スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

強行!ハロン湾日帰りツアー☆☆☆


Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(22日間) ⇒ ラオス(9日間) ⇒ タイ(15日間) ⇒ マレーシア(8日間) ⇒ ミャンマー(11日間) ⇒ マレーシア(11日間) ⇒ ブルネイ(3日間) ⇒ マレーシア(4日間) ⇒ インドネシア(16日間) ⇒ シンガポール(4日間) ⇒ カンボジア(4日間) ⇒ ベトナム ⇒ 香港 ⇒ タイ ⇒ インド・コルカタ ⇒ バングラデシュ ⇒インド・コルカタ に滞在中。。。





久しぶりの記事UPです。みなさんこんにちは。。。





ずっと更新してなかったので、この記事を読んでくれる人も減っちゃったかなぁ・・・と思いますが、頑張って更新します!!




バングラデシュはまだWIFI環境が良くなかったこともあってなかなか更新するの難しかったんです。





という言い訳をしてみました。(本当なんだけどね。。。)






さぁ、これからまた定期的にブログを更新したいと思います!!






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~





リアルタイムは、インドのコルカタにいます。





『深夜特急』で有名な沢木耕太郎さんも訪れている有名な安宿街です。





日本語を話せる輩がウジョウジョといて、歩いていると声をかけてきます。





この怪しさ、一人だったり男同士なら楽しめるんだろうけど、TSUMUがいるのでうまく愛想ふりまいて難を逃れるしかなく・・・なかなかのスリルと興奮を与えてくれます。




閑話休題。





前回は、ハノイの宿について書きました。





宿のオーナーと心理戦を繰り広げながら、『ハロン湾日帰りツアー』を申し込みました。





街中で見つけた最安値は、US$16(約1600円)。





もっとやすくなるか宿に戻りオーナーに確認してみると、





「一番安いのは危ない!!」




といって他の会社のものを提案してきます。どうやら話を聞くと3つの会社がハロン湾クルーズを催行してるみたいでおそらくこの3社の旅行代理店への提供価格は同じようですが、そこに載せてる代理店のマージンの違いによって、街中では値段にばらつきがあるようです。





他のいくつかの代理店でも一番安いグレードは危ないよ。といわれたこともあって、最安ではないツアーに参加することになりました。




一番安いツアーは、往復ミニバン。他のものはマイクロバスもしくは大型バスのようです。
(定かではありません。)





結局二人で、US$38(約3800円)!!




翌朝、ミニバスが宿まで来てピックアップしてくれました。


CIMG1467[1]

CIMG1466[1]




この後、真ん中の補助席まで全て一杯になりました。





バスに揺られること約4時間半。長い。





12時頃ようやく港に着きました。





UNESCO世界遺産の記念碑が☆

CIMG1468[1]


この船着場で、全員の名前を名簿に記入したりと、バスの中でやっとけばいいのに・・・ということを船着場で行います。その間約30分。




そしてようやく船に乗り込みます。



PA030046[1]


PA030047[1]


PA030049[1]




ちょっとたって、昼食は船内でしたがおいしくはありませんでした。(ツアー代に含む)


PA030048[1]



港から約30分ほどでハロン湾の奇岩に到着します。




CIMG1472[1]


CIMG1470[1]


CIMG1512[1]


CIMG1476[1]


PA030061[1]


CIMG1487[1]




こんな感じ。。。





TSUMUの感想はいたって冷静なものでした。





「ハロン湾の景色は、ガイドブックの写真を超えないね・・・。」





ハロン湾はどうか・・・ということは別として旅人ならこの言葉の意味がわかるのではないでしょうか??





写真を見て憧れて、行ってみて、写真よりも全然良いね!!っていう場所もあれば、写真のままだね~~~。って思う場所もあって。




ハロン湾はたまたまTSUMUのそれだったようです。





そしてお待ちかね、カヌー体験☆



CIMG1502[1]


あそこの洞窟に入るのは別料金(50,000ドン≒約250円/人)

CIMG1498[1]


CIMG1491[1]



前日に聞いていた話では45分だったのに実際は「15分で帰って来い!」って言われました。





まぁ海外だから仕方ないね☆




その後は、洞窟見学に行きました。。。




パッケージツアーに含まれているだけの「有名な洞窟ではない」けれど規模は相当なものでした。




CIMG1520[1]

綺麗にライトアップしちゃう感じが海外です。
PA030086[1]


PA030100[1]


PA030108[1]


PA030111[1]


PA030119[1]


PA030120[1]



日帰りツアーの行程は以上で終了。




ハロン湾滞在は約4時間でした☆




港に戻る際、綺麗な夕陽を見れました!!



CIMG1529[1]




4年前に行った時は、船中1泊2日のツアーに参加したんだけど、やっぱり一泊したほうが、もっと奥のほうまでいけるし、景色が全然良かったように思うな。





日帰りツアーだと、ハロン湾の入り口をのぞいて帰ってくるっていうような感じでした。





ただ、数年前にハロン湾で船が沈没して日本人も亡くなっているということもあって、日本人はそれ以来日帰りツアーを選ぶ傾向にあるようです。




あ~なんというか、もったいない!!




リスクを考えると悩んじゃうけど、リスクが無いなら一泊ツアーがお勧めかな





港からはまた約4時間。夜8時半頃無事にホテルに到着しました。





ハロン湾、どうでした~~~~~???







読んでくれてありがとうございます☆




またテンポをあげて更新しますので応援のポチをよろしくお願いします!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 




るーたでした~~
スポンサーサイト
[ 2013/11/22 12:11 ] ベトナム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

VISITOR
これまでの訪問者数
訪問ありがとう!
☆地球環状線 運行状況☆
スマイル街道前進中☆
  プロフィール

  るーた & つむ

Author:  るーた & つむ
:れあれあ号
(LeaLea)

乗務員 :
     旦那 るーた  
     嫁 つむ  
                
About us  :
      るーた(1984年生)
       A型東京都出身
         趣味(旅行)

      つむ(1988年生)
       O型大阪府出身
       趣味(昼寝、散歩)    

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。