スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

台湾DAY5 台南→高雄

DAY5
この日は、移動日!


台南から高雄までは、バスが出ていないため、電車での移動に。


電車の詳細は、「服務中心(インフォメーション)」で聞いて、台湾鉄道『左營』までの乗車券GET
(58元≒180円)

P1250465np18.jpg


駅はこんな感じ。


P1250466np18.jpg


よくわかりませんが、2路線走ってるみたいなので注意。


P1250463np18.jpg


朝食を食べていなかったこともあり、駅の売店でパンを購入。


P1250464np18.jpg


この真ん中のパン、もそもそしてて口の水分奪うやつだな~って覚悟してたんだけど、一口食べてびっくり!!しっとりふわふわで日本のコンビニで売ってる蒸しパンとかよりよっぽどおいしい


すっかりファンになってしまいました

駅のベンチで朝食を済ませ、のんびりしていると電車が来ました。難なく電車に乗り込み、揺られること約50分。


到着~!!『左營』駅☆


事前のネット情報では、『左營駅』にロッカーがあると書いてあったので探したのですが、駅は小さくロッカーなんてどこにあんの???


愛用のipod touchを開くとWIFIがとんでいたので、ネット接続し、確認。



ん?んん?なに~!!??

どうやら『左營駅』は二つあるらしい。台湾鉄道の『左營』と高速鉄道の『左營』。



しかもどうやら、高速鉄道の『左營』は台湾鉄道でいう『新左營』。



一つ前の駅ぢぁ~~~ん



くやし~~~。

地図を見てみると確かに・・・。



良く地図を確認するとどうやら最初の目的地である『蓮池潭』は、台湾鉄道『左營駅』と高速鉄道『左營駅』(=台湾鉄道『新左營駅』)の間に広がってる様子。



「よし!荷物持ったまま観光しよう!」




ということで、バックパック背負ったまま観光することに



台湾鉄道『左營駅』から『蓮池潭』までは、歩いて約10分ほど。


『蓮池潭』は左營区最大の池。ということで、歴史的に有名とかではなく景観が有名みたい。


見えてきました。ガイドブックに必ず載っている『龍虎塔』

P1250467np18.jpg


近くで見るとすごい迫力でした。

P1250482np18.jpg


P1250487np18.jpg


P1250489np18.jpg


『春秋閣』や『五里亭』も見学。駅を出てから、2時間ほどのんびり見学・移動していると高速鉄道の『左營駅』に到着~!!

台湾鉄道の『左營駅』とは違い、大きな駅舎。例えるならば、『大宮駅』とか『新神戸駅』くらいの大きさかな。


ロッカーに荷物を預け、本日2つ目の目的地へ。


TSUMUが台湾に行ったら必ず行きたいとずっと言っていた場所。


『義大世界』(イーダワールド)
TSUMUの情報によるとここは、アジア最大級のアウトレットモール


ここには、世界の有名ブランドが入っているらしい。ブランドに興味の無いれあれあ号


でもね、ここに行った理由がちゃんとあって、日本で旅用のシューズをずっと探してたんだ。トレッキングシューズを。


アディダスとか、モンベルとかニューバランスとかKEENとか、色々探して試着して。


ただ日本では、ハイカットとミドルカットの製品は安くなってるんだけど、ローカットはなかなか安くなってなくて・・・安くなってもすぐ売り切れになっちゃって。


PCにうといれあれあ号にとって、その少ないチャンスを射止めるのは難しくって。


で、アジア最大級なら安いのがあるんじゃないかって!!


『左營駅』からバス(37元≒100円)に乗り、約30分。


ありました~義大世界。テーマパークやらホテルやらショッピングモールやらが一つの村のようにまとまってありました。


TSUMUさん、シューズ探しに夢中でまさかの写真・・・一枚も無し。


ここを参考にして下さい。
義大世界


到着して、アウトレットモール行ったんだけど、



めっちゃすごかった~!!ほんとにびっくりした!!


何がって???



