スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イスラームのタブーを破った??







Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア ⇒ アルメニア ⇒ イラン ⇒ ブルガリア ⇒ ⇒ ギリシャ ⇒ アルバニア ⇒ マケドニア ⇒ モンテネグロ ⇒ クロアチア ⇒ ボスニア&ヘルツェゴビナ ⇒ セルビア ⇒ ブダペスト・ハンガリー に滞在中。。。





TSUMUと同様、FIJIで出会った北海道のほっけのコージ君っていう友達が、






「東京に転勤」





って聞いてたんだけど、勤務地がうちの実家にちかい!というような話を聞きびっくりしているれあれあ号です。





これで『ホッケ』がいつでも食べられる☆(*´∀`)






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

PCの方はコチラ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯・スマホの方はコチラ ⇒ にほんブログ村 世界一周

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~






どうも~~~るーたです。





タシケントからサマルカンドへはバスで移動☆





バスの出発する場所までは、タクシーで移動し朝8時半頃、サマルカンドヘ向け出発。






一人15,000スム(≒510円)






前日タシュケントに夜遅くに着き、朝早く宿をでたこともあってバス内で爆睡☆






移動中の3時間、ほぼ寝てました(笑)






CIMG8628.jpg







サマルカンド!






この土地の名を聞いたことのある人も多いはず!!






『青の都』『東方の真珠』『イスラム世界の宝石』などさまざまな異名を持つサマルカンド。





チンギス・ハーン率いるモンゴル軍に破壊された街は、ティムールによって再生され、





ティムールは、サマルカンドをイスラーム世界に名だたる都市へと変えた。






そんな歴史のあるサマルカンド!







楽しみ~~~~~'+。:.゚ヽ(*´∀`) ノ゚.:。+゚












バスターミナルに着いたものの現在地がどこか分からず。。。





街中に行きたいと人々に尋ねるも言葉通じず。。。





地図も無し、ガイドブックも無しに観光名所の名前も分からずに「街中に行きたい」ってジェスチャーでどう伝えられるんだろう・・・笑





仕方なくタクシーの運ちゃんが持ってたリーフレットの写真を指差して、そこまで行ってもらうことに。





10,000スム(≒340円)





ここまで行けば観光スポットだから英語話せる人いるだろうと思っていたらタクシーの運ちゃんが一軒の安宿まで送り届けてくれた。





タクシーを降りてびっくり!!





日本人に有名な安宿【バハディール】だった。






驚いているとタクシーの運ちゃんは宿の中にはいり、オーナーと談笑している。タクシーの運ちゃん、オーナーと友達らしい☆






これはラッキー☆すぐにチェックイン。






4人ドミトリーを2人で使わせてくれるということで即決。二人で18ドル(≒1800円)







荷物を置いてリラックスしているとオーナーが呼びにきた。行ってみると・・・






アフターヌーンティーが☆これは宿泊客へのサービスらしい☆


素敵すぎる!!'+。:.゚ヽ(*´∀`) ノ゚.:。+゚

CIMG8651.jpg






ゆっくり紅茶を楽しんだ後、さっそく観光☆






やっぱりまずはここに行かなきゃ!!と






レギスタン広場】に行くことに。






『レギスタン=砂地』という意味で、主要道路の交差点にあったレギスタン広場は、謁見式や閲兵、罪人の処刑など多目的に使用される場所だったようだ。






行ってみたのは良いが、昼間に来たほうがよく見えそうだったので翌日改めてくることに。





P1012198.jpg


P1012229.jpg





広場のタイルを全て新しくするのか、工事中なのがちょっと残念。






ってか世界遺産なのに、こんな工事しちゃって良いのかな??






翌日、





P1012238.jpg




P1012248.jpg


P1012203.jpg


P1012287.jpg


P1012323.jpg


一つ一つのタイルが本当に綺麗!!



P1012274.jpg


P1012265.jpg


CIMG8682.jpg


CIMG8674.jpg


P1012261.jpg


P1012258.jpg


P1012310.jpg


P1012302.jpg


P1012294.jpg


P1012304.jpg


P1012317.jpg






本当にどこも綺麗で、見入っちゃうんだけど、その中でも観光客みんなが夢中になって写真を撮っている場所がある。






それが、ココ。






CIMG8749.jpg






他の写真と何にも変わらないじゃん!!





と思うかもしれません。





そう、ほとんど建物はかわりません(笑)





ただ、この写真の中には、あってはいけないものがあるんです。






わかるかな???






わかったかな??






CIMG8749.jpg






わかったかな???






ヒントは、「イスラームの建物」であるってこと。。。






わかった???






正解は、これ。






CIMG8746.jpg







この建物の名は『シェルドル・メドレセ』





『シェルドル=ライオンが描かれた』という意味でライオンが描かれ、人面のようなものも描かれている。






もうわかったかな???何がすごいのか。






イスラームの文様は本来、その教義により『偶像崇拝禁止』とされており、人や動物の姿をモチーフにすることはタブーとされている。






サマルカンドのこの壁画は世界的に超レアなもの。





でもなぜ厳格なイスラームの教えが破られてこんな壁画が描かれたかと言うと、





建設当時のサマルカンドの支配者が自分の権力を誇示しようとしたためらしい





その代償に、建築家が自殺したという話もあるみたいだから驚きだよね。





CIMG8746.jpg






イスラームのタブーを破ったこの壁画。






ムスリムの人が夢中で写真を撮っている姿が印象的だった。







サマルカンド、面白いねヾ(´^ω^)ノ♪







今日も読んでくれてありがとう☆

世界一周ブログランキングに参加中です(⌒‐⌒)

あなたのポチをよろしくお願いします(///∇//)

☆下の画像をクリックしてランキング画面に映ったら投票完了です☆

PCの方はコチラ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯・スマホの方はコチラ ⇒ にほんブログ村 世界一周

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
スポンサーサイト
[ 2014/07/06 22:30 ] ウズベキスタン | TB(0) | CM(2)
イスラムなのに、仏陀の顔が描かれてるのかと思いました〜(笑)
[ 2014/07/07 00:31 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
Yukariさん、ホントに不思議ですよね・・・この絵。笑
[ 2014/07/14 18:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

VISITOR
これまでの訪問者数
訪問ありがとう!
☆地球環状線 運行状況☆
スマイル街道前進中☆
  プロフィール

  るーた & つむ

Author:  るーた & つむ
:れあれあ号
(LeaLea)

乗務員 :
     旦那 るーた  
     嫁 つむ  
                
About us  :
      るーた(1984年生)
       A型東京都出身
         趣味(旅行)

      つむ(1988年生)
       O型大阪府出身
       趣味(昼寝、散歩)    

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。