スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初詣はブータンのサンクチュアリへ!!




Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(22日間) ⇒ ラオス(9日間) ⇒ タイ(15日間) ⇒ マレーシア(8日間) ⇒ ミャンマー(11日間) ⇒ マレーシア(11日間) ⇒ ブルネイ(3日間) ⇒ マレーシア(4日間) ⇒ インドネシア(16日間) ⇒ シンガポール(4日間) ⇒ カンボジア(4日間) ⇒ ベトナム(19日間)⇒ 香港(3日間)⇒ タイ(8日間) ⇒ バングラデシュ(14日間) ⇒ インド(20日間) ⇒ ネパール(14日間) ⇒ ブータン(12日間) ⇒ インド(24日間) ⇒ オマーン(4日間) アラブ首長国連邦(3日間) ⇒ヨルダン に滞在中。。。











こんにちは、つむです



ブータンのゾンカ語の響きが気に入って、ブータンを出てからも、るーたと2人で覚えた数少ないゾンカ語を使って楽しんでいます。





『クズザンポーラ』  =  こんにちは。

『カディンチェーラ』  = ありがとう。

『アツィツィ』      = 少し

『ナンメサメ』     = とても

『カツァオメ』     = 辛い

『ジャンメ』      =寒い

『アニガチモ』    =これ何?





ちなみに、日本で『イタタタ~』って時は『アラララ~』ていうらしいです。




驚いたときは、『ザイー!!』



『あれまぁ~!』というときは、『ヤラマ~!』






そして、『~でしょ?』って言いたいとき、





英語だと語尾に『right?』とか『eh?』付けるんだけど、





例えば『You didn't know, right?』みたいな感じで。





ブータンでは、『~ノォ?』って言うんですよね。





『You don't know ノォ?』 





これ、一番のお気に入りです。








ブータンの言葉、音がかわいいんですよね♪




いつか、どこかでブータンの人に会って使ってみたいなぁ(*エ∀`)







世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




どうも、TSUMUです☆




素敵な新年を迎えることが出来た“れあれあ号”





元旦は【タクツァン僧院】にお参りに行ってきました。



※【タクツァン】とは【虎のねぐら】という意味。


ブータンの人々の信仰の最も熱烈な対象と言われているのが、ブータンに仏教を広めたと伝えられているパドマサンババ(グルリンポチェ)
そのパドマサンババ(グルリンポチェ)が初めて西ブータンを訪れた時、虎の背に乗って飛んできたと言い伝えられている。




その聖地(サンクチュアリ)を、【タクツァン】と呼んでいるのです。





タクツァンの登山口へは、パロの町からタクシーで20分ほど。





パロの町のごみ置き場・・・・・犬が出てきた!!(;゚ロ゚ノ)ノ

IMGP6774_201402100025276b0.jpg






気持ちよさそうだなぁ~

IMGP6776_20140210002549c3f.jpg







ねこも、気持ちよさそう♪

IMGP6777_20140210002556299.jpg








タクツァンの登山口。

IMGP6778_20140210002607c8e.jpg







お土産やも並びます。

IMGP6779_201402100026196fc.jpg










タクツァンが小さく見えています。

IMGP6780_201402100027059a2.jpg







天気が良くて、登山日和☆

IMGP6783_2014021000271388a.jpg








人を上まで運んでくれるお馬さん。こんな道を、人を乗せて登るなんて・・・・

IMGP6790_201402100027353c4.jpg







馬と一緒に、何度も下から上へ登り降りするおじちゃん達もすごいな。


IMGP6792_20140210002749b57.jpg








ちょうど2時間ぐらい登ったところ、山の中腹。後ろにタクツァンが見えてきました♪

IMGP6793_20140210002826a24.jpg







馬かわいいなぁ~! 馬に乗ってタクツァンまでいくことも可能ですが、値段は不明・・・。


IMGP6797_201402100028456d1.jpg



P1010908.jpg





ゆっくり休んでね☆

IMGP6796_2014021000283707d.jpg








大きなマニ車とお参りに来ていたおじちゃん。


IMGP6832_20140210003149a77.jpg








ここで、お茶休憩。

IMGP6817_20140210002854dbf.jpg








タクツァンかっこいい!!

IMGP6819_201402100029078cc.jpg








手乗せタクツァン( ・∀・)

IMGP6822_20140210003008f58.jpg




CIMG2196.jpg




ここから、1時間半・・・・・・・




タクツァンの展望台までの最後の1本道・・・

IMGP6824_20140210003018440.jpg






P1010920.jpg




到着~!!!!


IMGP6825_20140210003029ed5.jpg





よくあんなところに建てたなぁ~。と本当に感心してしまうほど断崖絶壁にあります。

IMGP6826_201402100030464e1.jpg





P1010914.jpg




IMGP6828_201402100031286ef.jpg




日本でいうところの・・・




鳥取県にある三徳山三佛寺の国宝【投入堂】




30倍くらいにした感じかな☆







休憩・・・・・

P1010922.jpg





みんなで記念撮影☆ いい1年になりそうです♪

IMGP6830_20140210003141650.jpg










ここから、反対側に見えるタクツァンへ行くには、ここから階段を下り、再び登らなければ行けません・・・・







正直、先日の【パジョディン】登山より息があがってつらかったので、ここまでで引き返すことに・・・・


P1010924.jpg





P1010934.jpg








ごめんなさい(*- -)(*_ _)ペコリ






初詣を終え、(正確には、お参りはしていませんが・・・)






2014年、いい元旦を迎えられました☆





このタクツァンには、奇数の数の回数を登ることが良いとされており、その中でも3回登るのが良いとされているそうです。













タクツァンを下山して、パロに戻った一行。






その日の夜は、年越しをさせてもらった家のたいせいさんの知り合いのブータン人の家庭で夕飯を頂けることに♪






お邪魔したのは、ぺマさん一家のおうち☆


CIMG2207_20140210001027a2a.jpg




さて、この写真を見て、どの人がブータン人かわかるでしょうか??




