スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【完敗】モロッコ人 VS れあれあ号







Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア ⇒ アルメニア ⇒ イラン ⇒ ブルガリア ⇒ ⇒ ギリシャ ⇒ アルバニア ⇒ マケドニア ⇒ モンテネグロ ⇒ クロアチア ⇒ ボスニア&ヘルツェゴビナ ⇒ セルビア ⇒ ハンガリー ⇒ クロアチア ⇒ スロベニア ⇒ イタリア ⇒ ポルトガル ⇒ スペイン ⇒ モロッコ ⇒ モーリタニア ⇒ セネガル ⇒ ガンビア ⇒ スペイン ⇒ アメリカ ⇒ ペルー ⇒ ボリビア ⇒ アルゼンチン(アル) ⇒ ウルグアイ ⇒  (アル)経由 ⇒ パラグアイ ⇒ ブラジル ⇒ ベネズエラ ⇒ コロンビア ⇒ パナマ ⇒ コスタリカ ⇒ ニカラグア ⇒ ホンジュラス ⇒ エルサルバドル ⇒ グアテマラ ⇒ メキシコ ⇒ LA ⇒ フィジー ⇒ オーストラリア ⇒ マレーシア・クアラルンプール に滞在中。。。




妖怪ウォッチ!!今何時???:)






世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

PCの方はコチラ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯・スマホの方はコチラ ⇒ にほんブログ村 世界一周

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~




今日はモロッコ人と争った日のお話です。




それはシャウエンからフェズに向かうバスに乗ろうとした時です。




バスのチケットは、バスターミナルで前日に購入しておきました。


P1010964_20150216153455b8a.jpg




バスは定刻をすぎてもやってこなくて、出発時間を30分すぎたころようやく到着。




待っていた客は一斉にバスに群がります。。。




大きい荷物を預けなければいけないので荷物を預けるために群がる人々の方へ。。。




バス会社の人と思える2人の男が人々から荷物を受け取ってテンポよく荷物をキレイに収納していきます。




日本と違い、海外では乗客が大量の荷物を持っていてバスの荷台が一杯になることはよくあること。




なので、荷物を積むときにキレイに収納していくことは重要なんです。




なんのためらいもなく、バス会社の人であろう男に荷物を渡して収納してもらい席につきました。




やっとバスに乗って一安心。




そのときでした。




「40ディルハム、プリーズ。」




見上げるとさっき荷物を渡した男がそこにいます。




「40ディルハム!!」




手でお金を催促するようなしぐさをして見せてきます。




れあれあ号「は?????荷物2個だから5DHね!!」




モロッコでは、バスの下に荷物を預けた場合、荷物代として荷物一個あたり5ディルハム払わなければいけないことは知っていました。




それなのに彼は、




荷物一個あたり20DH(≒250円)




請求してきています。




ここで屈してはいけません。




ここで僕は、後ろに座っていた夫婦に値段を確認しました。




彼らは、「一個5ディルハムだよ。2つなら10ディルハム。」と親切に教えてくれたのですが、




その夫婦の言葉をさえぎるかのように男は、




「こいつらの荷物は大きい。だから2つで40だ!!」



と主張してきます。




こうなったらもう長期戦覚悟です。




だって、こっちはまったく悪くないのですから。





バス会社の人だと思っていた男二人は、荷物を入れて金を稼ぐ





コミ男(コミッション目当ての男)だったんです。




ドライバーも自分に害は無く、むしろ荷物を積む手間を省けるので見て見ぬふりです。




「払わん!!」




という態度を出し続けました。




相手は次第にイライラしてきて大声を出してきます。




もう一人の男も加わってお金を要求してきます。




ず~っと無視し続けていると今度は、




「お前の荷物出すからな。」と。。。




はぁ。。。なつかしいこの感じ。





そしてそれまで黙って運転席に座っていたドライバーが僕らのところに来て何かを言ってきます。





言葉はわからないけど、「もう時間が過ぎてるから出発したい。40ディルハム払いなさい。」





という感じでした。やっぱりバスの運転手もグルなのかな???




悔しいけど、人の荷物を積んでお金を稼いでいるコミ男の存在を事前に知っていながら何も疑わなかった自分も悪い。




そう思うことにして、40ディルハム・・・払いました。




完敗(><)





これからモロッコを旅するみなさんへ。





現地の人に確認しましたが、





5ディルハム以上はありえないそうです。




モロッコには、人の荷物をバスに収納して稼いだり、荷物を外に出して稼ぐコミ男がたくさんいます。




誰に何を言われても自分で荷物を積んで、誰かに自分の荷物を触られる前に自分で荷物を出すようにすることが、コミ男被害防止につながります。中には、お願いしてもいないのに、勝手に荷物を出してきて金をしつこく請求してくる者もいます。




こんなこともありましたが、2週間モロッコに滞在して嫌な思いをしたのはこの一件だけ。





モロッコは、【3大ウザイ国】の一つとされていますが、ウザさなんてほとんどありませんでした。




ブログを書いてる人が、「ウザかった」ネタを無理やりつくってるんじゃないかと思うほど。




コミ男や日本語を流暢に話したりなれなれしい人には十分警戒すれば、モロッコはすごく楽しい国です☆彡




ひゃ~~~モロッコで荷物一個20ディルハム(≒250円)たっけぇ~~~~~!!!!!




今日も読んでくれてありがとう☆

世界一周ブログランキングに参加中です(⌒‐⌒)

あなたのポチをよろしくお願いします(///∇//)

☆下の画像をクリックしてランキング画面に映ったら投票完了です☆

PCの方はコチラ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯・スマホの方はコチラ ⇒ にほんブログ村 世界一周

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  





スポンサーサイト
[ 2015/02/17 07:04 ] モロッコ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

VISITOR
これまでの訪問者数
訪問ありがとう!
☆地球環状線 運行状況☆
スマイル街道前進中☆
  プロフィール

  るーた & つむ

Author:  るーた & つむ
:れあれあ号
(LeaLea)

乗務員 :
     旦那 るーた  
     嫁 つむ  
                
About us  :
      るーた(1984年生)
       A型東京都出身
         趣味(旅行)

      つむ(1988年生)
       O型大阪府出身
       趣味(昼寝、散歩)    

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。