スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

こんな日本人にはならないで。。。










Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(22日間) ⇒ ラオス(9日間) ⇒ タイ(15日間) ⇒ マレーシア(8日間) ⇒ ミャンマー(11日間) ⇒ マレーシア(11日間) ⇒ ブルネイ(3日間) ⇒ マレーシア(4日間) ⇒ インドネシア(16日間) ⇒ シンガポール(4日間) ⇒ カンボジア(4日間) ⇒ ベトナム(19日間)⇒ 香港(3日間)⇒ タイ(8日間) ⇒ バングラデシュ(14日間) ⇒ インド(20日間) ⇒ ネパール(14日間) ⇒ ブータン に滞在中。。。



るーたです。





今年のクリスマスはどんなクリスマスでしたか???





クリスチャンでも無い日本人が、やたらと盛り上がるクリスマス☆





でも、そもそもクリスマスってどんな日か知ってます???






僕、キリスト系の大学に通っていたこともあって、調べたことがあるんです。






「キリストの誕生日





その通りです。





キリスト教の行事・儀式の中では、クリスマスは【降誕祭】と呼ばれていて、イエス・キリストの誕生日を祝う日なんだよね。。。





ただ、イエスが本当に12月25日に生まれたかどうかははっきりしてないらしい。





なのにこの日に【降誕祭】が定着したのは、ローマの冬至際とキリスト教が結びついた日でもあるためなんだって。。。





しかもね、西暦って【イエスが生まれた翌年を元年とする紀年法】だよね?





だとすると、今年が2013年だから、2014年前(紀元前1年)の昨日、イエスは生まれてるはずなんだけど、





そこも定かではなくて、新約聖書の中の記述によると、紀元前7~4年に生まれたらしい。





イエスの母マリアが、ベツヘレムの家畜小屋で処女のまま、聖霊によって身ごもったんだって。





でも、その見解は大きく分かれていて、カトリックでは、マリアは一生処女とされているんだけど、プロテスタントでは、イエスの後何人かを産んでいると考えられているんだって。





調べると色々と奥が深いよね





考え方が違っても、クリスマスが特別である日に違いない





少なからず、日本人にとってもね





世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~





バングラデシュで過ごした2週間。。。





その中で最初から最後まで違和感が残って、最後にDIHANに質問したことがあります。





そのことは、TSUMUに記事にする必要ある





と言われましたが、パッケージツアーではなくて個人旅行、とくに現地の人々と深く関わる旅行ならその国の習慣や文化について事前にある程度頭に入れておいて欲しいという思い、





そして、軽率な行動が海外では深刻な問題として扱われることを頭にいれてもらうために・・・。





そう、イランなどのイスラム国家に行った際には、肌の露出を避けるというのが当たり前の認識であるようにね。。。





それを知ってもらうため(海外に行く前に少しでも行く先の国の文化・習慣について学んでもらうため)にも今日この記事を書こうと思いました。





この話は、ある日本人女性の行動によるものです。。。





留学経験や海外渡航経験の多いDIHANには、たくさんの日本人の友達がいます。。。





そして、過去に日本人女性と交際したこともあるDIHANは、日本人の彼女を作ることを前々から望んでいました。。。





それは彼を知っている人であれば誰もが知っていることであると思います。





この問題の発端を作ったのはDIHANの日本人女性の友人(以後Aさん)です。






彼はAさんとずっとfacebook上で連絡を取り合っていたようです。。。






もちろん彼にとってのAさんは、単なる友達としてではなく好意を寄せる相手として連絡を取り合い、恋人になるためのアプローチもしていたそうです。





DIHANは、Aさんや日本の友人に会うために今までに何度か、日本に行くことを計画していたそうなんですが、バングラデシュ人にとって外国に行くことは非常に難しいことなんだって。





理由としては、アジア最貧国といわれるバングラデシュの人々は、外国に行って失踪というのが非常に多いのが現状のよう。そのせいもあって、外国からのバングラデシュ人に対する【信用】が無く、ビザが取れないかららしい。。。






