スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワンピースの世界へ☆





Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン・ビシュケク に滞在中。。。





今、たまたま目線を落とした先に、TSUMUの足があったので、足の裏を指でなぞってみたら、ビクっと大げさに反応して





「こちょばい





と怒鳴られました。。。





「こちょばい。」





これ大阪弁ですか






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




どうも、るーたです。




そういえば4日ほど前に、ブログ記事本文の文字サイズを変更しました。





これで老眼の僕の親にとっても読みやすくなったのではないでしょうか







インドの首都デリーを堪能したれあれあ号




夜行列車で移動です




目的地は、別名【ブルーシティ(青の街)】として知られている




【ジョードプル】へ☆




さすが首都だけあってほとんどの電車はデリー発早めに駅に言ったのですが、電車は既に到着していました。




自分達のシートを見つけて誰もいなかったので珍しく記念撮影


IMGP7461_201404051855497db.jpg


IMGP7464.jpg




本当は最上段2人分予約出来ればれあれあ号的にはベストなんだけど、なかなかそんなに都合よくとれなくて・・・。




ちなみにインドの列車には普通に座るシート、横になるシート、個室など様々なタイプがあります。このシートはいくつかある横になれるシートの中で一番安い【スリーパー】呼ばれるクラスです。




扇風機だけです。もっと良いシートには、エアコンがついていたり、シーツやブランケットのついている車両もありますが・・・




スリーパーは驚くほど安い




夜行列車の一区間の移動が、500~700円くらいで出来ちゃいます。








ジョードプルまでの移動・・・デリーで購入した【寝袋】が大活躍




それまで朝方寒くて起きていたのにそんなこともなく爆睡しました。





ちなみにインドの列車は荷物の盗難が多いと有名なのですが、





その対処方として、





①カバンと列車のシートを自転車用のワイヤーロックでしっかりつなぐ。




②TSUMUのバックパックと僕のバックパック(色違いです)のあらゆるバックルをつなぎ合わせる。(これで合計35キロ以上)




④シャカシャカなるビニールでバックパックを覆う。(バックパックをうごかそうとするとシャカシャカ音がなるのできづきやすい)




⑤周囲の人と仲良くなる。





を実践してました。正直ね、どれもやってない旅人も一杯見ました。




でも、やらないで盗まれて後悔したくないからね。。。




これでもかってやっておけば泥棒がいても盗む気なくなるでしょう




翌朝、珍しくほとんど定刻にジョードプルに到着~~~




IMGP7465.jpg




駅から安宿街近くまでオートリクシャで移動。





IMGP7467.jpg


IMGP7468.jpg




行きたいところを告げて、GPSマップを見ながら曲がるところを道を告げているのに、それを無視して他の場所へ向かうので、




後部座席から大声をだして、無理やり停まらせて降車しました。





そういうときは、「約束と違う」と言って初めの交渉価格(元々現地人より高いツーリスト価格)より少ないお金渡します。





業務不履行ですからね☆




なんで彼らが僕達の指示を無視して走っていたかわかりますか




海外ならよくある、コミッション(報酬)目当てです




例えば、個人的に突撃訪問して交渉すれば、800円で泊まれるところを彼らに連れて行かれると宿代が1000円になり、後に宿側からドライバーに「連れてきてくれてありがとう」のお礼として200円支払うわけです。




旅人にとっては、200円高くなるので損をします。




ドライバーはそれを目当てに自分の知っている宿に連れて行きたがるのです。




中には、多くの宿と関係を気づいているドライバーもいて彼らはコミッションを見込んで、「ここに行きたい」と伝えたときに初めからかなり良心的な値段を言ってくる場合もあります。




そのためにも、【値段の相場知るためにをいろんなドライバーに尋ねてみる】か、【安い値段で乗せてもらって宿を紹介される前に強引に途中で降車する】かの選択がベターになりますね。




そんなこんなで無事に安宿街にたどり着き、安宿へチェックイン。




ガイドブックに載っていた日本人経営の宿に宿泊しました。一泊500Rp(≒800円)




宿の屋上からの景色も非常に綺麗で好きだったんだけど、その日本人の人がね。あまり良い印象を受けませんでした。





日本人相手になら日本語使えば良いのに、わざとかと思うほど、英語を混ぜてきます。





特に印象的だったのは、滞在中の夜に泊まっていた日本人が体調を壊して近くの病院についてその人に確認していたとき。そんな状況でもその人は英語と日本語半々にして話していたんだよね。




英語なら英語だけのほうが良いのに、わざと英語を使っている感じがね。。。しかもその日本人の子英語があまり話せなくてなかなか理解出来てなくて、その人徐々にイライラしてたもんね。




色んな意味で、なんで???





