スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ユダヤ教にそんな問題があったの?




Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア ⇒アルメニア・エレバン に滞在中。。。





アルメニアの隣は、イラン。




きっと日本人の多くがこの国の名前を聞くと、





危ないんじゃないか?





と思うかもしれない。





でも、実際に旅をしてきた方に評判を聞くと近年はまったく危なくないし、人も優しくて良い国だという意見をよく聞く。





外務省の渡航情報はどうなっているかというと・・・


渡航情報イラン




ほとんどのエリアは、


【十分注意してください】





これは、日本人がよく行く【バンコク】と同レベル。





多くの旅人がアルメニア・エレバンからイランへと向かう。





そして、れあれあ号も行くことにしました☆





世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~





どうも、るーたです。





イスラエル滞在中お世話になったリン。





毎晩夜遅くまで一緒に話をしました。





そしてある日の夜、れあれあ号はある疑問をリンにぶつけてみました。





「なぜイスラエル(ユダヤ人)はパレスチナを武力で制圧し続けているのか





過去にユダヤ人は国を奪われ、ドイツで迫害を受けて、ようやく今のイスラエルという国を手に入れたということを考えれば、




「この土地を2度と誰かに渡したくない」





と思う気持ちはもちろん理解出来る。





でもね、どうして迫害を受けてきたユダヤ人が武力を持ってパレスチナを制圧してるのか。





そこに疑問を持ったんだよね。





それを直接聞いてみると、リンは色々な話をしてくれた。





彼女はフランス出身で、30年前にイスラエル人と結婚しイスラエルに引っ越してきたとのこと。





ユダヤ人との結婚には色々と複雑な問題があり大変だったとのこと。





その主たる問題が【ユダヤ教への改宗】




ユダヤ教でなければイスラエルで働くことは出来ないかららしい。





何よりもまず、ユダヤ語を話せなければいけない。





裁判所へ行って何日も、一日9時間近い尋問を受けたんだって。





これはスパイかどうかを判断するためらしい。





今となってはリンはユダヤ語ペラペラ。





肩書きは【ユダヤ教徒】だけど、実際にはどの宗教も信じていないとのこと。





そんなリンがユダヤ教徒について様々な興味深い話を教えてくれた。












【ユダヤ教徒は一人でお祈りすることは出来ない。】





特定の人数以上の人が集まらなければお祈りが出来ないため、シナゴーグ(ユダヤ教でいう教会みたいなところ)や嘆きの壁(常にユダヤ人が集まっているため)にお祈りするために行くらしい。





それでも時々人が少なくてお祈りできずにウロウロしている人もいるんだって。





【KOSHER : コシャー(コーシェル)】




ユダヤ教には厳しい食事規定があり、食べてよいもの食べていけないものや、一緒に食べちゃいけない組み合わせがあったり、動物の屠り方、調理法などが細かに定められている。




例えば、うろこの無い魚や貝、豚は食べてはいけない。





肉と乳製品を一緒に調理・保存することを禁じられている。
(例えばチーズバーガーはNG)




冷蔵庫も肉と乳製品用の冷蔵庫に分かれている。




それぞれを食べるときに使った食器やそれを洗うスポンジも分かれている。




食事の取り方にもルールがあり、乳製品をとってから肉を食べるまでは少なくとも4~5時間間をあけなくてはならない。(逆もしかり)




多くのユダヤ人は、肉の日・乳製品の日と一日おきに分けている場合が多い。






【Passover : 過越 (パスオーバー・・・パソバ)】




毎年4月の中旬に行われるユダヤ教の祭り。




これはユダヤ人がエジプトから脱出して奴隷から解放されたことを祈る祭り。





ユダヤ教徒にとって特別な食事期間でもあり、その期間中は米・パン・パスタ・コーンフレークなどの小麦粉製品は接種せずに小麦粉を使わないマッツァーと呼ばれるものを食べる。




正確にはその期間の前に家の中にある全ての米・パン・パスタ・コーンフレークなどの小麦粉製品を処分する。(食べる。)




またその期間中は普段使っている食器を使わず、パソバ用の食器を使う。オーブンや冷蔵庫はすみからすみまで綺麗にする。中には買い換えてしまう人もいる。




この期間中はスーパーでパソバ用以外の食材を販売するのも違法で、パソパシールがついているものしか店頭に並んでいない。





これはあくまでも敬虔な人のみであり、そこまで敬虔では無い人々はその期間の前に普通の食材を買い込んでるらしい。





ユダヤ人のことを一般的に【コシャー】




敬虔なユダヤ人のことを【スーパーコシャー】




呼ばれており、彼らは自分達で作ったもの以外食べないらしい。また、ユダヤ教の休息日にあたる金曜日の午後から土曜日の午後に生産されたものや、ユダヤ教以外の人が作ったものも食べてはならない。