日本も例外ではないそうです。





そんなこんなで日本に行きたくてもなかなか行けないDIHAN。。。





そのDIHANが頻繁に連絡を取り合って、アプローチしている彼女がわざわざ「バングラデシュに行くよ!!」





となれば、男だったらみんな考えることは同じですよね





僕に会いたいから来てくれるんだ彼女になってくれるんだ





って期待すると思います





そして昨年の11月にAさんは本当にバングラデシュに訪問したのです。





驚いたことは、Aさんにはこのとき日本人の彼氏がいたこと。。。





そしてさらに驚いたことは、「どうやって彼氏に説明してバングラデシュに来たの??」






と訊くと、「Aさんは慈善活動に興味がある人だからバングラデシュにも同じような活動をしに行くって言ってきたんじゃない?」





と。。。





呆れました。。。





ただ、その話をしているときにすごく気になっていたことがありました。





・イスラム国家では、日本のように自由恋愛をしにくいこと。



・恋人 ≒ 婚約者 という認識があること。






でもね、そのAさんが無神経だったことは、それだけじゃなくて、





彼の家に延べ3週間もホームステイしたこと。。。





ムスリム家庭といえば、日本とは違ってかなり敷居がたかく、他人にはなかなかハードルの高いイメージがあるよね。。。






でもね、あなたがDIHANの家族だったらどうかな???





家族の異性の友人が遠路はるばる異国の地に来て、延べ3週間もホームステイをしてる。





その間、当事者二人はずっと仲良くしてて二人で旅行に出かけたりしていたら、彼女だと思うよね???





しかも、日本よりも恋愛に対して厳格なイスラム国家でだよ??





れあれあ号がなぜこの話題に違和感があったのかというとね。。。





最初にダッカに滞在していて、彼の家で御飯をご馳走になっていたときに、彼のマミーと話をしていたんだよね。彼の恋愛事情については、「かなり前に日本人の彼女がいた」ってことくらいしか知らなかったんだけど・・・。





