行けたら行こう(この旅中に)!!




という結論になりました。




航空券を取ったからにはいつまでもへこんでいてもしょうがない!!




と、思う努力はしたのですがすぐそこに見えてるアフリカ大陸に後ろ髪を引かれながらアカバを離れることに。

P2180135.jpg





フランシス&シャンには結局5泊もお世話になりました。




本当に助かりました。そして楽しい時間をありがとう☆

P2190140_20140527044447ae8.jpg





アカバ~アンマンへはJETTバスで一人13.8JD(≒1,320円)




ロンドン行きの飛行機まではまだ時間があるため、アンマンのマンスールホテルでの~んびり。。。


IMGP8230.jpg


IMGP7881_201405270443561c0.jpg


IMGP8237_2014052704435975c.jpg





エジプト行きを断念した人々で溢れかえっていました(゚o゚)ビクーリシマシタ




その中で出会った日本人の皆さん。

CIMG2393.jpg





一緒に古着を買いに出かけたり、中東についての興味深い話を聞かせてもらったり、これから行く国の情報をもらったりと有意義な時間を共有させてもらいました。




ホテルでボランティアで働いていたフランス人マヌエルともたくさん話をして楽しかった~~~☆

CIMG2396.jpg






そして、いよいよ、待ちに待ったフライト~~~~~!!

CIMG2397.jpg



\(^ω^\)( /^ω^)/


IMGP7868.jpg


IMGP7869.jpg




まさかヨルダンから飛行機を使うことになるとは・・・。




まさか、ヨルダンからヨーロッパに行くことになるとは・・・。




まさかアフリカ大陸に上陸を諦めることになるとは・・・。




まさかまさかのオンパレード☆




延べ3週間ほど滞在したヨルダン。。。




いやぁ長かったぁ~~~!




ありがとうヨルダン!!

P1010774.jpg


そしてさようなら☆☆☆

P1010710.jpg




今日も読んでくれてありがとう☆

ブログランキングに参加しています。

応援のポチをよろしくお願いします!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/05/24 23:14 ] ヨルダン | TB(0) | CM(0)

ルート変更を余儀なくされた日。あぁ、どうしよう。。。






Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア ⇒ アルメニア ⇒ イラン・エスファハーン に滞在中。。。




最近、つむ



「髪の毛を切れ!!」



「ひげを剃れ!!」



と口すっぱく言われているるーたです。




世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~





遺伝的にいつかはかならずいなくなってしまう僕の髪の毛君。




今はその髪の毛君たちを愛情持って育てていますヽ(・∀・)ノ




フランシスとシャンに慰めてもらって、ヨルダン入国スタンプで受けた心の傷が少し癒えたれあれあ号



アカバは落ち着く町☆ちなみにヨルダンのコーラはこんな感じ☆

IMGP8712.jpg



さて、これからの予定はエジプトに入国し、アフリカ・ケニアまで南下。。。




この予定では、スーダンを通らなければいけないんだけど、ヨルダンスタンプのせいで入国出来ない可能性も・・・。




考えていても仕方ないのでエジプトでスーダンのVISAを申請チャレンジしてみることに。




まずは、ヨルダン・アカバからエジプトに移動☆




ヨルダンとエジプトは陸路で接してはなく、海路で移動することに。




アカバの街中にエジプト行きフェリーのチケット売り場があります。
(ガイドブックに載ってますよ~~~。)



そこに向かう途中、土砂降りの雨が・・・。雨宿りできるところで二人で立っていると、隣の建物の事務所のお兄ちゃんが事務所に招きいれてくれました。




見渡してみるとどうやら手すりを扱っている会社みたい。。。




英語はまったく通じません。




単語だけでの会話☆




どこかに電話をかけてると思ったらその数分後にチャイ屋さんからチャイが届きました。




「雨がやむまでゆっくりしていって(*´∀`)」




とチャイをご馳走してくれました。




見ず知らずの日本人に・・・ただでさえ雨宿りさせてもらって、座らせてもらってるのに・・・




優しさのオンパレード。。。




お兄ちゃんありがとう(´;ω;`)

IMGP8706.jpg


IMGP8707.jpg





小一時間たつと雨は上がり、お兄ちゃんに挨拶をしてフェリーの事務所へ☆




お兄ちゃんには翌日ちょっとしたお礼を渡しました(*^_^*)




事務所の外見はこんな感じ。

IMGP8711.jpg


IMGP8709.jpg


IMGP8710.jpg


IMGP8708.jpg





エジプト・ヌエバ行きの船のチケット値段は忘れたけど確かUS$60~70。



チケット購入後は街散策☆




アカバは免税都市になっていてヨルダン全土から買い物客が訪れるんだって☆




だから観光地にも力を入れているみたい




ぶらぶらしてるととっても面白い光景を見つけてテンションが上がりました。




マクドナルドとラクダのコラボレーションヾ(´^ω^)ノ♪


IMGP8723.jpg

IMGP8725.jpg




ラクダってかわいいよね☆




街中にもラクダがいました!!


IMGP8713.jpg


IMGP8718.jpg




夕方になってフランシス&シャンに薦められた夕陽鑑賞(*^_^*)



アカバのパブリックビーチで見る紅海に沈む夕陽(⌒‐⌒)


P1011064.jpg


P1011075.jpg


P1011065.jpg





キレイだなぁ~~~(●´3`)~♪



の~んびりとした時間・・・久しぶりだなぁ~~~☆


P1011078.jpg





家に帰ると、フランシスとシャンが笑顔で迎えてくれて、シャンが中華料理を作ってくれました~~~o(*^▽^*)o~♪



中華料理もやっぱり食べなれているからか食べるとすごく落ち着くんだよね~~~☆


IMGP8740.jpg


P1011085.jpg





すごくおいしかったぁ~~~(*^_^*)



極めつけは人生初の水タバコ☆



タバコ嫌いな僕




水タバコも敬遠してたんだけど、フランシスに、




「タバコが嫌いでも水タバコは好きっていう人たくさんいるんだよ!!」




と言われて、「やってみる??」と言われたのでチャレンジすることに。




どこかカフェに水タバコしに行くのかと思ったら、フランシスが部屋から大きい水タバコを持ってきてただで体験させてくれました




水タバコは、現地では【シーシャ】と呼ばれています。




水タバコはタバコと違ってフレーバーを楽しむことが出来るんだよね☆




初体験は、リンゴ味でした~~~☆




おそるおそるチャレンジしてみます!




ボコボコボコ!!

IMGP8728.jpg

IMGP8729.jpg

IMGP8730.jpg



おっ!!うまいじゃないか'+。:.゚ヽ(*´∀`) ノ゚.:。+




気に入ってしまいましたo(*^▽^*)o~♪




TSUMUもチャレンジ☆


IMGP8731.jpg




楽しくおしゃべりをしながら過ごしていたこの夜。




突然フランシスが僕らに




「エジプトに行くのやめたほうが良い!!」




と言って来ました。




ついさっきまで、エジプトでお勧めな場所を話していたのに・・・




状況を理解出来ないれあれあ号




話を聞いてみるとどうやら




『エジプトのイスラエル国境近くでテロ(バス爆発)があったとのこと。』




しかも




『韓国人観光客が狙われて死傷者が出ているとのこと。』




さらに犯人達が




『観光客は5日以内にエジプトを出国しなさい。さもなければ新たな犠牲者を出すことになる』



と声明を発表したこと。




テロが起きた場所を聞いてびっくり。




自分達のいるところから直線距離にしてやく10キロほど。。。




とりあえず状況をもう少しちゃんと把握するために翌日色々調べてみたんだけど、日本のネットではまだ情報がなく・・・




仕方なく街に出て何人かの現地の人に話を聞いてみると、




みんな揃って




「今は危険だから行かないほうが良い!」




とのこと。




フェリーの会社に行ってスタッフに聞いてみても




「状況が状況なだけに行かないほうが良い。キャンセル料はいらないから行くのを控えたほうが良い。」




ここまで言われたら断念せざるを得ない。




危険を知っているのに行きたいという気持ちが勝って行動してしまうほど僕らもアホじゃないし。。。




でも・・・




エジプト行き断念!!!???




( ´゚д゚`)




どうしよう。




どうしよう。




どうしよう。




どうしよう。




・゜゜・(/□\*)・゜゜・





・・・




ヨルダンスタンプで受けた心の傷が癒えてきたと思ったら・・・




がっかり。。。




この先どうしたら良いんだろう。。。




今日も読んでくれてありがとう☆

ブログランキングに参加しています。

ポチをよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/05/24 15:00 ] ヨルダン | TB(0) | CM(2)

この旅一番のショック。







Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒グルジア ⇒ アルメニア ⇒ イラン・ヤズド に滞在中。。。





こんにちは。つむです





今、イランを旅行中の“れあれあ号”。




グルジアの宿で出会った人たちと一緒に旅行しています。





普段、いや、今まで一度も、都市間や国間の移動を誰かと共にした事ってないんですよね。




しいて言えば、タイのチェンライからラオスのビエンチャンまでの国際バスでたまたま会ったちえちゃんと国境越えしたことくらい。



国境をいくつ越えてもあの場所は緊張するんだよね。



でも一緒に国境越えする旅仲間がいると、



なんだかちょっと安心(*´∀`)




世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




こんにちは☆つむです。



ついにエルサレムを去る日がやってきました。



次なる目的地は、ヨルダン南部の町【アカバ】!!



エルサレムからアカバに行くには、



①エルサレムからイスラエル南部の町エイラットまで南下して国境を越えてアカバに行くルート。



②エルサレムからヨルダンの首都アンマンに移動してそれから南下し、アカバに行くルート。




があります。



れあれあ号は安く移動出来る②の方法でアカバに行くことにしました。



Lさんと共に過ごす最終日、夜中の1時まで話をして別れの挨拶をして、早朝に家を出ました。



エルサレムのバスターミナルからエイラットまでは約4時間。



一人82シュケル(≒2460円)



バスで一緒だった埼玉のおっちゃんが国境を越えて、ペトラに行くとの事だったので一緒に国境越えすることにしました。



エイラットのバスターミナルからTAXIで国境へ☆



一人15シュケル(≒450円)



イスラエルとお別れのときがやってきました。




入国の際には、40分にわたる拷問タイムを経験させていただいたイスラエル。



出国も面倒なのかなと思いきや、出国税100シュケル(≒3,000円)を払ってあっさり終了。



無事にイスラエルのスタンプをもらうことなしに出国。



良かった良かったヾ(@^▽^@)ノ






と、喜んでいたら大事件はこの後に起こりました。





ヨルダン側の国境で、入国スタンプを押されてしまったのです!!