スーパーコシャーの話の中で最も驚いた話が、





『生理中の女性は、一緒に食事をしない。それは生理中の女性は汚いものと考えられており、生理中の女性に何かを渡すときも手から手へ渡すことは許されず、一度どこかに置いて、置かれたものを取るといったように渡さなければならない。』












これを知るだけでもユダヤ教って不思議な存在ですよね。









でもこれは一般的なイスラエル人の話。





そしてここイスラエルには超敬虔なユダヤ人が存在する。





彼らは容姿が異なるので容易に判別できる。





その超敬虔なユダヤ人は





【HAREDIM:ハレディム】と呼ばれている。



IMGP8318.jpg





【HAREDIM:ハレディム】はユダヤ教の全てのルールを守っている存在。





もちろん彼らはスーパーコシャー。





HAREDIM女性は外に出て働いている。





一方、HAREDIM男性が日々しなければならないこと、いわゆる彼らの仕事はただ一つ。





『祈ること。』




ユダヤ教の中で彼らは特別な存在で、ユダヤ教の全ての規律を守りただただ祈る。





彼らは、イスラエルの徴兵の対象にはなっていない。





そして彼らの家庭には、毎月一世帯ごとに国からお金が支給されている。





そして彼らの住居などの費用は彼らのコミュニティに国からお金が支給されていてそこから支払われている。





帽子の形の違いや服装の微妙な違いは、コミュニティの違いでもあるようだ。





IMGP8419.jpg

体を左右にふってお祈りしている。

IMGP8426_201405140005010d2.jpg


IMGP8610.jpg


P1011002_20140514000855da8.jpg




HAREDIM男性は、女性と目を合わせてはならず、握手もしてはいけない。





などなど、たくさんの規律がある。





宗教色の薄い日本人にとって、というかれあれあ号にとっては理解しがたい内容だった。




ユダヤ教はこういった特別な文化を持っていることもあり、その文化を守るためにも今の土地を必死になって守っているというのが現状のようだ。




パレスチナ≒アラブ人であり、イスラエルはパレスチナを制圧しているためアラブ諸国から批判にさらされているということも理由の一つとなっているようだ。





このことについてリンがさらに興味深いことを教えてくれた。





ユダヤ教内での問題について。





近年イスラエルの中で、HAREDIMが徴兵を免除されていたり、働いてもいないのにお金を支給されていることに快く思っていない人も増えてきていて分裂し始めているらしい。




最近になってその問題をクリアするために国の中で彼らも徴兵するか協議をし始めているそうだが難しい問題らしい・・・。





そして衝撃だったのは、HAREDIMのことを快く思っていない人々は彼らのことを裏でこう呼んでいるんだって。





【 PENGUIN :ペンギン 】





国民にパレスチナの問題や他の外国の問題に注視させて国内の問題から目を背けさせようとしているみたいだが・・・





この問題はいつか大きくなるんじゃないか・・・って。










問題が生じるのは仕方がないと思う。でも平和的解決、血が流れるような解決方法だけは選んでほしくない。





そう願うばかり。





「なぜイスラエルは武力で制圧しようとするのか?」





結果的に明確な答えはわからないとの答えだったけど、上述した様々なことが絡み合ってそうなってしまっているのかもしれない。





そしてリンは最後にこう言い放った。




「ユダヤ人は色々な意味でクレイジーだよ





って。リンの表情とこの言葉、その言い方に良い意味も悪い意味も含まれているなぁと感じざるにはいられなかった。




でも、色々と教えてくれてありがとう☆ リン



良い勉強になりました。また少し、知識が増えたような気がします。



今日も読んでくれてありがとう


ポチッとお願いします☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
スポンサーサイト
[ 2014/05/17 07:10 ] イスラエル | TB(0) | CM(1)
ユダヤ教恐るべしですね。昔、神がイスラエル人に与えたモーセの律法と、モーセの律法からさらに細か〜い規則を作って(ユダヤ教の聖典タルムードに書いてること)、それを守ってるっていうことなんでしょうけど、モーセの律法の言わんとする原則からかなりかけ離れてしまってる。。。それに、いまから3000年以上前の律法の規定を今の時代に守るというのは奇異な感じですね。

生理中の女性に関しては、女性差別ではなくて(男性に対しても、汚れの期間があったから)、血の神聖さを思い起こす取り決めだったそうです。
女性の体の周期や変化を考慮に入れて夫は妻にに配慮を示しましょうという女性に対する気遣いの取り決めだったそうですよ。


[ 2014/05/20 19:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

VISITOR
これまでの訪問者数
訪問ありがとう!
☆地球環状線 運行状況☆
スマイル街道前進中☆
  プロフィール

  るーた & つむ

Author:  るーた & つむ
:れあれあ号
(LeaLea)

乗務員 :
     旦那 るーた  
     嫁 つむ  
                
About us  :
      るーた(1984年生)
       A型東京都出身
         趣味(旅行)

      つむ(1988年生)
       O型大阪府出身
       趣味(昼寝、散歩)    

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。