身に着けてるものを見て、そうかな?とは思うかもしれませんが顔だけで判断するのは難しいと思います。





それくらい、ブータン人と日本人の顔は似ているんです




だからね、街中歩いてても現地の人も僕達が日本人ってわからないんだよね。




まぁ僕の顔は、東南アジア順応型ですが(笑)




答えは、2列目左から・・・ブ・日・日・ブ・ブ・日


1列目左から・・・日・ブ




ってな感じです。





1列目の右側がペマさん





娘さんに、『あなた、日本人だったの?絶対ブータン人だと思った。』と驚かれました。




ほんっとに似てるんですよね~ブータン人と日本人





おいしいご飯、ごちそうさまでした




今まで食べたブータン料理のフルコースのような豪華な料理でした












食後、






ぺマさんがブータンの文化についていろいろ話してくれました




ブータンの人たちが日常的に着ている【ゴ】【キラ】、最近の若い世代では着ない人も多くなっているらしい。




だからこそ、ペマさんのような世代の人は毎日必ず民族衣装の【ゴ】を着用して、独自の文化を継承したいという意識が高いようです。





ブータンでは祝日は、伝統衣装を着ることを薦められているんだって☆





なので、祝日や公用のときは、民族衣装を着ている人が多くいて当然?とも思いますが、それ以外の週末などでも多くの人が日常的に伝統衣装を着用している姿を見受けられました






「ブータンの公用語である【ゾンカ語】も、ブータンの文化を残す上で大切にしなければいけない」 と





確かに、ブータンの人はヒンドゥー語・ネパール語を話せる人が多く、





だからこそ母国語を守らないと・・・すぐに海外に言葉に飲み込まれてしまうというのは日本人には無い考えで、色々と考えさせられました。





これからの若い世代の日本の子達がみんな英語を話すようになって、英語ばかり使うようになったら、その後の世代はどうなるんだろう・・・とか。






最近のブータンの若い世代はテレビや映画の影響もあって、伝統よりも新しいものに興味があるんだって。





ブータンでテレビ放送が始まったのは1999年と、つい最近の出来事・・・。





テレビ解禁直後は、チャンネルは一つ。






放送は一日3時間で内容は、主にブータン国内の事やロイヤルファミリーについてだったらしい。





でも、ここ数年で海外のテレビ番組の放送も始まり、






それがブータンの人たちの生活に大きく影響して、多くの変化をもたらしたんだって。







今まで閉じられていた分、一度開けるとすごい勢いで入ってきちゃうんだろうな・・・。






今まで見たことないもの、新しく便利なものに惹かれるのは当然なことだよね。







私たちが、ブータン滞在中に常に感じた“ブータンの人が自国の文化に誇りを持って、大切にしている姿”は、






ペマさんのように、伝統を継承したいという思い、伝統が廃れていくという危機感からきているのかもしれないな。






自分自身、日本の文化・伝統を守らなきゃっていう意識はすごく低かった、いや無かったんじゃないかな・・。






これからもっと、日本のこと知りたいな






ブータンのことを知る上でも、日本のことを考えるうえでも、本当に貴重な時間になりました








最後にブータンの民家に必ずといっていいほどある仏間にも入れてもらいました



毎日ここでお祈りするんだって。


P1010940.jpg




ペマさん、カディンチェーラ(ありがとう)!!!!










帰りはペマさんが車で送ってくれたのですが、




ペマさん:

『この間、免許不携帯で運転してるときに警察で止められたんだけどね、ぁあ~ご飯食べた店に財布を忘れてきたんだ!! よかった!思い出させてくれてありがとうございます。取ってから戻ってきます。って言って嘘ついちゃったんだ~テヘ』



『No good ノォ?笑』




みんなで大笑い・・・・・ 





上から、読んでも下から読んでも『ノォ good ノォ?』





ブータン好きだな~♪





そろそろ、ブータン滞在も終わり・・・・寂しくなってきたな







今日も、読んでくれてありがとう♪






ブータンの言葉かわいいね!と思った方、ポチッとお願いします☆



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
スポンサーサイト
[ 2014/02/10 02:10 ] ブータン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

VISITOR
これまでの訪問者数
訪問ありがとう!
☆地球環状線 運行状況☆
スマイル街道前進中☆
  プロフィール

  るーた & つむ

Author:  るーた & つむ
:れあれあ号
(LeaLea)

乗務員 :
     旦那 るーた  
     嫁 つむ  
                
About us  :
      るーた(1984年生)
       A型東京都出身
         趣味(旅行)

      つむ(1988年生)
       O型大阪府出身
       趣味(昼寝、散歩)    

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。