スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

考えることが多いパレスチナ観光。






Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア ⇒ アルメニア・エレバン に滞在中。。。





サッカー日本代表の発表があり、いよいよワールドカップ。。。





どこで日本代表を応援をしようかと悩んでいるれあれあ号です。






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




どうも、るーたです。




この旅では、ただ何も考えずに観光地を点々とするだけではなくて、色々と考えて勉強したいと常に思っています。





考えようとしなくても色々学びの多いバックパッカーの旅。





【パレスチナ】・・・正直ここに来るまでどんな問題なのか。正直パレスチナって何?っていう状態でした。





知っていると思っていてもそれはただの思い込み。





そんなこと、たくさんあると思います。





その思い込みを最低限の知識にするために、【パレスチナ】というところに行ってきました。





パレスチナ問題については、前回の記事をごらんください。

前回記事はコチラ




本当はパレスチナの中を色々と周りたかったんだけど、スケジュールの都合上日帰りで行ってきました。





訪れたのは、エルサレムから一番行きやすい【ベツレヘム】という街。




まず初めに向かったのは、 【生誕教会】





ここは、『イエス・キリスト』が生まれた場所とされている聖地です。





もちろん多くのキリスト教徒が訪れていました。





できる限り彼らの邪魔にならないように見学をしてきました。




IMGP8623.jpg


IMGP8633.jpg


P1011061.jpg


P1011055.jpg


P1011072.jpg


IMGP8642.jpg


IMGP8646.jpg


IMGP8648.jpg



実際はどこでキリストがどこで生まれたかははっきりしていないらしく、宗派によっても認識に違いがあるらしい。





でももしここで生まれたのが本当だとしたら・・・ここで生まれた一人の人が何千年もの間、人々に絶大な影響を与え続けている。




地球の裏側で、今でも影響を与え続けている。





そう考えると鳥肌がたった。





でもそれと同時に不思議なこともある。





世界中にキリスト教徒はいて、この生誕教会はキリスト教の中で重要な場所である。





キリスト教において、パレスチナもイスラエルも関係なくこのエリアは聖地なのである。





でもイスラエルに入国の際、別室に送られてこんな質問をされた。





「パレスチナに行くのか?」と。。。





でも、イスラエルに訪れる多くのキリスト教徒にはイスラエルもパレスチナも関係ない。





イスラエルを訪れる多くのツーリストは何に興味があるのか。





もちろん3つの宗教の聖地であるエルサレムに興味がある人は多いと思う。でも、それと同時にイスラエル&パレスチナの現状を知るためにこの地を訪れている人もたくさんいると思う。





「パレスチナに行くのか?」という質問にYESと答えたらさらにしつこく色々と聞かれるらしい。





だから行く予定があっても「NO」と答えなければならない。




現状を知るために行きたいのに自由に行けない。





聖地を巡礼したいだけなのに自由に行けない。





それを考えると【イスラエルって・・・???】と考えられずにはいられない。





中東戦争でイスラエルが領土を拡張して以降、イスラエルはパレスチナを制圧し続けている。





そのイスラエルに対して、というか世界に対してメッセージを発信するために描かれた有名な壁画がある。





その名も【バンクシーウォール】




生誕教会から歩けるとのことで歩いて行ってみることにした。





とぼとぼと歩き続けること約30分。





眼前に突然壁画が現われた。



IMGP8654.jpg



この壁の中にはパレスチナの人々が住んでいる。




IMGP8657.jpg


IMGP8656.jpg


IMGP8660.jpg


IMGP8659.jpg


ユダヤ人によって消されてしまった壁画もある。

IMGP8661.jpg


IMGP8662.jpg


IMGP8663.jpg


IMGP8668.jpg


P1011074.jpg


P1011076.jpg




僕は出来た人間じゃない。





本当に恥ずかしいけど、ここへ行くときも





「パレスチナの現状を見に行こう




くらいの軽い気持ちだったのかもしれない。





でも、このメッセージは僕の心にぐさぐさと突き刺さってきた。





戦争とは全く無縁の生活を続けてきた29年間。





でもここには確かにまだ戦いを続けている人々がいる。





彼らの前で「平和」という言葉は軽々しく口に出せない。





どうしたら彼らに【平和】は訪れるのだろうか。





イギリスはこのパレスチナの現状をどう受け止めているのだろうか。。。





きっとパレスチナの人々だけではなく世界には平和を求めて戦っている人、苦しんでいる人がたくさんいると思う。





日本にいたら【平和】について考えることなんて無かったと思う。






日帰りで行った【パレスチナ】






もっと他の場所も見たかったし、もっと多く人と接してパレスチナについて聞きたかった。それが心残り。





でもたくさんのことを考えさせられて、得るものがとても多かった。





この地を離れても・・・この地にいなくても関心を持ち続けることは出来る。





それは全て自分次第。





色々なことに関心を持って旅を続けたいと思う。





そしていつの日かパレスチナに平和が訪れることを願って・・・。



IMGP8676.jpg


P1011053.jpg


IMGP8650.jpg



今日も読んでくれてありがとう☆

ポチをよろしくお願いします


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
スポンサーサイト
[ 2014/05/16 07:10 ] イスラエル | TB(0) | CM(2)
久しぶりー
久々にブログ見たら、今パレスチナにおるんやー?!
また帰ってきたら、色々話し聞かしてー
[ 2014/05/16 18:58 ] [ 編集 ]
Re: 久しぶりー
>ともさん
元気にしてますか??
イスラエルは色々と勉強になるところでした。
機会があれば是非行ってみてください!!
るーた☆
[ 2014/05/18 12:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

VISITOR
これまでの訪問者数
訪問ありがとう!
☆地球環状線 運行状況☆
スマイル街道前進中☆
  プロフィール

  るーた & つむ

Author:  るーた & つむ
:れあれあ号
(LeaLea)

乗務員 :
     旦那 るーた  
     嫁 つむ  
                
About us  :
      るーた(1984年生)
       A型東京都出身
         趣味(旅行)

      つむ(1988年生)
       O型大阪府出身
       趣味(昼寝、散歩)    

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。