スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インドネシアの温泉チパナスと大量の南京虫。 


Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(22日間) ⇒ ラオス(9日間) ⇒ タイ(15日間) ⇒ マレーシア(8日間) ⇒ ミャンマー(11日間) ⇒ マレーシア(11日間) ⇒ ブルネイ(3日間) ⇒ マレーシア・コタキナバル ⇒ インドネシア・バリ島 に滞在中。。。

世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




どうも、るーたです☆




マー君、20連勝おめでとうワーイ♪\(^ω^\)( /^ω^)/ワーイ♪




14時間の移動の後、ぐったりしていた“れあれあ号”・・・・




マー君20連勝のニュースを見て、大興奮♪♪




本当に、元気になりました☆マー君ありがとう!!







さてさて、れあれあ号インドネシアで温泉を楽しんできました☆





向かう先は、チパナス☆チパナスは温泉っていう意味らしい☆





バンドンでお世話になった、Arimbi HOTEL☆




インドネシアに入る前に色々調べてると、色んな人のブログやコメントに『インドネシアの安宿には南京虫がいるところが多いので注意』という記載が多くかなり警戒していたれあれあ号




P8290084[1]





このArimbiホテル(85,000Rp≒850円)も南京虫がいてもおかしくないほどベッドがジメジメで換気なんてほぼ不可能な設計の部屋。




蚊帳を張って、ビニールをしいてその上に布(ミャンマーのロンジー)を広げて、部屋の電気はつけたまま寝ることに。




無事に朝を迎えたれあれあ号




チパナスの行き方は、『ガルッ』という町からという情報しかなかったため、駅のツーリストインフォメーションへ。。。


P8290082[1]




ARIMBIホテルから一番近い車が走る道路からシティバス(3,000Rp≒30円)に乗り込み、約30分。




バンドンのメインバスステーションである、チチャフムバスステーションに到着。




バスターミナルのおっちゃん達がインドネシア語で「どこへ行くんだ」と声をかけてくるので、『ガルッ』って答えてたら、あっちへ行け、こっちへ行けってたらい回し(*´д`)=з



『ここはインドか!?』って思っちゃったよ。ようやく一人の英語を話せる人に出会い、ここで待ってなと教えてもらい、約一時間後に無事にバスに乗り込むことに成功☆




バンドン・チチャフムバスターミナル ⇒ ガルッ までは、約3時間。




15,000Rp(≒150円)。この旅で唯一ローカル価格で乗れたであろうこの区間。




無事にガルッに到着すると、たむろしている男性陣が一斉に声をかけてくる。




が・・・誰も英語が通じない・・・。




一人の若い男の子に、『チパナス!!』と告げるとアンコタ(乗り合いワゴン)に案内してくれた☆




ラッキー☆と思い、『トゥリマカシ!!≒ありがとう☆』と告げてドライバーに値段を確認すると5,000Rp(≒50円)。高いなと思いながら、まぁ良いかと思って乗り込むと、




出発した瞬間、ドライバーの運ちゃんがうちらを案内してくれたお兄ちゃんに2,000Rpをあげてる┐(´∀`)┌




おぁ~~~あんだーすたんど。




バスターミナルにたむろしていた彼ら、案内料で金稼いでるんだ





路上でもなくちゃんとした基点となるバスステーションなんだから看板とか停車位置作れば良いのにと思っちゃう。でも彼らの仕事がなくなっちゃうからそれは出来ないのかな???




出発して2~3分後「チェンジチェンジ!!!」とドライバーが車を止める。。。




てっきり5,000Rpはチパナスまでの料金かと思ったら、チパナス行きのアンコタが出ているジャンクション(シンパンリマ)までだったらしい。




3時間のバスが15,000Rp(≒150円)だったのに、2~3分で5,000Rp。




高すぎる




ドライバーに苦笑いしながらそりゃないよという仕草をすると他の乗客たちがそれを見てか苦笑い



まぁ観光客だから仕方ないか~と気を取り直して、アンコタを乗り換えてチパナスへ!!




20~30分の距離で4,000Rp(≒40円)←これが適正でしょ



CIMG0647[1]

CIMG0646[1]

CIMG0649[1]

CIMG0652[1]


到着し、いくつかの宿を見て周り、一番清潔そうな宿にチェックイン☆


この宿。アンコタターミナルから真っ直ぐ道を下ってきた左側の角の宿。

一泊12,500Rp≒1,250円。

P8300093[1]



ついて驚いたのは、どの宿も浴槽があり、しかも蛇口をひねると温泉がドバドバ




れあれあ号の宿にも浴槽が☆

CIMG0664[1]



テンションあげて、すぐに入ってみることに。。。




『気持ちえ~~~~~+.(*'v`*)+』




実に約3ヶ月ぶりの湯船☆本当に気持ちよかったぁ~~~。




風呂に入り、その後でっかい浴槽を使ってお洗濯~~~☆




大量の水でおもいっきりすすげるあの快感なかなか理解してもらえないかな~???