(+д+|||)



これは旅人にとってはかなりやっかいな問題なのです。



イスラエルに行った痕跡があると、イスラエルと仲の悪い8カ国に入国できません。



詳細は過去の記事をご覧下さい。

ノースタンプって??


【速報】【注意】イスラエル国境スタンプについて




イスラエルに行ったことは、イスラエルのスタンプだけでなく、イスラエルと接する国境名が入ったスタンプがあってもばれてしまいます。



そう、れあれあ号、イスラエル~ヨルダン間の国境名が入ったスタンプをもらってしまったのです。



この時点では、



①ヨルダンの出国スタンプ



②イスラエルの入国スタンプ&出国スタンプ



はもらってませんでした。



つまり、ヨルダンに入ったときの入国スタンプしかれあれあ号のパスポートにはなかったのです。



そして今、再びヨルダンの入国スタンプを押されてしまいました。



パスポートのヨルダンの入国スタンプが2つ。



明らかにおかしな状態になってしまってます。。。



もちろん、イスラエルからヨルダンに入国する際、「ノースタンプ」と伝えました。



しかしスタッフは、



「なぜノースタンプにしたいんだ。スタンプはパスポートにするものだ!!」



の一点ばりで・・・結局色々とスタッフに説明している間に他のスタッフによってスタンプを押されてしまいました。



このスタンプを押されてしまったことで、



この後行く予定をしていたスーダンやイランのビザ取得が困難に・・・。



まったく予想もしていなかったヨルダン側での突然のトラブルに動揺しまくり・・・





絶望感たっぷりで呆然としてしまいました。






れあれあ号の後から来た欧米人も例外ではありませんでした。



容赦なくパスポートにスタンプを押された欧米人、




怒り狂ったように叫びまくり、スタッフに罵声を浴びせていました。






気持ち・・・すごくわかる(´Д`)ハァ…





とにかくがっかり。





ルートを変更しなければならないかもしれない。



行きたかったイラン行きを断念しなければならないかもしれない。




※今、イランにいます。上記のヨルダンスタンプがあっても、問題なくVISAを取ることが出来ましたが、大使館のスタッフによってはVISA発給拒否されることもあるそうです!







はぁ・・・。



気を取り直して・・・



といきたいとこだけど、気を取り直すことなんて出来ず・・・。




とりあえずアカバの街へ。

IMGP8703.jpg



街までは国境からTAXIで一人5JD(≒750円)



カウチサーフィンでお世話になる約束をしていたフランシスに連絡して、合流☆



フランス人のフランシス☆



奥さんは超かわいくて綺麗な中国人のシャンヾ(´^ω^)ノ♪



その日に起きたこと(ヨルダンスタンプ)について話をすると、



「あ~~~最近そういう人よくいるみたいだよ!!残念だったね!!」



と慰優しく慰めてくれました。



なんか話を聞いてもらっただけで少し冷静さを取り戻しました。。。



そしてフランシス。



「じゃあ今日は嫌なこと忘れてバーベキューやろうo(*^▽^*)o~♪」



とバーベキューをご馳走してくれました(´・ω・)(´_ _)



フランシスの友達も呼んで大賑わい!!


IMGP8719.jpg


IMGP8720.jpg

※写真すくなくてごめんなさい。



楽しかったぁ~~~'+。:.゚ヽ(*´∀`) ノ゚.:。+゚


IMGP8721.jpg



翌日は、アカバの海岸(紅海)へスノーケルをしに連れてってくれました



【ジャパニーズガーデン】というところ。


P2170132.jpg


P2170133.jpg




なぜかはわからないけど、海岸に面した公園のうちのいくつかがジャパニーズガーデンと呼ばれているそう。



そのいくつかあるうちのダイビングでも有名なスポットに連れて行ってもらいました。



が・・・



この日は気温23度の上、強風。ビュービュー



・・・




激さむ!!



れあれあ号&シャン「やめない??」



の問いかけに超楽観的なフランシス・・・



「寒くないと思えば寒くないよ(*´∀`)行こ!ヾ(´^ω^)ノ♪」



とりあえずみんなが頑張って海に入ってみる・・・



・・・



・・・



寒い(TωT)



海の中は、綺麗☆



だけど・・・



寒い・゜゜・(/□\*)・゜゜・



一人寒さを感じずに楽しむフランシス!!



寒さに耐えながら、水中鑑賞を楽しむも、



徐々に歯がガクガク、体がぶるぶる震えだし、



約10分で途中棄権・゜゜・(/□\*)・゜゜・。。。



フランシスには申し訳なかったけど・・・寒すぎた( ´゚д゚`)



でもね、ちょっとだったけど紅海に入れて楽しかった~~~(●´3`)~♪



海の向こう側はエジプト☆

P2170131.jpg




フランシスとシャンのおかげでヨルダンスタンプで傷ついた心が癒されました。。。



でもね、これからさらなる災難がれあれあ号にふりかかろうとはこのときは誰も想像していませんでした。。。




今日も読んでくれてありがとう☆ byつむ

ブログランキングに参加中です

応援のポチをお願いします②

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/05/23 07:15 ] ヨルダン | TB(0) | CM(2)

場所間違えた!人生初ヒッチハイクとプカプカ体験☆☆







Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア ⇒ アルメニア ⇒ イラン・シーラーズ に滞在中。。。





こんにちは。つむです。





リアルタイムはイランにいます♪





野菜・肉・アイス・フルーツジュースが安くて、






旅に出て一番栄養豊富な食生活を送れている気がします。





イラン・・・・怖いイメージがあったけど、




来て見たら本当にいい国ヾ(@^▽^@)ノ




人もみんなすごくやさしくて、大好きな国になりそうです☆







応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~






エルサレムでいろんな事を感じ、考えた“れあれあ号





日帰りで、死海にプカプカしに行ってきました♪





エルサレムのセントラルバスステーションから出ています。





確か5番ゲートから、乗り込んだかな~





チケットは当日バスで買います♪





チケットを買う際、ドライバーに『Round ticket』と伝え、往復券を買ったほうがお得らしいです。






無事にチケットを購入して、バスに乗り込み☆

一人往復約80シュケル(約2300円)





このバスは、WiFiが飛んでいました!!快適快適





れあれあ号が目指すのは『パブリックビーチ』





ここは、入場料なしで死海を楽しめる♪





カウチホストのLさんに教えてもらった通りに、『エンゲティ』とドライバーに伝え、





バスに乗ること1時間30分くらい・・・・・・・





『エンゲティ!!!!!』






とドライバーさんが声をかけてくれ、欧米人老夫婦と一緒にバスを降りる。





『着いた~ヾ(@^▽^@)ノ!!!』




と思ったけど・・・・・・・・






ココ・・・・・・






明らかに高級スパなんですけど。。。






場違い承知で、目の前にあった建物に入ってみたけど、




やっぱり高級スパ・・・





即退散・・・(+д+|||)






これは、明らかに“れあれあ号”が利用できるレベルじゃない。





こんな【泥パック】とか【ジャグジー】とか【バスタオル】とかいらない(●´・△・`)





うちらは【死海】【水シャワー】があれば十分です。






いや~手前で降りんなきゃいけなかったのかな~?と地図を再確認。






どうやら、来すぎちゃったみたい・・・・・・





でも、当分バス来ないし・・・・・




歩くか・・・でも遠いな。。。









これは、ヒッチハイクしかない( ・∀・)v





ということで、イスラエルで





ヒッチハイク人生初挑戦!!!





【パブリックビーチ】の方向に歩きながら、車が来たら手を出す。

P1011016.jpg






なんか、初って勇気がいるね・・・・






15分ぐらいした時、1台の車がうちらの15メートル先に停車してくれた(*´∀`)






慌てて駆け寄ると、おじちゃんが優しい笑顔で、





『乗りなさい(*^_^*)』と招き入れてくれた。






『パブリックビーチに行きたいんです!!』というと、





『大丈夫。大丈夫。乗りなさい。』って車に乗せてくれた。






このおじちゃんは、あんまり英語が話せないらしく、簡単な会話しか出来なかったけど、






ずっとニコニコ笑いかけてくれた。






目的のパブリックビーチに着くと、





『ココだよ。バスバス!!』





と帰りのバス停も教えてくれました。





『ありがとう。ありがとう。』と何度も伝えると、






おじちゃんは、笑顔で手を振って、Uターンして、今来た道を戻って行った。

IMGP8464.jpg


IMGP8465_2014052116383250e.jpg




(゚(゚(゚(゚Д゚)!?




おじちゃん、れあれあ号のためにおじちゃんの目的地を通り過ぎてわざわざ送ってくれたみたい。




感動・゜゜・(/□\*)・゜゜・





おじちゃんの優しさに触れられて、バスを乗り過ごしてよかったかも!!って思っちゃった。






おじちゃん、ありがとう☆☆







ちょっと遠回りをしちゃったけど、目的の死海にと~ちゃ~く!!!!!





水シャワー発見!!

IMGP8468.jpg






水着に着替え、プカプカ初体験!!!!!!





ここ死海は、海面下約420Mにある世界で最も低い位置にある湖。




なぜ湖なのに【死海】と呼ばれるかというと、濃い塩分のせいで魚などが住めない【死の湖】というところから来ている。




実際には塩分の薄いところもあって生物もすんでるらしいけど・・・。




人が浮いちゃうような場所では塩分濃度は一般の海の約10倍もあるんだって!!