彼のマミーがAさんについてすごく褒めてたんだ。





「彼女は3週間この家にいて彼の姉妹とも仲良くなったんだよ。ほんとうに優しくて良い子だったのに・・・Aさん、かわいそうに・・・。」





って。。。そのときは状況がよく分からなくて、あたりさわりのないように返答してたんだ。






で、おかしいぞ???と思い始めたのは、チッタゴンのSANIMの家に行った時。





DIHANのマミーとSANIMのマミーは姉妹なんだけど、SANIMのマミーは非常に警戒感が強い感じでDIHANのマミーとは最初全然雰囲気が違ったんだよね。。。





で、チッタゴン滞在中のある夜に、Aさんについて聞かれたんだ。





あなたたちは、「Aさんについて詳しいの??」って。





「詳しくは知らないよ。。。」って答えたからか、その後色々話してくれて。。。





そしたらね、SANIMのマミーはAさんがしたことについて、全てを知っているSANIMに聞いたらしくて、





「彼女はひどい。チーターだ。」





っていう感じだったんだよね。Aさんは数日間チッタゴンにも滞在したんだって。





それと付随して、





「日本人はみんなそんなこと普通にするのか?」





「日本人はみんな人をだますようなことをするのか???」






って問われたんだけど、その意味がよくわからなくて





「どういうこと???」





と聞き返したら、Aさんは滞在中幾度も彼と夜の関係を持ったんだって





そして、れあれあ号もそのとき初めて聞いた衝撃の事実・・・





Aさんは帰国後1~2ヶ月で日本の彼氏と結婚したってこと。





もう、日本人として恥ずかしいし、外国人の友人が「日本人女性は軽い」っていう理由もすごくわかる気がしてとにかく呆れた。。。





でもね、Aさんが滞在していた当時は、SANIMのマミーやSANIMもAさんは彼の彼女だと思い込んでいたらしくて、何も疑わなかったんだって。





疑い始めたのはAさんが帰国した後、なんの連絡もよこさなくてそれを疑ったSANIMがDIHANに問いただして、SANIMマミーにも伝えたんだって。





れあれあ号はとにかく、Aさんが良くないだけでみんながみんなそういうわけじゃないよ





って一生懸命伝えたんだ。





それ以降、SANIMのマミーもすごく気さく話しかけてくれるようになって、それまではAさんのせいで植えつけられた日本人への警戒感があったんだって分かった。。。





ここまでは、日本人にたま~にいる【軽~い女性】ならやりそうなことじゃんって思うでしょ




でもね、れあれあ号が感じた一番の違和感はねそれじゃなくて、





DIHANの家でも、SANIMの家でもDIHANが他の家族と違ってちょっと浮いた存在だったというか孤立しているような感じに見えたこと。。。





初めはね、彼がなんか悪いことでもしたのかなぁ??とか思ったんだけど、滞在1週間過ぎてやっとわかったんだよね。。。





【彼が家族内で孤立したきっかけは、Aさんがもたらした】ってことを。





彼にね、後半のダッカ滞在中に色々聞いたんだ。





)「結果的にAさんは、ただ君と遊ぶためにバングラデシュに来たんでしょ?」





彼)僕だって、彼女がバングラデシュまで来てくれて、特別な関係でないと出来ないこともしたし、僕を彼氏として選受け入れてくれたんだって思ってたんだ。でも、空港で別れる前にその話をしたときに、「そんなこと言ってないでしょ?」って言われたんだ。。。そのときはまったく理解が出来なかった。





)ひどいな・・・親にはなんて言ってたの?





彼)僕らの文化を知ってるだろ。自宅に3週間もいて、彼女じゃないなんて言えないよ。





)じゃあなんで、君のマミーは、Aさんのことかわいそうかわいそうっていうの??





彼)バングラデシュでは外国について知れる機会があまり無いから、僕が本当のことを伝えたら、日本人=チーターと思われかねない。そしたら僕の日本人の友人全てが悪いイメージになってしまう。だから僕は、「僕に他に好きな人が出来て彼女とは駄目になったんだ。」って家族に言ったんだ。





)じゃあSANIMのマミーはなんで本当のことしってるのに君に対して少し冷たいの??





彼)彼女は単純に僕が家族に対して嘘を言ってるのが許せないんだよ。家族内での嘘は日本だって駄目だろ??





会話をして全てがクリアになった。





Aさんの軽率な行動がもたらしさ問題はかなり重い大きな問題になってるってこと。。。





)じゃあ僕らが君のマミーに本当のことを伝えるよ、「Aさんがひどいことをしたんだ!!」って。





彼)Aさんの3週間の行いを見てるマミーはそれを聞いても信用しないよただ、僕への疑念がつよくなるだけだよ。。。





少し困った表情を見せた彼を見て、すごくAさんに対する嫌悪感が芽生えたし、とくかく腹がたった。。。





当の本人は、日本に帰ってすぐに彼氏と結婚して、きっと今は幸せにのほほんと生活してるんだと思う。





だけど、バングラデシュのダッカでは、彼女が一年前にとった無神経な行動で困ってる人がいる。





彼は仕方ないんだよ。。。という感じだったのと僕の気持ちがヒートアップしすぎててこの話を続けないほうが良いと思った僕はトイレに行った。





その間にTSUMUが彼に・・・





「大丈夫なの?彼女のせいで家族内であなたがいづらくなっちゃったんじゃないの?」と彼に伝えたらしい。





そしたらね、彼はこう言ったんだって。





彼)「大丈夫だよ。子供がどんな失敗を犯しても、親はいつまでたっても親だから、時間がたてばまた以前のように僕を愛してくれる。」





って。





(彼氏がいること知っていてAさんに手を出した彼も悪いかもしれない。でも、自分だったらどうだろう。。。独身彼女無しの独り身で、好きな女性(その人には彼氏がいる)がわざわざ自分に会いに来て3週間以上智共にして・・・。もし相手が嫌がらないんだったら、ほとんどの男性は彼と同じことをするんじゃないか。。。)





この話をダッカからコルカタまでのバスの中でTSUMUに聞いて、なんだか腹立たしいというか情けないというか哀れというか残念というか。。。本当に複雑な気持ちになった。