旅をしている人にはね、洗濯機がどれくらい素晴らしいものかよ~~~~~くわかるんだぁΨ( ̄∀ ̄)Ψ




日本にいると気づけないありがたみがわかる☆




まぁそれはおいていて~~~、




夜、そろそろ寝ようか~とベッドの上においてた荷物をどけると何やら小さな虫が・・・




よ~~~~~く見てみると、




「出た~~~~~~~~~~~!!!!!」




「南京虫!!!」



CIMG0663[1]




よく見てみるとあっちにもこっちにも・・・。




もうダメだ。。。と思い、オーナーに直訴。が、言葉が伝わらず、




夜の街中を歩き回って、英語を少し話せる人を見つけてその人に通訳してもらうことに。。。




初めは、「料金は返せない」と言っていたけど、必死の猛抗議で2/3の料金を返してもらうことに。




それからがほんとうに大変だった。。。




夜の10時すぎからの宿探し・・・




「もういくらでも良いから南京虫のいないところ。。。」と思いながら探すも




一度気になってしまうとなかなか良い宿が見つからず・・・。




30分ほどで宿は見つかり、今度はパッキング。




濡れた洗濯物をまとめて、眠い中移動。





移動した先はこの宿。一泊160,000Rp(≒1,600円)

P8310107[1]

P8300098[1]

P8310103[1]

P8310104[1]



「デッカイお風呂がある~~~!!お湯の出るウォーターサーバーがある~~~!!」




と普段ならテンションが上がるんだけど、【南京虫発見⇒オーナーとの交渉⇒宿探し⇒パッキング⇒移動】をしてきたれあれあ号にとって今はそんなことはどうでも良い。




本当に南京虫がいないのかという恐怖のなか、結局この日も電気をつけたまま寝ることに。。。





平穏な朝を迎えたは良いものの、南京虫の恐怖のせいで完全に寝不足・・・。





ただこの宿が快適だったのでこの日もココに泊まることにして、チバナス名物の温泉プールに行くことに☆




宿の上からは、綺麗な景色が☆


P8300097[1]


チバナスには、たくさんの温泉プールがある。公衆温泉プールとホテルのプール(日帰り利用可)があり、ホテルのプールの方が高め。




公衆温泉プールは大体8,000Rp(≒80円)~10,000Rp(1,000円)


CIMG0661[1]



れあれあ号は、昨晩の疲れもあるため、リッチにホテルのプールに行くことに☆




このホテル☆

CIMG0679[1]


プール入場料 平日20,000Rp(≒200円)週末25,000Rp(≒250円)




プールと言っても、温泉プール。水温は35度前後くらいだろうか。




日中の暑い時間帯に入るとすぐにのぼせそうになる(笑)


P8300043[1]


現地の人はみんな涼しくなってくる夕方にぞくぞくとやってくる。




が、れあれあ号がいた深いほうにはほとんど人が来ない。。。




泳げないのかな??ムスリムの方々はプールにも完全防備(肌を隠す)で入ってた☆


CIMG0667[1]




このプールWIFIも使えて快適☆ 一日チパナス滞在を延長して二日連続行っちゃった☆




ホテルのプールなのに食事頼んでも250円くらいで良心的価格だった。といってもローカル屋台では一食50円くらいで食べれるからそれからしたら高いけどね。





温泉プール(一日目)を満喫して、昨晩の南京虫の嫌な記憶が消えつつあるなか、また嫌なことが翌朝待ち受けていた。。。




翌朝、温泉プール(二日目)に行く前にもう一泊宿を延長しようとスタッフのところへ行くと・・・





「WEEKEND PRICE! NO MORE 160,000Rp!! 300,000Rp




海外の安宿で週末料金なんて聞いたことがなかったので、「もう2泊してるんだからいいでしょ??」とお願いしても、あまり英語が話せないためか同じ言葉を繰り返し続けるスタッフ達。





オーナーに直接お願いしてみると・・・一度たりとも目も合わせてくれず。しかも英語が全く話せないのか、スタッフに現地語で何かを言い、それを片言の英語で通訳してくれた。





「WEEKEND PRICE!! CHECK OTHER HOTEL!!」





そこまで言うなら本当かもね!といいながら、さすがに300,000Rp(≒3000円)は高いから他の宿みてみようかと聞いていくつかの宿をあたってみると。




週末料金なんて無い。





嘘をつかれたことにいらっとしながらもせめてもう少し値下げしてよとオーナー・スタッフにその旨を告げると、





またもオーナーはスタッフに通訳させてこんなようなことを言ってきた。





『君達一昨日も昨日も「明日ジョグジャに移動する」って言ってなんで移動しないんだ!』





言葉を失っちゃったよねもう。だって客に言うことじゃなくない?でもね次の言葉にもっと呆れたよ。





「MOVE OTHER HOTEL!!!」





ぶっきらぼうなオーナーとスタッフの態度、本当に嫌な思いをした。





もういいよ、という感じでまたまたホテル探し。で、移動したのがここ。

一泊2,000円の宿。

CIMG0669[1]