この塩分の高い死海の水は、健康は美容にも効果があるとされていて、皮膚病やリウマチに効果があるんだって☆






【死海】を目の前にしたれあれあ号



P2140014_2014052117350699c.jpg





思ったより、水が綺麗でびっくり。

P2140098.jpg




恐る恐る水に入るるーた



傷とかあるとピリピリ痛いらしいからね☆

P2140108.jpg

そして・・・・・・・・・










浮いたぁ~~~\(^ω^\)( /^ω^)/



P2140116.jpg





ホントに不思議な感じ・・・・でもなんか浮いちゃうんだよね。




P2140104.jpg





ちょっと水をなめてみたら、しょっぱいを通り越して、苦かった・・・( ´゚д゚`)



P2140111.jpg



P2140100.jpg






陸にあがって、少しするとこんなに真っ白に。



P2140095.jpg





そして、意外とオイリーでヌルヌルした気がします。





ビーチ近くの水シャワーで軽く洗い流し、有料のシャワーで着替えをしました。

※2シュケルくらい(約60円)だったかな??





近くに泥を取って泥パック出来る場所もあるらしいけどこの日は人が少なくて、どこでその泥が手に入るかわからず(´Д`)




そんなに長時間滞在できる場所じゃないけど、すっごくおもしろい体験ができました♪



P2140122.jpg




死海の目の前の光景にも感動ヾ(@^▽^@)ノ



IMGP8463.jpg


P1011022.jpg



今日も読んでくれてありがとうヾ(´^ω^)ノ♪



応援のポチをお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  

[ 2014/05/22 06:45 ] イスラエル | TB(0) | CM(3)

学びの多かった街。多すぎた街。










Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア ⇒ アルメニア ⇒ イラン・シーラーズ に滞在中。。。



髪の毛を切るべきか、切らないで伸ばし続けるか。



非常に悩んでる今日このごろ。。。



どうしよう・・・。



世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~





どうも~~~るーたです。





カウチサーフィンでお世話になったLさんのおかげもあって本当に有意義な時間を過ごすことが出来ました。



ユダヤ教のことについて知り、パレスチナについて知り、キリスト教について知り・・・



5日間のエルサレム滞在、学びの多い時間だったぁ~~~(*´∀`)



アコーディオンに似た楽器(名前忘れちゃいました)を弾くLさん☆

IMGP8693.jpg


いつもセッションをしているお友達☆


IMGP8692.jpg




Lさんは、来年、30年以上住んでいるイスラエルを離れ、生まれ故郷であるフランスに帰国するんだって。



毎晩遅くまで話をして、価値観が似ている部分があってすごく打ち解けられたLさん。



必ずまた会いたい☆フランスに会いに行きたい。



日本にも来てほしい。



心からそう思える陽気で明るくてパワフルな人でした


IMGP8701.jpg





【聖地】と呼ばれるエルサレム。




もちろんそこには今もたくさんの人が住んでいて普通の生活を送っています。




大事な宗教施設の周りにお土産屋があり、食堂があり、ショップがあり、八百屋があり、学校があり・・・




本当に本当に不思議な街。



CIMG2348_20140521022225b63.jpg


CIMG2350.jpg


P1010886.jpg


P1010892_201405210223152b7.jpg


IMGP8273_2014052102223130d.jpg


IMGP8272.jpg


CIMG2364_20140521022228c28.jpg


P1010910.jpg


P1010899_201405210223169dd.jpg


P1011013.jpg


ヴィア・ドロローサで遊ぶ少年達。

IMGP8494_201405210231543a6.jpg



P1010981.jpg




そしてユダヤ教徒の人々。


IMGP8372.jpg


IMGP8246_201405210234529d4.jpg


IMGP8252_201405210234519e1.jpg


IMGP8314_2014052102360440d.jpg


IMGP8607.jpg




ユダヤ人のことを色々調べ、聞いて、話して多少なりとも知識を得た。



パレスチナ問題についても色々聞いて学んだ。




実際にこの地エルサレムに来て、どうしても腑に落ちないことがある。



その僕の意見、感想、考えは稚拙なのかもしれない。



まだまだ勉強不足なのかもしれない。



・・・けど、



けどね・・・







なぜ迫害を受けてその酷さ、憎しみを一番知っているはずのイスラエル人(ユダヤ人)が、今パレスチナを武力で制圧しているんだろう。


やっとの思いで手に入れた自分たちの土地を守りたい気持ちは良く分かる。



でも、武力を使うというのは良くないと思う。



自分たちがされてきたことを今パレスチナに対して行っている。



というか、そのように見えてしまう。





きっとそこには細かくて、複雑で、難しい問題がたくさんあるんだろう。



だけど、罪のない人々が犠牲になるような行動だけはやめてほしい。



無くなってほしい。



そう願わずにはいられない。







エルサレム、うまく言葉に現せない。




けど、




色んな意味ですごいところだった






今日も読んでくれてありがとう☆


明日も天気になぁ~~~れ


ポチっとよろしくお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/05/21 02:46 ] イスラエル | TB(0) | CM(0)

エルサレムでキリスト教の聖地めぐり。






Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア ⇒ アルメニア ⇒ イラン・テヘラン に滞在中。。。



共同シャワーの宿で、シャワーを浴びてるときにタオルを持ってくるのを忘れたとき、



男は着替えに持ってきたTシャツで体で拭いたり、下着だけはいて出ることも可能だけど




女性はどうするんだろう・・・




世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




どうも、るーたです。




【ヴィア・ドロローサ】を歩いたれあれあ号




この日は、キリスト教の聖地【エルサレム】の聖地を巡ることに




まずはオリーブ山地区を観光☆




マリアの墓の教会



ここはその名の通り、マリアの墓、そしてマリアの両親、マリアの夫ヨセフの墓がある教会。


IMGP8583.jpg


P1011042_20140519194834882.jpg


P1011049_201405191950042b7.jpg


IMGP8593.jpg




ゲッセマネの園☆



かつてここにはオリーブ畑があり、イエスは頻繁にここに訪れ祈り、最後の晩餐の後イエスが捕らえられたのもこの地とされている。



IMGP8507.jpg




万国民の教会☆


ここは福音書を著したマルコの家があったとされる場所。



IMGP8510.jpg




昇天教会



復活したイエスが弟子達に神の国などについて語った40日目にオリーブ山から昇天したことを記念して作られた教会。



内部には昇天した際にイエスが残したとされる足跡が今も残っているらしい。



僕達は夕方遅くに訪れたのでもう閉まっていました







IMGP8524.jpg


IMGP8525.jpg



主の祈りの教会



ここには各国の言語で主の祈りの言葉が記されている。



IMGP8551.jpg


IMGP8535.jpg


IMGP8536.jpg



日本語も

IMGP8542.jpg


フィジー語も

IMGP8548.jpg




主の泣かれた教会



イエスはオリーブ山からの帰り道にここからエルサレムを眺め、涙したとされている。



IMGP8568.jpg


IMGP8570.jpg


IMGP8573.jpg


IMGP8577.jpg




翌日、今度は【シオンの丘】へ




まずは、鶏鳴教会へ☆



イエスの弟子のペテロが自分に罪が及ぶのを恐れて「イエスのことを知らない」と言った場所。


IMGP8380.jpg


IMGP8381.jpg


IMGP8384.jpg


IMGP8388.jpg



マリア永眠教会


ここはイエスの母マリアを祀って建てられたエルサレム最大の教会。


IMGP8398.jpg


IMGP8400_20140519203217cdf.jpg


IMGP8408.jpg



最後の晩餐の部屋



イエスの処刑の前の晩に最後の晩餐を行ったとされる場所。


IMGP8431.jpg


IMGP8433.jpg




2日間をかけてキリスト教に関する施設を周ってみた。



他の国の教会とは異なり、世界各国のキリスト教徒が訪れていた。



その光景をみるだけでも、ここがキリスト教と深く関わる地であり聖地であることは容易に感じることが出来た。



どの教会に行っても、どの施設に行っても、



世界のどこかから来ている団体さんがいる。



おそらく同じ教会に通っている人々なんだと思う。



教会に入ると団体で賛美歌を歌っている。



教会に響き渡るその歌声は、意味が分からなくても、キリスト教徒でなくても不思議な感覚に陥る心地良いものだった。



今回エルサレムを周ってみてこの土地がどれだけキリスト教徒の人々にとって重要な地かを体感することが出来た。



そして同時にもっと宗教について勉強してみたいな。。。と思わせてくれる場所だった。



エルサレム・・・すごい街だな。。。




今日も読んでくれてありがとう

ランキングに参加してます

あなたのポチをよろしくお願いします


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  








[ 2014/05/19 20:54 ] イスラエル | TB(0) | CM(0)

【悲しみの道】を歩いてみた。





Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア ⇒ アルメニア ⇒ イラン・テヘラン に滞在中。。。



ついにイランに入国しました☆



リアルタイムは、イランのテヘラン




ブログタイムは、イスラエル



ごめんなさい。時差が開いています



世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




こんにちは。るーたです。




『エルサレム』という土地に足を踏み入れると本当に色々なことを学ぶことが出来ます。




前回までは、ユダヤ人・ユダヤ教について記事にまとめてきました。




今日からはキリスト教について記事にまとめようと思う☆




エルサレムと言えば、キリスト教の聖地。




キリスト教徒では無い方でもイエス・キリストがどのように処刑されたかはご存知だと思う。




その処刑の舞台となった場所、それがここエルサレムである。




その処刑を行われた場所を辿ってみた。




僕達れあれあ号はキリスト教徒ではない。




きっとキリスト教を信仰する方々にとっては、異教徒が観光気分でパシャパシャ写真を撮って、軽い気持ちで訪れることに快く思わない人もいると思うので、




処刑の過程、悲劇の道を辿るにあたっては、写真は最小限でキリスト教徒の方々の邪魔にならないように、そしてリスペクトの気持ちを持ってお邪魔させてもらいました。




全てはここからスタートします。




様々な奇跡を起して民の心を徐々につかんでいったイエス。




これに対して、当時のユダヤ教の律法学者はイエスの説いていることがユダヤ教の律法をないがしろにするものだと考え、徐々に指示を集めイエスの力を脅威と感じ、イエスを拘束する。