きっと、この話をAさんに聞いたら、また違った話になるのかもしれない。





でもね、やっぱり、彼氏がいて独りで彼に会いに行ったこと。3週間もバングラデシュに滞在したこと。その後インドを一緒に旅してること。は紛れも無い事実。





Aさん、ひどすぎる。。。ひどいよ。最悪だ。。。





記事の冒頭に書いた





【その国の習慣や文化について事前にある程度頭に入れておいて欲しい】





というのと今回のケースは少し隔たりがあるかもしれない。





Aさんの行動が一般人のそれから逸脱してるから。






でもやっぱりその国々のマナーを事前に頭に入れておく努力をすることは重要だと思う。





【タイでは女性はお坊さんから距離をおいたほうが良い】し、





【インドでは不浄とされている左手で物を渡したり、握手をしてはいけない】し、





【子供の頭を撫でるのは良くないとされている国は多い】し、





【韓国では茶碗を持ち上げない方が良い】し、





【海外(特に欧米)では麺類は音をたてないほうが良い】し、





入国させてもらう身、訪問者の身として知っておくべきなんじゃないかって思う。







それが、男女関係であればもっと気にするべき。





特に宗教色の色濃くない日本で育った僕ら日本人にとっては、宗教ってなかなか理解しがたいものだと思う。





恋人となりうる相手が、なんらかの宗教を信仰していたとき相手の宗教について知るべきだし、人生のパートナーになりうる相手なら【改宗】出来るのかということも考えなくてはならない。





前述したとおり、宗教になじみのない日本人にとっては想像しがたい大きな決断になるだろうけど、その相手にとってはそんなこと承知した上で交際してるんでしょ。





と思われれば、大事にもなりうるだろう。。。(僕の知り合いにこの例にあてはまる人が・・・






もちろん事前に調べてたって色々問題に直面するときはあるし、これからもあると思う。






問題なく、人に不快を与えることなく旅行したいのは事実





だからこそ、れあれあ号は今後も各国の文化や習慣に気を配りながら、旅を続けたいな





きっと皆さん、「そんなの当たり前」って思うと思いますが、その気配り・ふるまいを先人達がしてきたからこそ、【世界最強】とも言われる今の日本のパスポートがあると思うから。





それを守らないと。。。ね





そして、れあれあ号を含めた全ての皆さん、Aさんのような人にはならないように気をつけましょう





今日も読んでくれてありがとう


「読んだぞ」のポチをお願いします



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
スポンサーサイト
[ 2013/12/26 07:15 ] バングラデシュ | TB(0) | CM(8)
わ、最悪!Aさんは、多分自分ではすごく良い事をしたような気になってそう。「結婚したらしてあげられないから、結婚前に私の事を好きな男にいい夢見させてあげよう」みたいな。何も考えてない自惚れ馬鹿女ー!
[ 2013/12/26 15:41 ] [ 編集 ]
人間としての道徳感覚はどこへやら。。。思わせぶりは、いかに人の心を傷つけるということを考えないんでしょうかね!全く自己中心的な人で呆れます。
最近、中国政府は、海外旅行へ行く自国民に、「ルールを守ることや現地の人への配慮を払うように」といった内容のメールを配信しているそうですけど、そもそも常識とマナーのある人が海外へ行って欲しいですね。常識といってもAさんのように自分の“常識”じゃなくて。。。
そういう点においても、宗教心のない日本は不利ですね。明確な指針なく、周りに流されたり、ただ自分のためだけに生きてる人が多い気がします。自分が神様だとかキリストだとか言う人もいて正直びっくりします。ちょっと厳しくなってすみません。

ちなみに、私が聖書を読んで知ってる範囲で言うと、イエスの誕生日は西暦前2年の9-10月の秋頃です。聖書の中には、イエスが生まれた夜に、野原で羊飼いが住んでいて羊も外にいたことが書かれているけど、12-1月のベツレヘムは一番寒い時期で雨も多いので、そんなときに羊飼いがテント生活は出来ないので12月生まれではないというのがいくつかの理由のうちの一つです。他にも、いとこのヨハネの誕生日から6ヶ月後に生またこととか、イエスが生まれたときに統治していた王の名前とか、聖書預言から計算するとその時期になります。
兄弟がいることも聖書に書いてあります。4人の弟と、何人かの妹もいます。イエスの兄弟たちがイエスにあまり信仰を持たなかったこととか、でも最終的に弟のユダが信仰を持つようになってユダ書も書いたので兄弟がいたことは明らかです。
ローマのコンスタンティヌスが、キリスト教徒からの支持も得るためにキリスト教を受け入れるようになったから、異教の祭りと融合されてしまいました。政治利用してたっていうわけですね。。。今もローマはキリスト教の宗教指導者(法王)がトップですもんね。。。
だから、今の教会の教えは異教の教えと混ぜ混ぜです。

