スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もしも自分が・・・黒人貿易の拠点になった島へ。






Welcome to   号☆☆


現在の運行状況:
タイ(タ) ⇒ ラオス ⇒ (タ)経由 ⇒ マレーシア(マ) ⇒ ミャンマー ⇒ (マ)経由 ⇒ ブルネイ ⇒ インドネシア ⇒ シンガポール ⇒ カンボジア ⇒ ベトナム⇒ 香港 ⇒ (タ)経由 ⇒ バングラデシュ ⇒ インド(イ) ⇒ ネパール ⇒ ブータン ⇒ (イ)経由 ⇒ オマーン ⇒ アラブ首長国連邦 ⇒  ヨルダン(ヨ) ⇒ イスラエル ⇒  (ヨ)経由 ⇒ イングランド ⇒ ポーランド(ポ) ⇒ チェコ ⇒ オーストリア ⇒ スロヴァキア ⇒ (ポ)経由 ⇒ リトアニア ⇒ ラトビア ⇒ エストニア ⇒ フィンランド ⇒ トルコ ⇒ キルギスタン ⇒ ウズベキスタン ⇒ カザフスタン ⇒ アゼルバイジャン ⇒ グルジア ⇒ アルメニア ⇒ イラン ⇒ ブルガリア ⇒ ⇒ ギリシャ ⇒ アルバニア ⇒ マケドニア ⇒ モンテネグロ ⇒ クロアチア ⇒ ボスニア&ヘルツェゴビナ ⇒ セルビア ⇒ ハンガリー ⇒ クロアチア ⇒ スロベニア ⇒ イタリア ⇒ ポルトガル ⇒ スペイン ⇒ モロッコ ⇒ モーリタニア ⇒ セネガル ⇒ ガンビア ⇒ スペイン ⇒ アメリカ ⇒ ペルー ⇒ ボリビア ⇒ アルゼンチン(アル) ⇒ ウルグアイ ⇒  (アル)経由 ⇒ パラグアイ ⇒ ブラジル ⇒ ベネズエラ ⇒ コロンビア ⇒ パナマ ⇒ コスタリカ ⇒ ニカラグア ⇒ ホンジュラス ⇒ エルサルバドル ⇒ グアテマラ ⇒ メキシコ ⇒ LA ⇒ フィジー ⇒ オーストラリア ⇒ マレーシア・クアラルンプール に滞在中。。。






日本は、そろそろ花粉の季節???





花粉症がひどいるーたは、旅中花粉無縁だったから、日本の春がこわいみたいです(-ι_- )





世界一周ブログランキングに参加してます☆

応援のポチッをお願いします m(_ _)m

PCの方はコチラ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯・スマホの方はコチラ ⇒ にほんブログ村 世界一周

※ページが移動したら投票完了です!!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~






セネガルのダカールで、大家族の家にホームステイさせてもらっているれあれあ号。







バスとフェリーを乗り継ぎ、日帰りでゴレ島に行ってきました。







ゴレ島とは、昔黒人の奴隷貿易の拠点になった島。






16世紀、新大陸に侵略したヨーロッパ人たちは、現地で農場経営に乗り出し、






そのための労働力確保のために、黒人を連れてこようと考えた。






これは、学校でも習ったことのある「三角貿易」。






ヨーロッパ産の綿布や酒、鉄砲をアフリカ大陸へ持っていき、そこで黒人奴隷と交換する。







そして、黒人奴隷たちは過酷な状況の中アメリカ大陸に運ばれる。







そこで、連れてきた奴隷たちを砂糖や綿花、タバコなど現地で栽培された原材料と交換し、







その原料で様々な商品を作り、世界中に売って、ヨーロッパ諸国は莫大な利益を得た。







そんな歴史の拠点の一つになったゴレ島。






アフリカから連行された黒人たちは、この島に集められ、そしてこの島からアメリカ大陸に送られていったのです。






この島へは、ダカールの港からフェリーで行けます。






観光地の一つになっていて、フェリー乗り場も立派。






料金は、5000CFA/人 (約780円)で、1時間~1時間30分おきにフェリーが出ているらしい。




これが乗ったフェリー。

P8151471.jpg




P8151477.jpg





着くとすごい人が待っていました。

P8151482.jpg



P8151483.jpg



フェリーの料金はセネガルに住んでいる人とそうでない人によって違っていて、住民たちの交通手段にもなっているようでした。






着いてすぐに『奴隷の家に行くなら、早く行かないと閉まるよ。』と教えてもらい、






すぐに、奴隷の家と言われている建物を目指すことに。

P1011453.jpg



P1011460.jpg



ちょっと迷いながら、到着。

P1011462.jpg




ここに、アメリカ大陸に送られる前の黒人奴隷を収容していたらしい。





中は、想像していたより狭い。

P1011467_2015022416070160a.jpg



男性・女性・子供と部屋が分かれていたようです。
P1011469.jpg





そしてこのさきを進み、船に乗せられて行ったそうです。

P1011473.jpg



ここを通った人は、二度と帰って来れなかった。
P1011474.jpg



P1011475_20150224160734713.jpg




2階は貿易人の事務所として使われていたようで、





現在は、収容の際使われていた道具やイラスト付きの説明を展示されてありました。

P1011477.jpg



ヨーロッパから、アフリカから、アジアから、来た国によって、ここで感じることは違うかもしれないけど、





これを行っていたヨーロッパの貿易人達も、




連行され、物のように扱われたアフリカの人たちも、同じように大切な家族があって、住み慣れた暮らしがあって、





同じ人間なのに。





こんなことするなんてひどすぎる、大昔はこんな事があったんだ・・・・・なんて他人事だと思いたくなるけど、






自分も含め、人間って残酷な事を出来ちゃう可能性を持ってるんだと思う。






過去のこと、他の国の事と考えて、悲しい過去としてスルーしちゃいそうだけど、





もしかしたら、自分ならどうするかって自分の意思が試される状況が来るかもしれない。





あのアウシュヴィッツで有名なユダヤ人迫害も、一番多かったのはただ見て見ないふりをしていた傍観者。





その場にいたら、自分はどうするんだろう。






ゴレ島で、ジャンベを購入して、ダカールへ。

S__1835016.jpg







今日も読んでくれてありがとう☆

世界一周ブログランキングに参加中です(⌒‐⌒)

あなたのポチをよろしくお願いします(///∇//)

☆下の画像をクリックしてランキング画面に映ったら投票完了です☆

PCの方はコチラ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯・スマホの方はコチラ ⇒ にほんブログ村 世界一周

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
スポンサーサイト
[ 2015/02/24 17:30 ] セネガル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

VISITOR
これまでの訪問者数
訪問ありがとう!
☆地球環状線 運行状況☆
スマイル街道前進中☆
  プロフィール

  るーた & つむ

Author:  るーた & つむ
:れあれあ号
(LeaLea)

乗務員 :
     旦那 るーた  
     嫁 つむ  
                
About us  :
      るーた(1984年生)
       A型東京都出身
         趣味(旅行)

      つむ(1988年生)
       O型大阪府出身
       趣味(昼寝、散歩)    

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。