そして約2000年前、イエスの処刑が行われた。




イエスが処刑の歩いた道。悲しみの道とも言う。




その道を




【ヴィアドロローサ】と呼ぶ。




まずはその処刑の前にイエスが過ごした牢獄というか地下室。



IMGP8368.jpg




IMGP8363.jpg



ここは、イエスが死刑判決を受けた場所の跡地に建つ学校。



今ではその面影はなくて子供たちが元気に遊んでいた。




IMGP8354.jpg




学校のすぐ目の前にある【鞭打ちの教会】。


IMGP8358.jpg




ここでイエスは、鞭を打たれ、十字架を背負わされる。



IMGP8352.jpg

ヴィアドロローサ。十字架を背負ったイエスはここをあるく。

IMGP8351.jpg



IMGP8350.jpg



IMGP8333.jpg


ここでイエスはつまづく。

IMGP8342.jpg


IMGP8344.jpg



IMGP8337.jpg



ここでクレネ人のシモンがイエスに変わって十字架を背負う。

IMGP8334.jpg


イエスの支持者の一人ベロニカがイエスの顔に布をかぶせる。


IMGP8340.jpg



IMGP8339.jpg



なぜイエスが、このような酷い処罰を受けなければならなかったのか。




その最大の原因、ユダヤ教から嫌悪された点は、




【イエスが自ら「神の子」と称したこと】





それが一神教というユダヤ教の教義の冒涜にあたるとされたのである。




このヴィア・ドロローサは今も昔も繁華街。イエスの処刑は多くの人々の目にさらされたはず。




その後、イエスは2回つまづき、十字架を背負わされた【鞭打ちの教会】から約1キロ離れた




ゴルゴダの丘にたどり着く。




そこでイエスは、服を脱がされ、




十字架にはりつけられる。




これについては、多くの人が知っているだろう。




そのゴルゴダの丘があったと去れる場所に今は一つの教会がある。




それが【聖墳墓教会】




この教会こそがキリスト教の聖地であり、世界中からキリスト教徒が訪れる場所である。




IMGP8275.jpg


IMGP8277.jpg




ここは色々な言語が飛び交っていて、特別な雰囲気に包まれていた。




今まで色々な国で教会に訪れてきたけど、今までには感じたことのない空気がここにはあった。




人々の信仰心。




キリストの偉大さ。




宗教の力強さ。




さまざまなものを感じ、考えることが出来た。




そして、中東の、イスラエルの、エルサレムの、旧市街のこの地から全世界に広まったイエスの影響力を想像すると恐ろしくもあった。




イエスはどんな気持ちでここまで歩いたのだろう。




何を考えていたのだろう。




2000年以上も前の人の考え、教えが今も世界中の多くの人々に影響を与え続けている。




そう考えると不思議でしかない。



IMGP8300.jpg


IMGP8278.jpg


IMGP8282.jpg


IMGP8286.jpg


IMGP8292.jpg


IMGP8291.jpg


IMGP8295.jpg


IMGP8293.jpg


IMGP8289.jpg






こんな言い方をするのは、キリスト教徒の方に対して良くないのかもしれない。




でも、この地に来て、実際に自分の足で【ヴィア・ドロローサ】を歩いてみて、見学してみて色々なことを考えたし、考えさせられたし、感じたし、気づくことがあってここに来て良かったなと思う。




ここに来て改めて思ったこと。




神を信じる人、信じていない人、苦しんでいる人、頑張っている人、世界中の全ての人々のために、




世界中に平和が訪れることを願う




今日も読んでくれてありがとう

ポチをよろしくお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/05/18 15:14 ] イスラエル | TB(0) | CM(0)

ユダヤ教にそんな問題があったの?




Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア ⇒アルメニア・エレバン に滞在中。。。





アルメニアの隣は、イラン。




きっと日本人の多くがこの国の名前を聞くと、





危ないんじゃないか?





と思うかもしれない。





でも、実際に旅をしてきた方に評判を聞くと近年はまったく危なくないし、人も優しくて良い国だという意見をよく聞く。





外務省の渡航情報はどうなっているかというと・・・


渡航情報イラン




ほとんどのエリアは、


【十分注意してください】





これは、日本人がよく行く【バンコク】と同レベル。





多くの旅人がアルメニア・エレバンからイランへと向かう。





そして、れあれあ号も行くことにしました☆





世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~





どうも、るーたです。





イスラエル滞在中お世話になったリン。





毎晩夜遅くまで一緒に話をしました。





そしてある日の夜、れあれあ号はある疑問をリンにぶつけてみました。





「なぜイスラエル(ユダヤ人)はパレスチナを武力で制圧し続けているのか





過去にユダヤ人は国を奪われ、ドイツで迫害を受けて、ようやく今のイスラエルという国を手に入れたということを考えれば、




「この土地を2度と誰かに渡したくない」





と思う気持ちはもちろん理解出来る。





でもね、どうして迫害を受けてきたユダヤ人が武力を持ってパレスチナを制圧してるのか。





そこに疑問を持ったんだよね。





それを直接聞いてみると、リンは色々な話をしてくれた。





彼女はフランス出身で、30年前にイスラエル人と結婚しイスラエルに引っ越してきたとのこと。





ユダヤ人との結婚には色々と複雑な問題があり大変だったとのこと。





その主たる問題が【ユダヤ教への改宗】




ユダヤ教でなければイスラエルで働くことは出来ないかららしい。





何よりもまず、ユダヤ語を話せなければいけない。





裁判所へ行って何日も、一日9時間近い尋問を受けたんだって。





これはスパイかどうかを判断するためらしい。





今となってはリンはユダヤ語ペラペラ。





肩書きは【ユダヤ教徒】だけど、実際にはどの宗教も信じていないとのこと。





そんなリンがユダヤ教徒について様々な興味深い話を教えてくれた。












【ユダヤ教徒は一人でお祈りすることは出来ない。】





特定の人数以上の人が集まらなければお祈りが出来ないため、シナゴーグ(ユダヤ教でいう教会みたいなところ)や嘆きの壁(常にユダヤ人が集まっているため)にお祈りするために行くらしい。





それでも時々人が少なくてお祈りできずにウロウロしている人もいるんだって。





【KOSHER : コシャー(コーシェル)】




ユダヤ教には厳しい食事規定があり、食べてよいもの食べていけないものや、一緒に食べちゃいけない組み合わせがあったり、動物の屠り方、調理法などが細かに定められている。




例えば、うろこの無い魚や貝、豚は食べてはいけない。





肉と乳製品を一緒に調理・保存することを禁じられている。
(例えばチーズバーガーはNG)




冷蔵庫も肉と乳製品用の冷蔵庫に分かれている。




それぞれを食べるときに使った食器やそれを洗うスポンジも分かれている。




食事の取り方にもルールがあり、乳製品をとってから肉を食べるまでは少なくとも4~5時間間をあけなくてはならない。(逆もしかり)




多くのユダヤ人は、肉の日・乳製品の日と一日おきに分けている場合が多い。






【Passover : 過越 (パスオーバー・・・パソバ)】




毎年4月の中旬に行われるユダヤ教の祭り。




これはユダヤ人がエジプトから脱出して奴隷から解放されたことを祈る祭り。





ユダヤ教徒にとって特別な食事期間でもあり、その期間中は米・パン・パスタ・コーンフレークなどの小麦粉製品は接種せずに小麦粉を使わないマッツァーと呼ばれるものを食べる。




正確にはその期間の前に家の中にある全ての米・パン・パスタ・コーンフレークなどの小麦粉製品を処分する。(食べる。)




またその期間中は普段使っている食器を使わず、パソバ用の食器を使う。オーブンや冷蔵庫はすみからすみまで綺麗にする。中には買い換えてしまう人もいる。




この期間中はスーパーでパソバ用以外の食材を販売するのも違法で、パソパシールがついているものしか店頭に並んでいない。





これはあくまでも敬虔な人のみであり、そこまで敬虔では無い人々はその期間の前に普通の食材を買い込んでるらしい。





ユダヤ人のことを一般的に【コシャー】




敬虔なユダヤ人のことを【スーパーコシャー】




呼ばれており、彼らは自分達で作ったもの以外食べないらしい。また、ユダヤ教の休息日にあたる金曜日の午後から土曜日の午後に生産されたものや、ユダヤ教以外の人が作ったものも食べてはならない。




スーパーコシャーの話の中で最も驚いた話が、





『生理中の女性は、一緒に食事をしない。それは生理中の女性は汚いものと考えられており、生理中の女性に何かを渡すときも手から手へ渡すことは許されず、一度どこかに置いて、置かれたものを取るといったように渡さなければならない。』












これを知るだけでもユダヤ教って不思議な存在ですよね。









でもこれは一般的なイスラエル人の話。





そしてここイスラエルには超敬虔なユダヤ人が存在する。





彼らは容姿が異なるので容易に判別できる。





その超敬虔なユダヤ人は





【HAREDIM:ハレディム】と呼ばれている。



IMGP8318.jpg





【HAREDIM:ハレディム】はユダヤ教の全てのルールを守っている存在。





もちろん彼らはスーパーコシャー。





HAREDIM女性は外に出て働いている。





一方、HAREDIM男性が日々しなければならないこと、いわゆる彼らの仕事はただ一つ。





『祈ること。』




ユダヤ教の中で彼らは特別な存在で、ユダヤ教の全ての規律を守りただただ祈る。





彼らは、イスラエルの徴兵の対象にはなっていない。





そして彼らの家庭には、毎月一世帯ごとに国からお金が支給されている。





そして彼らの住居などの費用は彼らのコミュニティに国からお金が支給されていてそこから支払われている。





帽子の形の違いや服装の微妙な違いは、コミュニティの違いでもあるようだ。





IMGP8419.jpg

体を左右にふってお祈りしている。

IMGP8426_201405140005010d2.jpg


IMGP8610.jpg


P1011002_20140514000855da8.jpg




HAREDIM男性は、女性と目を合わせてはならず、握手もしてはいけない。





などなど、たくさんの規律がある。





宗教色の薄い日本人にとって、というかれあれあ号にとっては理解しがたい内容だった。




ユダヤ教はこういった特別な文化を持っていることもあり、その文化を守るためにも今の土地を必死になって守っているというのが現状のようだ。




パレスチナ≒アラブ人であり、イスラエルはパレスチナを制圧しているためアラブ諸国から批判にさらされているということも理由の一つとなっているようだ。





このことについてリンがさらに興味深いことを教えてくれた。





ユダヤ教内での問題について。





近年イスラエルの中で、HAREDIMが徴兵を免除されていたり、働いてもいないのにお金を支給されていることに快く思っていない人も増えてきていて分裂し始めているらしい。