長くなってしまってすみません。

二人は常識とマナーと気遣いに溢れてるので、堂々と旅をしてください!!
[ 2013/12/26 19:15 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
さくらさん☆彼女は、家族がそんな風に心を痛めてるなんて知らないんじゃないかな・・・
自分達もイスラム教の家庭にお邪魔するとなって、いろいろ気を遣った部分も多かったので、彼女の行動に理解できない部分も多かったです。彼の家族のことを思うと、心が苦しいですね。
[ 2013/12/31 18:26 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
Yukariさん☆
旅をしていても、宗教観の違いは感じることが多いので、なおさら敏感になるよ。
確かに日本には、他の国ほど宗教心がないので、無意識に傷つけてしまう可能性も大きいかもしれないね。
ただ、少しでもその友人を理解・尊重しようとする気持ちがあれば、あんなことにはならなかったんじゃないかなって・・・・
中国政府から、そんなメールが配信されてるのは知らなかったです・・・
キリスト教の話、勉強になります。いろんな国を旅する中で、ある程度知っておきたいという気持ちと、興味が出てきた事もあって、最近本で勉強中です。
他を知ることで、自(日本)を改めて見つめ直すきっかけになってます。
いつも、コメントありがとう!!!よいお年を♪


[ 2013/12/31 18:43 ] [ 編集 ]
元気ー?
ほんまじルータので言う通りで、海外に行く時は常にレペゼン日本ということを肝に銘じなくてはいけないと思う。彼らからすると日本人はみんなこんな感じだと思うし。我々の価値を下げないで欲しい。
[ 2014/01/04 08:07 ] [ 編集 ]
Re: 元気ー?
>ともin台湾さん
コメントありがとうございます。
本当に困りますね・・・。
気をつけてほしいものです。
僕達もレペゼン日本を肝に銘じて旅を続けたいと思います!!
台湾で変なことしないでくださいね~~~!!
ビンロウくらいにとどめておいてください(笑)
[ 2014/01/05 23:54 ] [ 編集 ]
うーん・・・
Aさんのしたことは確かにひどいので庇えませんしそのつもりもないですが、しかし彼も彼だと思います
バングラデシュがイスラム国家なのは知ってます
でもそれならより一層彼氏がいると知っていたなら手を出してはいけないでしょう
あなたはどうも男性だからなのか男なら期待するだの何だの言ってAさんだけを一方的に責めてますけど彼にも落ち度があると思いますよ
そもそもムスリムは男がいる女性には手を出してはいけないはずですが・・・
[ 2014/08/14 03:48 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>Kさん
コメントありがとうございます!!
確かにおっしゃるとおりかもしれません。ちょっと彼よりの意見だったかもしれませんね。
彼氏のいる身で、一人でバングラデシュまで彼に会いに行ってそういう行動を・・・と考えてちょっと理解しがたい部分があったので一方的な意見になってしまいました。
確かに彼氏のいる女性に手を出した彼もいけないですよね。
ただ、バングラデシュの実情としては、中東のイスラム国家ほど男女間の交際については厳格ではないようです。
宗教に関わらず、彼氏のいる女性が他の男性に手を出すのはいけないし、彼氏のいる女性に手を出すのもいけないですよね!!



[ 2014/09/07 22:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

VISITOR
これまでの訪問者数
訪問ありがとう!
☆地球環状線 運行状況☆
スマイル街道前進中☆
  プロフィール

  るーた & つむ

Author:  るーた & つむ
:れあれあ号
(LeaLea)

乗務員 :
     旦那 るーた  
     嫁 つむ  
                
About us  :
      るーた(1984年生)
       A型東京都出身
         趣味(旅行)

      つむ(1988年生)
       O型大阪府出身
       趣味(昼寝、散歩)    

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。