だってね、人が、人が、


全然いないんだもん

やってるんだかやってないんだかわからないくらい閑散としてて。



店もそこそこあるし、めっちゃ綺麗だし、スケールも大きくて、建物も近代的だけど、



客がいない。



で、TSUMUとの会話の大半はね「いつなくなっちゃうんだろう?」って話ばっかだった。



で、そんな会話をしながら数時間ぶらぶらウィンドウショッピングをしてたんだけど、



肝心なシューズは・・・







あっっっっっった~~~~~~~~
ずっと捜し求めてたけど日本ではほとんど安売りしてなかったローカット!



色々試着して一番歩きやすいねって話してたあの・・・



『MERRELL

001np18.jpg


日本では、13,000円くらいだったんだけど、



3,080元(≒9,300円)でGET~☆


安かった~!良かった~☆



きっと日本でも探せば同じくらいの価格であるのかもしれないけど、



台湾で買ったっていう思い出にもなるし、良かった良かった



『義大世界』もしかしたら良いところかもって思う人いるかもしれないけど、



ずばり・・・あまりお勧めはしません。



バスで『左營駅』に戻り、地下鉄で『高雄駅』(25元≒75円)へ。


P1250494np18.jpg



高雄駅について、早速宿探し。駅前の大通りを渡るとたくさんホテルがあり、



聞き込み開始。そして、部屋を見せてもらって宿を決定。



この日の宿
028np18.jpg


029np18_20130218203733.jpg


026np18.jpg


027np18.jpg


めっちゃ綺麗な宿



日本の綺麗なビジネスホテルと変わらない感じ。



これで一泊750元(約2200円)



綺麗なホテルにTSUMUはご満悦



ちょっと休憩して、高雄観光に☆



高雄駅からMRTで『西小湾駅』へ。(20元≒60円)



そこからフェリー乗り場に移動し、フェリーに乗船(15元≒45円)

P1250495np18.jpg

P1250498np18.jpg


『旗津半島』へ!!



ここは、海鮮料理が安く食べられるという街。


P1250503np18.jpg

P1250502np18.jpg


一篭100元(≒300円)で調理方法はリクエスト可能。

P1250515np18.jpg


P1250530np18.jpg


安かったけど、あんまり海鮮気分じゃなかったということで、今回はパスしちゃいました。



海岸をぶらぶら散歩して、本土側に戻ることに。



フェリーに乗って戻り、乗り場近くにある『氷店』へ!!

P1250516np18.jpg


P1250518np18.jpg

何を頼んで良いかわからずとりあえず冬天限産(冬季限定?)の60元(≒180円)のものを注文☆ 

P1250519np18.jpg


ちょっと肌寒くて、氷冷たかったので、凍えながら食べましたがうまかった~!!



西小湾駅に戻り、そのまま『巨蛋駅』(30元≒90円)へ。ここでの目的は、



『瑞豊夜市
毎日色々なところの夜市へ行ってきたれあれあ号 このころになると夜市の雰囲気に慣れてしまったことと、台南の夜市の雰囲気がローカル色が強かったこともあり、『瑞豊夜市』にあまり魅力を感じませんでした



小腹がすいたので、麺線を食べることに。


P1250531npnp18.jpg


他には、賑わっている小吃のお店が。あまりに混んでいたため、食べるのは断念し、



メニューのみ撮影☆


P1250524np18.jpg


安い!そして見た目もおいしそうでした。場所は、巨蛋駅から歩いた場合、歩道沿いで一番市場の奥のほう。



ぶらぶら散策して、その日はホテルに戻ることに。



長い長い5日目。ちょっと詰めすぎた感も否めない。



ただ、そんなに世話しなく観光したつもりもなく、結構のんびりと見て回ったんだけどな。



高雄観光は、正直一日・二日あれば十分!!って感じでした。



翌日は、TSUMUが・・・



今日も、ありがとう。



るーた
スポンサーサイト
[ 2013/02/18 18:05 ] 台湾(プレ旅) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

VISITOR
これまでの訪問者数
訪問ありがとう!
☆地球環状線 運行状況☆
スマイル街道前進中☆
  プロフィール

  るーた & つむ

Author:  るーた & つむ
:れあれあ号
(LeaLea)

乗務員 :
     旦那 るーた  
     嫁 つむ  
                
About us  :
      るーた(1984年生)
       A型東京都出身
         趣味(旅行)

      つむ(1988年生)
       O型大阪府出身
       趣味(昼寝、散歩)    

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。