最近になってその問題をクリアするために国の中で彼らも徴兵するか協議をし始めているそうだが難しい問題らしい・・・。





そして衝撃だったのは、HAREDIMのことを快く思っていない人々は彼らのことを裏でこう呼んでいるんだって。





【 PENGUIN :ペンギン 】





国民にパレスチナの問題や他の外国の問題に注視させて国内の問題から目を背けさせようとしているみたいだが・・・





この問題はいつか大きくなるんじゃないか・・・って。










問題が生じるのは仕方がないと思う。でも平和的解決、血が流れるような解決方法だけは選んでほしくない。





そう願うばかり。





「なぜイスラエルは武力で制圧しようとするのか?」





結果的に明確な答えはわからないとの答えだったけど、上述した様々なことが絡み合ってそうなってしまっているのかもしれない。





そしてリンは最後にこう言い放った。




「ユダヤ人は色々な意味でクレイジーだよ





って。リンの表情とこの言葉、その言い方に良い意味も悪い意味も含まれているなぁと感じざるにはいられなかった。




でも、色々と教えてくれてありがとう☆ リン



良い勉強になりました。また少し、知識が増えたような気がします。



今日も読んでくれてありがとう


ポチッとお願いします☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/05/17 07:10 ] イスラエル | TB(0) | CM(1)

考えることが多いパレスチナ観光。






Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア ⇒ アルメニア・エレバン に滞在中。。。





サッカー日本代表の発表があり、いよいよワールドカップ。。。





どこで日本代表を応援をしようかと悩んでいるれあれあ号です。






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




どうも、るーたです。




この旅では、ただ何も考えずに観光地を点々とするだけではなくて、色々と考えて勉強したいと常に思っています。





考えようとしなくても色々学びの多いバックパッカーの旅。





【パレスチナ】・・・正直ここに来るまでどんな問題なのか。正直パレスチナって何?っていう状態でした。





知っていると思っていてもそれはただの思い込み。





そんなこと、たくさんあると思います。





その思い込みを最低限の知識にするために、【パレスチナ】というところに行ってきました。





パレスチナ問題については、前回の記事をごらんください。

前回記事はコチラ




本当はパレスチナの中を色々と周りたかったんだけど、スケジュールの都合上日帰りで行ってきました。





訪れたのは、エルサレムから一番行きやすい【ベツレヘム】という街。




まず初めに向かったのは、 【生誕教会】





ここは、『イエス・キリスト』が生まれた場所とされている聖地です。





もちろん多くのキリスト教徒が訪れていました。





できる限り彼らの邪魔にならないように見学をしてきました。




IMGP8623.jpg


IMGP8633.jpg


P1011061.jpg


P1011055.jpg


P1011072.jpg


IMGP8642.jpg


IMGP8646.jpg


IMGP8648.jpg



実際はどこでキリストがどこで生まれたかははっきりしていないらしく、宗派によっても認識に違いがあるらしい。





でももしここで生まれたのが本当だとしたら・・・ここで生まれた一人の人が何千年もの間、人々に絶大な影響を与え続けている。




地球の裏側で、今でも影響を与え続けている。





そう考えると鳥肌がたった。





でもそれと同時に不思議なこともある。





世界中にキリスト教徒はいて、この生誕教会はキリスト教の中で重要な場所である。





キリスト教において、パレスチナもイスラエルも関係なくこのエリアは聖地なのである。





でもイスラエルに入国の際、別室に送られてこんな質問をされた。





「パレスチナに行くのか?」と。。。





でも、イスラエルに訪れる多くのキリスト教徒にはイスラエルもパレスチナも関係ない。





イスラエルを訪れる多くのツーリストは何に興味があるのか。





もちろん3つの宗教の聖地であるエルサレムに興味がある人は多いと思う。でも、それと同時にイスラエル&パレスチナの現状を知るためにこの地を訪れている人もたくさんいると思う。





「パレスチナに行くのか?」という質問にYESと答えたらさらにしつこく色々と聞かれるらしい。





だから行く予定があっても「NO」と答えなければならない。




現状を知るために行きたいのに自由に行けない。





聖地を巡礼したいだけなのに自由に行けない。





それを考えると【イスラエルって・・・???】と考えられずにはいられない。





中東戦争でイスラエルが領土を拡張して以降、イスラエルはパレスチナを制圧し続けている。





そのイスラエルに対して、というか世界に対してメッセージを発信するために描かれた有名な壁画がある。





その名も【バンクシーウォール】




生誕教会から歩けるとのことで歩いて行ってみることにした。





とぼとぼと歩き続けること約30分。





眼前に突然壁画が現われた。



IMGP8654.jpg



この壁の中にはパレスチナの人々が住んでいる。




IMGP8657.jpg


IMGP8656.jpg


IMGP8660.jpg


IMGP8659.jpg


ユダヤ人によって消されてしまった壁画もある。

IMGP8661.jpg


IMGP8662.jpg


IMGP8663.jpg


IMGP8668.jpg


P1011074.jpg


P1011076.jpg




僕は出来た人間じゃない。





本当に恥ずかしいけど、ここへ行くときも





「パレスチナの現状を見に行こう




くらいの軽い気持ちだったのかもしれない。





でも、このメッセージは僕の心にぐさぐさと突き刺さってきた。





戦争とは全く無縁の生活を続けてきた29年間。





でもここには確かにまだ戦いを続けている人々がいる。





彼らの前で「平和」という言葉は軽々しく口に出せない。





どうしたら彼らに【平和】は訪れるのだろうか。





イギリスはこのパレスチナの現状をどう受け止めているのだろうか。。。





きっとパレスチナの人々だけではなく世界には平和を求めて戦っている人、苦しんでいる人がたくさんいると思う。





日本にいたら【平和】について考えることなんて無かったと思う。






日帰りで行った【パレスチナ】






もっと他の場所も見たかったし、もっと多く人と接してパレスチナについて聞きたかった。それが心残り。





でもたくさんのことを考えさせられて、得るものがとても多かった。





この地を離れても・・・この地にいなくても関心を持ち続けることは出来る。





それは全て自分次第。





色々なことに関心を持って旅を続けたいと思う。





そしていつの日かパレスチナに平和が訪れることを願って・・・。



IMGP8676.jpg


P1011053.jpg


IMGP8650.jpg



今日も読んでくれてありがとう☆

ポチをよろしくお願いします


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/05/16 07:10 ] イスラエル | TB(0) | CM(2)

パレスチナ問題は知っておかないと・・・ね。






Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ アルメニア・エレバン に滞在中。。。





こうやって旅をすることで名前を聞いたことがある国がどこにあるのか、その国の首都はなんというところなのかを知ることが出来ています。




僕、頭悪いから本を読んでても、地図を見てても頭に入らないんだよね・・・。





アルメニアの首都エレバン、今日も日本ではあまり聞きなれない国で、その国の首都でこのブログを書いています。




世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




どうも、るーたです。




国境で別室送り&くだらない拷問タイムを過ごし、無事にエルサレムに到着したれあれあ号



イスラエルの物価は高い。そんな漠然とした情報だけを持っていたれあれあ号






今回カウチサーフィンでリンのおうちでお世話になりました☆




リンは、ユダヤ教徒☆ 現在は独身の一人住まい。。。





そんなリンのおうちに5泊も滞在されて頂きました。





そしてイスラエルに関する様々なことを教えてもらいました。





あまりイスラエルについて知らない人でも、【イスラエル】と聞くと、『ユダヤ教』『聖地』『戦争』といったものを連想するのではないでしょうか?




やっぱりイスラエルの記事を書く以上、この問題についてはふれておかないといけないと思うので触れておきます。





【パレスチナ問題】





僕も正直あまり詳しく知らなかったんだけど、イスラエルに行く前に色々と勉強したので僕なりに理解したことを簡単にまとめたいと思います。








まずは、話をする前に、





【ユダヤ人 ≒ ユダヤ教徒】【アラブ人 ≒ イスラム教徒】





と思ってください。





昔々、今のイスラエルの土地には、ユダヤ人が築いた王国がありました。





そしてその中心には、立派なユダヤ教の神殿がありました。





ある日、ローマ帝国がその土地を求めて侵攻してきました。





当時、力を持っていたローマ帝国は実に強くユダヤ人はその土地を追い出されバラバラに散ってしまいました。





それから長い月日が流れ、ローマ帝国が徐々に衰退し、その土地にアラブ人が住むようになりました。





そしてその土地を【パレスチナ】と呼ぶようになりました。





しかしその後、今度は力をつけていたオスマン・トルコ軍が侵攻してきて、アラブ人もその土地を奪われてしまいました。





またまた長い月日が流れ、1900年代に入り、ヨーロッパの国々がいろいろなところに植民地を作っていた頃の話です。




イギリスは当時イギリスの植民地であったインドを秘かにドイツ&オスマントルコが狙っていることを知りました。





それと同時にイギリスは中東に目をつけていました。





ここからが重要です!!