って思っちゃった。ホスピタリティを失った日本人。残念




さぁそんな話はおいといて、





ようやく今日のタイトルに触れましょうか





日本のマンガ史に残る名作といっていいでしょう。





【ONE PEACE】





超シンプルに言うと、海賊のお話です。





このジョードプルは、その【ONE PEACE】に出てくるある国にモデルになったとされています。





その国とは・・・





【アラバスタ王国】




コミックで言うと、18巻~23巻くらいでしょうか。





れあれあ号もそのモデルを探すのを楽しみにしていたのです。





宿にチェックイン後、さっそく街に出かけてみました。





まずは腹ごしらえ。ジョードプルで有名なオムレツサンドイッチを食べに☆


IMGP7473.jpg


IMGP7474.jpg


IMGP7475.jpg




シンプルなんだけど、チーズがとろっとろで本当に美味しかった




これは日本で食べても間違いなくおいしいって言うと思う




市場は賑わっています。

IMGP7494.jpg


IMGP7496.jpg




ここで一つ目のモデルを発見☆




これ!!




016.jpg


103.jpg


IMGP7479.jpg


IMGP7481_20140405200459269.jpg





似てます




たまたま似てるだけで、モデルなんてこじつけじゃないの??って思ってしまったあなた、ちゃんと最後まで読んでくださいね☆




アラバスタ王国は、砂漠の中にありますがそのロケーションも似ているんです。




このジョードプルは【タール砂漠】への入り口の町。





その砂漠の入り口の町にアラバスタ王国のモデルとなった【メヘラーンガル砦】があります。




街中の建物の屋上に登ればどこからでもこの【メヘラーンガル砦】を容易に臨むことが出来ます。





初めて見たとき、その壮大なスケールと存在感に超感動





その、本物のアラバスタ王国がこちら


060 - コピー


IMGP7495.jpg


P1011225.jpg


IMGP7502.jpg


P1011228.jpg



このメヘラーンガル砦は1400年代に当時の王によってマールワール王国の首都として造られた。




町から砦までは歩いて約30分。




途中ブルーシティのブルーを目の当たりにする。

P1011137.jpg


P1011135.jpg


P1011134.jpg


入り口の前にはラクダちゃん


IMGP7517.jpg


IMGP7518.jpg



いよいよ入り口☆近くで見るとほんとうにデカイ

IMGP7515.jpg


入場料は400Rp(≒640円)オーディオガイド付き。


IMGP7526.jpg


P1011145.jpg




この砦、今もカースト最高位マハラジャの所有のもので、現在は博物館になっている。





日本語の説明を聞きながらそこが栄えていた頃を想像する




本当に見ごたえのある砦だった☆




としては、遠くからの景色も含めてタージマハルより感動した☆



その博物館の中に、いましたよ~~~☆



P1011144.jpg



ONE PEACEファンの皆さん、よ~く見て




わかります???




もっと分かりやすいの見せちゃいますよ~~~




P1011169.jpg


P1011170.jpg




もうわかったかな




ONE PEACEの中でのこのキャラクターの名前、インドで有名な飲み物の名前に似てませんか




マンガのキャラクターはこちら


075.jpg



ラッスー




ちなみにこちらは、ラッシー

IMGP7225.jpg




マンガに出てきた大砲もありました★


P1011203.jpg


P1011207.jpg




砦から見下ろす街並み。。


P1011209.jpg





なんで【ブルーシティ】になったのか。




昔、家を青く塗ってよかったのは身分の高い人のみだったらしいんだけど、時代と共にそれが薄れてきて、誰でもぬれるようになったため青く塗る人が増えたらしい。




それと、この青は虫除けの効果もあるんだって★





ジョードプル、どうでしたか~~~??





ONE PEACEのモデル、納得してもらえたでしょうか?






あ~これおいしかった~~~90Rp(150円くらい)

IMGP7489.jpg




今日も読んでくれてありがとう


るーたでした~!!


あなたのポチをお待ちしております


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
スポンサーサイト
[ 2014/04/09 07:17 ] インド | TB(0) | CM(2)
はじめまして
はじめまして\(^^)/
密かにブログ読ませてもらってます!

アラバスタのモデルになったなんて聞いたら行きたくなりますねー♡

今インドにいるので、是非行こうと思います!

ちなみに"こちょばい""こしょばい"は大阪弁だと思いますヽ(・∀・)ノ
[ 2014/04/11 16:57 ] [ 編集 ]
Re: はじめまして
>ほぐさん
はじめまして☆コメントありがとうございます!!
コメントめっちゃ嬉しいです!!
アラバスタのモデル、メヘラーンガル砦は本当に壮大で、天気の良いときに見ると存在感抜群で良いですよ☆ラッスーにも是非会ってきてくださいね☆
今インドを旅行中ですか??羨ましい!!体調と防犯に気をつけてインド旅楽しんでくださいね~~~☆
れあれあ号でした☆
[ 2014/04/11 21:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

VISITOR
これまでの訪問者数
訪問ありがとう!
☆地球環状線 運行状況☆
スマイル街道前進中☆
  プロフィール

  るーた & つむ

Author:  るーた & つむ
:れあれあ号
(LeaLea)

乗務員 :
     旦那 るーた  
     嫁 つむ  
                
About us  :
      るーた(1984年生)
       A型東京都出身
         趣味(旅行)

      つむ(1988年生)
       O型大阪府出身
       趣味(昼寝、散歩)    

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。