CIMG0670[1]

CIMG0671[1]

CIMG0672[1]

CIMG0677[1]





ここにチェックインした時に気づいたんだけど、さっきまでいたホテルの人たちのWEEKEND PRICEってのは、どうやら週末料金じゃなくて、宿の供給過多で平日は客が少ないから割引料金だった。ということだったみたい。




それならそれで納得できるんだけど、客に対するあの態度とあの発言がどうしても印象が悪い。。。






それでもチパナスを楽しんだれあれあ号



久々に湯船にもゆっくりと遣って疲れもある程度?はとれたかな





チパナス4日目の朝、ついに移動の日。向かうはジョグジャカルタ!!




来た道を辿ってガルッのバスターミナルへ☆




そこから最寄の長距離バスの基点TASIK MARAYAへ!!




ってスムーズに行きたかったんだけど、またもやバスステーションにいる輩にたらいまわしにされ・・・。




彼らはコミッション(手数料、案内料、報酬)をGETするために(ひいきのバス会社にのせるために)、ひいきのバスが来るまで「そのバスは行かないよ!」とか「そのバスは乗り換えが必要」とか言ってくる。。。




現地の人に身振り手振りで伝えて教えてもらい、ようやくミニバスに乗り込む。





TASIK MARAYAまで40,000Rp(400円)。約3時間。これも明らかにローカルよりも高い価格。



CIMG0685[1]


でっかいバスターミナルがあるのかと思いきや、普通の路肩。ただ、確かに頻繁に色んな目的地行きの大型バスが来ていて長距離バスの拠点になっているようです。。。


CIMG0693[1]



ここでも、またなかなかバスに乗れず。。。ショップの店員のお兄ちゃんが、





「MANDARA BUSが綺麗で目的地までほとんど停まらなくて一番早いよ!7時間!!」と。





周りにいる現地人もみんなそれに頷いていたので、それを信じて待つことに。





2台のジョグジャ行きのバスを見送り、TASIK MARAYAについてから約2時間、ようやくMANDARA BUSが到着。。。




でもね、何時間かかったと思う??ほとんど渋滞はなし。スピードも結構なスピードを出して。





正午5分前にTASIKを出発して・・・7時間の予定が・・・










11時間









またコミッションか。インドネシアのピーポーよ。コミッションのためにどんだけ嘘つくんだ。親切という言葉をしらないんか???





何がほとんど停まらない?停まりまくりだよ。





しかも・・・





って今日はこれくらいにしておきましょう☆ 





次回はジョグジャカルタです




いつも読んでくれてありがとう☆あなたのポチッに元気をもらってます☆



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



ポチッありがとう☆るーたでした~~~!!!!!
スポンサーサイト
[ 2013/09/08 06:26 ] インドネシア | TB(0) | CM(2)
いろいろと大変でしたね~(~_~;)
虫も嫌やし、お金のためにうそつかれるのも嫌ですね~(>_<)
インドネシアのような国は雇用形態がちゃんとしてないせいもあるみたいで、みんな生きる糧を得るのに必死なんでしょうね~。。。
日本に来てるインドネシア人の研修生たちに聞くと、働くためにお金を払わなあかんとかいう謎のシステムがあるらしいです。

だからなんか気疲れしたと思います。お疲れ様でした~
それでも、インドネシア人たちは自分の国が大好きで早く帰りたいよ~っていつも言ってます(笑)
[ 2013/09/08 17:52 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> いろいろと大変でしたね~(~_~;)
前回インドネシアを旅して「良い国だな~」と思って楽しみにしていたんです。インドネシア。虫に関しては今回運が悪かったと思うしかないのかもしれませんね。。。インドネシアを出国するまでは、まだまだ気は抜けません(笑)まだベモのドライバーとの闘いが待ってますから(笑)一人くらい優しいドライバー、親切なドライバーに会えたらよいな☆僕はインドネシアを旅して、今まで以上に日本が好きになりました(笑)
[ 2013/09/10 01:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

VISITOR
これまでの訪問者数
訪問ありがとう!
☆地球環状線 運行状況☆
スマイル街道前進中☆
  プロフィール

  るーた & つむ

Author:  るーた & つむ
:れあれあ号
(LeaLea)

乗務員 :
     旦那 るーた  
     嫁 つむ  
                
About us  :
      るーた(1984年生)
       A型東京都出身
         趣味(旅行)

      つむ(1988年生)
       O型大阪府出身
       趣味(昼寝、散歩)    

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。