イギリスはアラブ人に対し、





「オスマントルコから独立させてあげるから武器ちょうだい





と言いました。そして当時お金をあまり持っていなかったイギリス。





今度は、お金持ちになっていたユダヤ人に





「パレスチナに国を作ってあげるからお金ちょうだい





と言いました。





ここで矛盾が生じます。





アラブ人をオスマントルコから独立させるといった土地は【パレスチナ】のこと。





その【パレスチナ】に国を作ってあげるとユダヤ人に持ちかけたのです。





当然イギリスは、その土地が同じところを意味していることを知っています。





ただ、目先の闘いに頭が一杯だったのです。





そして第一次世界大戦が勃発。





アラブ人とユダヤ人の協力もあって、イギリスは見事に勝利☆☆☆





【パレスチナ】が自分達も者になったと思ったユダヤ人とアラブ人。当然パレスチナに向かいます。






当時ユダヤ人は、ヨーロッパでキリスト教徒に変人扱いされ苛められていました。






その後の第二次世界大戦のときにユダヤ人はドイツから迫害をうけたこともあり、





ユダヤ人は以前王国を築いていた土地【パレスチナ】に帰ろう!!





聖書に書いてある、『神様はユダヤ人に約束の土地を与える』というのは【パレスチナ】に違いない!





パレスチナに帰るぞ!という運動が起きました。





これが、【シオニズム】です。





でも急にユダヤ人が来ても困るのはパレスチナにずっと住んでいたアラブ人。





当然ながら次々に問題が起きます。





この問題の発端を作ったイギリスは、お手上げ状態となって勝手に国連にバトンタッチ。





ドイツでの迫害など、ユダヤ人を擁護するヨーロッパの国の影響もあって国連はユダヤ人に建国することを認めました。





それが【イスラエル】





もちろんパレスチナにいるアラブ人だけではなく周辺国のイスラム諸国も突然の異教徒の建国に納得がいきません。





そこで戦いが始まりました。





【第一次中東戦争】





そのときにイスラエルのバックについたのがアメリカ。





アメリカがイスラエルを指示した理由は実に単純。





アメリカにも多くのユダヤ人が住んでいて、その人々からの指示を得たいから。反感をかいたくないから。





アメリカの支援もあり、イスラエルは国連が決めた以上の土地を獲得します。





そして土地を奪われたアラブ人は難民となってしまいます。





これが【パレスチナ難民】




アラブ人は、その後何度もイスラエルから土地を奪い返そうと努力します。





しかしその都度、アメリカがイスラエルを支援します。





こういうわけで、アラブ諸国はアメリカが大嫌いなのです。





・・・





・・・





今もこの問題は解決していません。











そしてもう一つ重要なこと。





ユダヤ人がローマ帝国に侵略されて追われ、後にアラブ人がその土地に住み始めたとき、ユダヤ人の立派な神殿の場所にアラブ人が『岩のドーム(イスラム教第3の聖地)』を築いてしまいました。





そして今、ユダヤ人はもともとあった神殿(現:岩のドーム)の方角に向かって、





壁の外から壁に向かって祈りを捧げています




それが、





【嘆きの壁】です。





少しは勉強になりましたか??





今日はこのあたりで失礼します




今日も読んでくれてありがとう



ポチッとよろしくお願いします



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/05/14 07:10 ] イスラエル | TB(0) | CM(2)

聖地ってどんなとこ??





Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア・トビリシ に滞在中。。。





ワイン飲み放題の安宿に滞在しています☆




ワイン・コーヒー・紅茶飲み放題、キッチン使い放題、洗濯機使い放題、夕食付きで二人部屋一室1,200円。





ネットさくさく♪




居心地良すぎます☆ ワイン飲みまくってます二日酔いバンザイ







世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




どーも、るーたです。




エルサレム~~~




キリストの聖地エルサレム。





イスラム教 第3の聖地エルサレム。





ユダヤ教の聖地エルサレム。





2日目は、街中をブラブラ☆ この日は観光というかとにかく町歩き☆


CIMG2367.jpg

CIMG2340.jpg


CIMG2364.jpg

キッパーと呼ばれるユダヤ教の民族衣装の帽子(男性がかぶる☆)

CIMG2366.jpg


CIMG2346.jpg


CIMG2351.jpg


CIMG2348.jpg


とにかくあても無く歩きまわる☆



CIMG2345.jpg


P1010923_2014050822201406f.jpg


世界最古のパレスチナにも記載されている【カルド】という繁華街☆ここは今でもメインストリート

P1011042.jpg


イスラエル国旗☆

IMGP8321.jpg


地図やガイドブックに頼らずとにかくうろうろ。ウロウロ。

P1010899.jpg

サンドウィッチ10シェケル(≒300円)

P1010904.jpg


がっつく☆
P1010906.jpg



夜になり、たくさんのユダヤ人が歩いて同じ方向に向かっているのでついていくことに。




その先にあったのは、




【嘆きの壁】(Wailing wall)




壁の向こう側にはイスラム教の【岩のドーム】が。




昔々、ユダヤ教の神殿があったところ。ローマ帝国に侵略されて神殿は破壊される。そのときに残った西側の壁。




それが、




【嘆きの壁】




イスラエルでは、金曜日の午後から土曜日の午後まで『安息日』と呼ばれ、電車を始めバスも全て運休になる。




そして金曜日の夜は、多くのユダヤ人がこの壁にあつまり祈りを捧げる。




でもこの日は金曜日じゃない。





けど大量の人が集まっていた。





金曜日は、敷地内へのカメラの持ち込み・立ち入りの制限があるのでこれだけの人が集まっていたのはラッキーだった。





黒い衣装をまとった人々が集まり祈りを捧げる光景は、異様そのもの。


IMGP8241.jpg


IMGP8244.jpg


IMGP8246.jpg


IMGP8248.jpg


IMGP8254.jpg


IMGP8256.jpg


IMGP8263.jpg


IMGP8262.jpg


IMGP8264.jpg




この人達がどんな人たちなのか、どんな宗教なのか、まだ知らずにただただこの景色を見てその異様さに驚いていた。





そして、池上さんの番組で見た『嘆きの壁』。ついにここまで来たんだなと実感。。。





物価の高いイスラエル。





朝から晩まで歩き回ってくったくた





今日はこの辺で☆


読んでくれてありがとう

ポチっとよろしくお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
[ 2014/05/13 07:10 ] イスラエル | TB(0) | CM(0)

別室送り&拷問!!




Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア・トビリシ に滞在中。。。





最近、足を洗っても洗っても、足が臭くてへこんでいます。





どうも、るーたです。





世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




ペトラ遺跡を満喫したれあれあ号





夕方4時のJETTバスに乗って、アンマンへ戻ります。
切符は乗車前に買えますが、あくまで予約者優先なので乗れないこともあるようです。





そして翌朝・・・。





ついにイスラエルに向かう日がやってきました。





旅人の間では、イスラエル国境はやっかいものというのは有名な話。





詳細は以前にもブログで書いているのでそちらをご覧下さい。


ノースタンプって・・・???




気持ちを引き締めて国境へ向かいます





国境へはタクシーで20JD(≒2900円)



P1010464.jpg





約一時間程で到着。





まずはヨルダン側の出国手続き。





ここでも、スタンプを押されてしまうとスタンプに国境名が書いてあり、イスラエルに入ったことがばれてしまうので「アナザーペーパー」と言って、スタンプを別紙の小さい紙に押してもらいます。





出国税一人10JD(≒1450円)を支払い、




すんなり完了。





今度はイスラエルのイミグレに向かうのですが、そこまでは距離がありシャトルバスにならなくてはなりません。





そのバスが超ボッタクリ




数十分の距離で一人6.5JD(≒945円)

CIMG2334.jpg

CIMG2336.jpg





イスラエル側の国境につくと多くの人が並んでいます。






ドキドキ





ドキドキ






ドキドキ






れあれあ号はアンマンでこんな情報を入手していました。





「スタンプのシステムが変わって名刺サイズの紙を渡されるようになったので、スタンプを押されることはまずない。」





と・・・。





じゃあ「ノースタンプ」なんていわなくて良いかぁと思っていると・・・





前に並んでる外国人観光客、みんな口々に





「ノースタンプ





「ノースタンプ





「ノースタンプ





と言っている。というか大きな声で叫んでいる。。。





言うべきか・・・言わぬべきか・・・





よし、スマートな感じで行こう




あえて・・・言わない





そしてこんな情報も入手していた。綺麗な女性なところは厳しい。





じゃあ、デスクに座っている人の顔を見る。





一番親近感のわくお顔をお持ちの女性のところに並ぶ・・・。







そしてついに順番のとき・・・





パスポートを渡す。







ドキドキ・・・





ドキドキ







相手「あんたたち、結婚してるの?」





「はい





相手「ふ~~~ん。」





「で、あんたたちの仕事は??」





「主婦です





「バーバー(床屋)です





相手「なにそれ。」





「ヘアーカットです





相手「あ~。」






「イスラエル何しにきたの?」






「観光です。」






相手「・・・」





パスポートを見つめる。





他のスタッフを呼び、さらに10分ほどの質問を受ける。





どれもくだらない質問ばかり。





そして・・・





相手「オッケーじゃあそっちで待ってなさい





「え゛~~~~~~





・・・





そして待つこと5分。





他のスタッフが来る。





相手「こっちに来なさい





・・・





まさかの別室送り・・・。





相手「あんたの名前は?」




(内心)パスポート見ればわかるだろーよ




相手「あんた達結婚してんの?」





相手「職業は?」





(内心)同じこと聞くなよ。





相手「イスラエルに何しに来たの?」





(内心)こんな身なりしててビジネスのわけないだろボケ




相手「イスラエルのどこに行くの??」





(内心)くだらない。そんなのみんな嘘つくにきまってるだろ。





・・・





・・・






そんな、実にくだらない質問をされ続けること約40分。






ようやくビザをGET





そして解放。






いや、ほんとね~~~実にくだらない。






ただの彼らの暇つぶしとしか思えない。






いやがらせとしか思えない。






でもまぁ、無事に入国できて良かった





一安心





外に出てバスを探す☆


CIMG2338.jpg


CIMG2339.jpg


CIMG2337.jpg



国境からダマスカス門まで一人42シェケル(≒1260円)





無事にエルサレム到着~~~~~





最初はドキドキしたけど、途中からイライラした国境越えでした。






内心はイライラしながらも表情はニッコニコ





圧迫面接みないな感じでした





これからイスラエルに入るみなさん、おそらくですが、別室送りにされても






大した質問はされません。。。






安心して圧迫面接に耐えましょう





今日はこのへんで☆




今日も読んでくれてありがとう


ポチッとよろしくお願いします☆

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
[ 2014/05/12 07:15 ] イスラエル | TB(0) | CM(0)

ずっと来たかった場所。







Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジアトルコ・トラブゾン に滞在中。。。







こんにちは。






最近、久しぶりに洗濯機を使って洗濯したら、







中身が見えないくらい水が真っ黒になって、びっくりしたつむです。





日本では洗濯機を覗き込むことがないだけで、






実は同じぐらい汚れてるじゃないかと思ったりしてます。






でも手洗いをしてると、洗濯機ってありがたい♪♪






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!







世界一周を夢見て、るーたといろんな国の写真を見ながら話していた頃から、







ここは絶対行きたいね!!って決めていた場所の1つが【ペトラ遺跡】







行く前に【インディジョーンズ】の映画を見るか迷ったけど、






せっかくその場所に行くんだから、映画で見るよりまずは、肉眼で見たほうがいいよね!!





って、ことになり映画は見ず・・・・・・。






今回は、ほぼ写真でお送りします。




ゲートをくぐり進むと、こんな感じの景色が広がります。

IMGP8041.jpg


崖と崖に挟まれて、すっごく静か。

CIMG2325.jpg



IMGP8093.jpg



IMGP7948.jpg



P1010594.jpg

P1010859.jpg







そして、





こんな道をずっと進むと、

P1010632.jpg






突然、あの景色が・・・・・・















CIMG2318.jpg




IMGP8103.jpg





あまりに不意打ち過ぎて、






完全に『あ・・・・あ、これ・・・これやん!!』って慌てちゃいました。






そんな対面だったけど、やっぱり見れてよかったと思う景色でした。



CIMG2297_20140511002421ad0.jpg





【ペトラ遺跡】と言えばのこの景色・・・・・・






ここは、まだまだ前半部分・・・・・






ラクダにいっぱい出会いました♪


IMGP8211.jpg


かわいいよね♪♪ 

IMGP7966.jpg


IMGP8001.jpg




進むと、壮大な景色♪



IMGP8114.jpg



IMGP7980.jpg



IMGP8120.jpg



IMGP8134.jpg



P1010773.jpg



P1010710.jpg



P1010774.jpg



IMGP8150.jpg



IMGP8155.jpg



IMGP8171.jpg



ちょっと休憩。

CIMG2304.jpg


P1010809.jpg


P1010792_201405110339021be.jpg




ここから、3、40分登って、、、、、

P1010784.jpg



哀愁ただようロバとたわむれ、

IMGP8192.jpg





到着!!!

IMGP8177.jpg




遺跡を見ながら、サンドイッチを作っておやつタイム。


P1010803_20140511034053dbf.jpg




いや~この場所まで結構歩きました(´Д`)♪





ここ以外にも、トレッキングするルートがいっぱいあるようです☆





ヨルダの子供は、すっごく人懐っこい。


P1010569.jpg



P1010570.jpg





帰りは、宿まで歩きました♪




この日は、夕空がきれいだったな~☆

IMGP8052.jpg


IMGP8065.jpg








宿では、屋上で夕飯作り♪♪

IMGP8075.jpg






2日間を総まとめにしちゃいましたが、ホントに大満喫しました☆






高いけど、最高でした




今日も読んでくれてありがとう☆



ポチをよろしくお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  











[ 2014/05/11 06:20 ] ヨルダン | TB(0) | CM(0)

こんなに、高いの???







Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア・トビリシ に滞在中。。。









こんにちは☆






最近、6月にあるワールドカップの日本戦をどこで観戦するかに、






悩んでいるつむです。






ギリシャ戦はギリシャで見る?のもいいかな・・・・・






そもそも、日本戦って海外で放送されるのかな??????





早く、メンバー発表されないかな~~~~ワクワク( ・∀・)








世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










無事にるーたの新しいパスポートの受け取りが完了して、








アンマンにしばしの別れを告げて、夢に見たあの場所へ・・・・・。








またアンマンに戻ってくる事が分かっていたので、大きなバックパックは【マンスールコーダホテル】で預かってもらうことに。








荷物が少ないと、ホントに移動って楽♪♪








旅に出る前から、思い描いていた場所のひとつ・・・・・・・・








【ぺトラ遺跡】へ☆☆






観光バスも出ているのですが、観光バスは早朝出発な事もあり、






れあれあ号は乗り合いミニバンで行くことにしました。






ホテルから西バスターミナルまでタクシーで行き、そこからミニバンに乗り継ぎます。







ホテルから西バスターミナルまでは、2JD(290円)







ミニバンは客が集まり次第出発なので、どのくらい待つかはそのときによって違うらしい・・・・







ただ、金曜日は午前中じゃないと人が集まりにくいという情報をホテルで教えてもらい、








金曜日出発だった“れあれあ号”は、朝8時30分ごろ、ホテルをでました♪







ラッキーなことに、バスターミナルに着くと客引きのおじちゃんが飛んできて、ほとんど待たずに出発♪







ただこのミニバン観光客価格が出来ていて、人が集まりにくい日だったこともあって交渉も困難。

IMGP7915.jpg








すぐに出発できそうだったので、7.5JD(1087円)で乗り込みました♪







すっごいスピードを出すドライバーのおっちゃん・・・・・








出来れば、この日もペトラに入りたかったから、早く着くのは嬉しいけど。







怖くて、寝れなかった( ´゚д゚`)







途中立ち寄った休憩所で買った、ハムのピタサンドが安くてすっごいおいしかった♪♪

IMGP7916.jpg


IMGP7918.jpg







15分ほど休憩をして、再出発!!


IMGP7922.jpg






30分ほどすると、ドライバーのおじちゃん・・・・・・







今度は、めっちゃ眠そうo(__*)ZZz






起きて~!!!前見て~!!Σ(ll゚ω゚(ll゚д゚ll)゚∀゚ll)━!!







窓をあけたり、いろんな人に電話して眠気を紛らわせようとしてるけど、めっちゃ眠そう。







最後の最後まで、ヒヤヒヤだった。







日本に居ても、事故にあう可能性ってあるけど、海外に居るとより身近に感じる。








おかげでほとんど寝れなかったけど、3時間かかって無事に【ペトラ】がある町に到着。







思っていたより早かった☆そりゃ、あんなにとばせばね・・・・







ドライバーのおっちゃんに『どこのホテルに泊まるんだ?』と聞かれ、







【マンスールコーダホテル】で教えてもらっていた【バレンタイン】の名前を出すと、








『あ~OK!OK! じゃあ、ここで降りて』と言われ、降りると、








【バレンタイン】の車が来ていました♪







多分、ドライバーと連絡を取って時間を合わせて客引きに来てるんだろうな~。







どうやって行こうか考えていたので、ありがたい。。。







【バレンタイン】は、聞いていた通り、






ドミトリー 1人 3JD(435円)





ここが、ペトラでは最安値じゃないかな?






5JDで、夕飯ビュッフェを付けれると何度も勧められたけど、食料を持ってきていたので断りました。







荷物を置いて早速【ペトラ遺跡】へ!!







ホテルの受付でペトラ遺跡までの行き方を聞くと、







『もう、今日行っても何も見れない。時間ないよ。』
との事。






え?でも、まだ13時だし・・・・・






何度確認しても、今日は無理だよ・・・・の一点張り。








納得いかないので、とりあえず行ってみようと、ホテルを出る。








町にいた子供達に、『ペトラどっち?』と聞いて行き方を教えてもらっていると、







タクシーが止まって、『ペトラに行くの?今から、そっちに行くから、1JD(145円)で乗せてあげる』








と声をかけられたので、乗せてもらうことに。








チケット売り場到着!!








なんか、すっごい近代的・・・・・

IMGP7926.jpg







イメージと違う・・・・・








そして、強気な値段設定。。。。

IMGP8055.jpg

IMGP8054.jpg










高すぎるよね・・・笑 でも、見たいんだよね。








案内所にいたお兄ちゃんに『まだ、時間大丈夫かな?見る時間ある?』と尋ねると、







『まだ時間は十分あるよ!』と地図で、このあたりまでは余裕で行けるよ!と詳しく説明してくれたので、







2日券を買って、入る事に。






インディージョーンズの世界へ~!!!!!!!!!!!!


IMGP7931_20140509005729441.jpg



IMGP7934_2014050900573355b.jpg




馬がよく似合う♪

IMGP8035.jpg




CIMG2283.jpg








そしてこの道をず~っと行くと・・・・・・・・・・・



IMGP7946.jpg






あの場所が・・・・









写真が多いので、続きは次回♪





今日も、読んでくれてありがとう♪



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/05/10 06:55 ] ヨルダン | TB(0) | CM(0)






Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア・トビリシ に滞在中。。。








こんにちは。





久しぶりに自炊できる宿に来たのに、毎日パスタ作ってるつむです。






滞在中に材料を使いきろうと思うと、どうしても同じメニューになっちゃいます♪





でも、やっぱり自炊ができるって幸せです(*´∀`)








世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~










前日にアンマンの日本大使館にるーたのパスポートの更新を申請した"れあれあ号"






『パスポート作成ができるか、分かり次第連絡します。』との返事をもらっていたので、







とりあえず、アンマンの町をブラブラすることに♪♪




IMGP7884.jpg




一見、南国なんじゃないかと思ってしまうような道路☆






ヤシの木って明るいイメージだなぁ






近くでお弁当を購入☆

IMGP7885.jpg






とりあえず、ローマ劇場へ。

P1010493.jpg


P1010501.jpg





ローマ劇場広場では、みんなのんび~り過ごしていました♪♪






町を見渡せる展望台に行こうと、地図を参考に彷徨っていたら、






遊んでいた子供達が、『あっちだよ~!』と教えてくれました☆





ヨルダンは、子供も大人も人懐っこくて、優しい。

P1010567_20140508211624166.jpg





教えて貰った場所を登っていくと、到着~!!!

IMGP7904.jpg





でも、あれ??っていう違和感・・・・・






ここって、アンマン城・・・?






いつのまにか、アンマン城に来ちゃってたみたいです。

IMGP7892_20140508210309401.jpg




P1010512.jpg



P1010545.jpg



P1010558.jpg





景色のいいところで、ランチタイム☆



豆のペースト【フモス】
P1010550.jpg


【ファラフェル】

P1010551_201405082116213b1.jpg



P1010518.jpg





実は、ちゃんとしたゲートがあって、本当はそこから入らなきゃいけないらしいんですよね・・・・・





なので、ランチ食べて写真だけ撮って、来た道を戻って、街に下りました。







ヨルダン国旗☆
P1010532_2014050821145448b.jpg





帰りに、ホテルの近くの市場へ。






客引きの声のが響き渡っていて、活気があって楽しい♪♪



P1010477.jpg


P1010476.jpg




そして、最後にドネル・ケバブを食べて宿へ戻りました☆

IMGP8233.jpg




アンマンは、観光というより、町をぶらぶらするのが楽しかったかな~☆






今日も、読んでくれてありがとう♪♪




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  



[ 2014/05/08 21:37 ] あいさつ | TB(0) | CM(0)

ヨルダンの有名な宿・・・・










Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア・トビリシ に滞在中。。。











こんにちは。つむです。







リアルタイムでは、カザフスタンのアクタウからアゼルバイジャンのバクーのフェリー旅を終え、






グルジアのトビリシまで移動してきました。






いつ来るか分からないフェリーを待ってアクタウの何も無い港で2泊・・・・・・







気づいたら、誕生日を迎えていました( ・∀・)





出国審査のときに、『昨日、誕生日じゃない♪♪どこかでお祝いしたの??』







『いや、この港でフェリー待ってて・・・笑』って言うと、








あら~かわいそうにと軍服を着た人たちが【ハッピーバースデー】の歌を歌ってくれました♪♪







こんな誕生日は、もう2度と味わえないだろうな~と思います。笑








軟禁生活を終え、グルジアの宿で久しぶりにゆっくりしています♪♪






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








ドバイを足早に観光し、飛行機で次の目的地へ。







翌日の早朝出発だったので、夜遅めに空港へ行き、空港で寝ることに。







ドバイシャルジャ空港は、そんなに大きくない空港なので、ベンチも少なめ・・・・・







2階のろうかにあるベンチを確保。







あ~でもないこ~でもないと寝やすいポジションを探するーた。







そして、やっと見つけたポジションがこれ。笑

P1010456.jpg


P1010457.jpg






いろいろ突っ込みたかったけど、






すっごい眠いから、いいや・・・・一応写真だけ撮っときました。







翌朝、半分寝ぼけた状態で飛行機に乗り込み。








初の【エアアラビア】







離陸前の救命胴着や酸素マスクの説明映像の登場人物を全部子供が演じていてすっごくかわいかったです♪







普段は、軽く耳を傾ける程度ですが、ついつい見ちゃいました。








目的地までは約3時間のフライト。。。。






ほとんど、寝てました。







そして・・・・・・・・・・・







18カ国目 ヨルダンにとうちゃ~く!!!!!






飛行機を降りて、入国審査へ向かうと、そこには長蛇の列・・・・・・・








『これ、時間かかりそうだね・・・・・』

れあれあ号は、先にトイレに行ってから並ぶことに。







るーたを待ってる間、並んでいるカウンターを見てて、ふと思い出した。





『日本人はビザいらないから、他の国の人が並んでても、その列に並ぶ必要はない。』






そんなことを、ブログで読んだ気がする・・・・・









見渡してみると、係員が座ってるのに一人も並んでいない窓口が・・・・・・








るーたにも話して、知らないふりして、とりあえず空いてる窓口に行ってみよう♪ってことに。










もし、だめなら『あっちに並びなさい。』って言われるだろうし。








ちょっとドキドキ・・・・・・・( ´゚д゚`)








窓口に行くと、係員のおじちゃんが『ジャパン???』って声をかけてきた。








『はい。』と答えると、『Ok!Ok!』と言って、すんなりスタンプ押してくれた。








ホントにここでいいんだ~と一安心。









並んでいる列に韓国や中国の人もいるので、ついついそっちに並びたくなりますが、







日本人は向かって左端にあるカウンターで入国審査してもらえます。







というより、長い列に並んでも、『日本人?あっちのカウンターにいって』っと言われるらしいです。











無事に荷物も受け取り、バスでアンマン市内へ。








空港から、アンマン市内へ行くには空港バスでサークル7まで行き、








そこから、426バスに乗り換えます。









ただ、れあれあ号は、サークル6近くにある日本大使館に用事があったので、








サークル7からサークル6まで歩いて向かいました。








その途中にスーパー(Tesco)が入った大きなショッピングモールも発見☆

IMGP7877.jpg






いや~遠かった・・・・・・坂きつかった・・・・・・








無事に日本大使館に到着☆☆







ここに来たのは、るーたのパスポートの更新と私のパスポートのページを増補するため。





多くの国が、パスポート有効期限の残存期間が6ヶ月以上ないとビザ申請できないらしい。








ヨルダンの日本大使館でパスポート更新ができるらしいという情報を頼りに来てみたけど、









パスポートを作る機械がなくて作れない場合もあるなんて情報もあったから、若干不安。









中に入ると、テレビでNHKドラマの【ごちそうさん】が放送されていました。








なんか、ほっとするな~♪♪








本題のパスポート・・・・・・・








ページの増補は問題なく出来ました☆☆





るーたのパスポートの更新については、




『今、パスポートの機械に不具合があって、ここで出来るかも分からない状態で、仮に出来たとしてもいつになるか分かりません。





本日、大使が不在で、この場での正確なご返答が出来ないので、





必要書類だけ提出頂いて、確認が取れ次第、こちらから連絡します。』
ページの増補は、その場で(30分ほど)してくれました。








不安が残る中、その日は大使館を後にしたれあれあ号。








※2日後、日本大使館からメールが・・・・・・





『新しいパスポートが出来たので、取りに来てください。』

      




え~!!もう作ってくれたんだ!!!




この対応・・・・・・なんか日本だなぁ~





感謝感謝です。









さてさて、話は戻って,





サークル6から、426番のバスに乗ってアンマン市内へ。

IMGP7878.jpg





市内には、20分ほどで着きます。






まずは、ホテル探し・・・・







アンマンで泊まろうと決めていた“マンスールコーダホテル”目指します。







場所がよく分からなかったので、近くまで行って、町の人に聞くとすぐに教えてくれました☆





【マンスールコーダホテル】
IMGP7879.jpg






ここは、そもそもこのホテルの名前は、2004年にイラクでテロリスト集団に殺された香田証正さんの名前からつけられたものです。






当時香田さんはイラクへ行く前にアンマン市内にある【クリフホテル】に滞在しており、
そこからイラクへと向かったのです。







その当時の情勢から【クリフホテル】のスタッフであったサメールさんは、香田さんのイラク行きを反対しました。








しかし、自分の目でイラクの現状を見てみたいという意思が固かった香田さんの気持ちに負けて、








サメールさんは、依頼されていたイラク行きのバスのチケットを手配しました。








聞いた話によると、その当時はイラクには外国人は皆無の状態。








外国人がいるのを隠すため、香田さんと同じバスに乗っていた乗客たちが、







休憩時にも、香田さんの飲み物やご飯を代わりに買いに行くなどして、彼を匿ったそうです。








到着後、いくつかのホテルに宿泊を拒否されたそうです。








その後、過激派集団に捕まり、日本中にあのニュースが流れた。








香田さんが拉致され、殺された事を知ったサメールさんは、イラク行きのチケットを手配した事を悔い、









彼の死に心を痛めたそうです。







そして、新しいホテルをつくる際、香田さんのことを忘れないようにと、







【マンスールコーダホテル】という名前をつけたそうです。









名前をつけたサメールさんは、現在は日本人女性と結婚して、日本にいるそうです







ダブルルーム10JD⇒8JD(1160円)に値下げしてくれました。







朝食・Wifi付き。








噂どおり、日本人がいっぱい。







久しぶりに日本人といっぱい会ったけど、やっぱりこういうのも楽しいな☆






夕飯を探しに、ホテルの近くをブラブラ。








聞いてた通り、店で食べると高そうだな~。







途中、揚げたてチュロス発見☆0.15JD(22円)

P1010481.jpg


P1010480.jpg





蜜に漬けていて、見るからに激甘なんだけど、食べてみると嫌な甘さじゃない。






アンマン滞在中、何度も食べました♪








ホテルの近くに地元の人が集まっている店があったので行ってみると、






おいしそうな匂いが♪






ピザ??の薄い生地の間にひき肉とトマトと玉ねぎのみじん切りが入ってる・・・

P1010483.jpg






注文するとお兄ちゃんが、ザクザクと4つに切ってくれる♪

P1010484.jpg



1枚 1.1JD(159円)





さらに、きゅうりのピクルス付き☆







これを2枚買って、部屋で食べました☆






これが、すっごいおいしい(*´∀`)ボリュームもたっぷり☆







羊肉なので、多少癖がありますが・・・・・持参のケチャップをかけて食べると更においしかった♪







そして・・・・・南京虫が出ると噂のこの宿・・・・・・








遭遇しませんようにと祈りながら、眠りにつきましたo(__*)ZZz







この日は、問題なく朝を迎えましたが、







数日後、やっぱり会っちゃいましたヾ(;´▽`A``ナンキンサン。







噂は、本当のようです。ただ部屋にもよると思います。






今日も、読んでくれてありがとう♪♪






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
[ 2014/05/07 00:46 ] ヨルダン | TB(0) | CM(0)
VISITOR
これまでの訪問者数
訪問ありがとう!
☆地球環状線 運行状況☆
スマイル街道前進中☆
  プロフィール

  るーた & つむ

Author:  るーた & つむ
:れあれあ号
(LeaLea)

乗務員 :
     旦那 るーた  
     嫁 つむ  
                
About us  :
      るーた(1984年生)
       A型東京都出身
         趣味(旅行)

      つむ(1988年生)
       O型大阪府出身
       趣味(昼寝、散歩)    

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。