スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NOW EVERYONE CAN FLY !!





こんにちは~~~☆




最近の日本よりもずっとずっと過ごしやすいクアラルンプールです。





扇風機が快眠快眠





どーも、るーたです。





さぁ、今日のタイトル、ピンと来た方いますか





多分、節約旅行好きな方、東南アジアが好きな方、毎日『地球環状線 れあれあ号』を読んでくれている方であれば分かるよね





そう、世界を代表する『Low Cost Carrier:LCC(格安航空会社)』





AIRASIA


P7300022[1]



なんと⑤年連続『World's best Low Cost Carrier』に選ばれてるLCC☆






僕が始めてそれを目の当たりにしたのは、4年前の一人旅の最中。






他の旅人から聞いて、どんなんだろうとHPを開いてビックリ。。。






それまで飛行機は、1万円以上は軽くするものと思い込んでいた自分にはあまりにも衝撃が大きかった




一区間1,000円台からの料金設定。。。






そして今でも忘れない初めてAIRASIAの期待を見たときの衝撃





それがこれ。。。





CIMG9908[1]


CIMG9905[1]





ゾクゾクっと鳥肌がたったのを今でもよく覚えてる。。。






そして今回、ミャンマーに行く飛行機内で機内誌を読んでいたらこんな記事があった。






これを読んで、やっぱり僕は『AIRASIA』のファンだと確信した





もし近いうちにエアアジアに乗る機会があったら是非よんでみてほしい






CIMG9904[1]





簡単に抜粋して意訳してみよう。そうしよう。。。英語が得意なわけではないので簡単に訳してみました。間違ってるかもしれませんが、こんな感じです。





抜粋:

人々はかつて、格安航空会社を立ち上げるという私の大きな夢について「私はクレイジーだ」と言っていた。
12年前には、まさか格安航空会社を立ち上げて、5年連続の快挙をなしとげられるなんて想像もしていなかった。
初めてWorlds's bestに選ばれた日のことは忘れない。嬉しかったし、やる気も出たし、自分達のコンセプト(格安で、人々に余裕をもって楽しんでもらう)は間違ってないんだと確信した。このモチベーションは今でも私達のパッションになっている。あなたがた私達の大切なお客によりよいものを提供できるように・・・。私達を5年連続World's best にしてくれて本当に感謝しています。LCCが宗教・民族を超えて多くの人の生活に触れ、変えていることを嬉しく思う。

今まで、飛行機に乗れなかった人、乗る機械の無かった人が今色んな人と色んなところへ飛べる。

遠くで働いていたり、勉強しているあなたの愛する人に会いに行く余裕の無かった人が、今容易にそして頻繁に会いに行ける。


エアアジアは私の夢やエアアジアのパートナーの夢を叶えるだけでなく、私たちの大切なゲストの夢もかなえたい。
だからこそ、来年もまたWorld's bestを受賞できるように社員一同最善の努力を続けるだろう。

この場をかりて、いつもハードワークしてくれているわれわれのスタッフに感謝したい。
「Hats off to you, All stars!!」 あなた方(オールスター)には脱帽します。
あなた方の努力やパッションは私たちが誰であるかをいつも示している。
自分達を誇りに思って欲しい。



12年をかけて、11,000人を超えるオールスターと約2億人のゲストになっている。


人々はまだ私のことをクレイジーだと言うのでしょうか?中には言う人もいるでしょう。
しかし私は彼らにこれを思い起こしてもらおう。

「Believe the Unbelievable, Dream the impossible and Never take No for an answer.」
(「信じられない」を信じ、「ありえない」を夢見る。そしてNoとは答えない。)

Have a great flight everyone, Thank you for flying Airasia.

Tony Fernandes Group CEO of AirAsia




ってな感じです。

「Now We Can Fly」は彼の夢そのものなんだね!!この記事、本当に感動しました。。。





きっとトラブルがあって、AIRASIAが嫌いな人もいるでしょう。それは本当に残念。



狭いシート、モニターもブランケットも無い、ドリンクも食べ物も有料、予約はネットのみ、そんなAIRASIAが嫌いな人もいるでしょう。

でもそれはきっと裕福な日本人の贅沢かもしれません。だって日本人にとっては、「EVERYONE CAN FLY」なんて昔から当たり前だから。。。

でも東南アジアでは革新的で、そしてそれは日本の学生・若者の生活にも影響をもたらしているのは事実でしょう。


ミャンマーに行けたのもAirAsiaがあったから。



Thanks to AirAsia, Now I Can easily Fly


CIMG9911[1]



今日も読んでくれてありがとう☆
ポチッとお願いします☆
るーた


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



LCCは危ない(安すぎるから)と思っている方へ。。。

・LCCの機体は大抵1~2機種です。それは車と違いパイロットは1機種ごとに免許が必要だから。機種の数を減らしてメンテナンス(安全性)の向上、パイロット操縦ミス防止。人件費削減をしているようです。
・ハブ空港があります。A空港=B空港 B空港=C空港 A空港=C空港に路線を作ると各空港に整備班が必要です。それを B空港=A空港(ハブ)=C空港にすることで整備班をA空港に置くことができ、人件費の大幅削減になります。
・離着陸料の安い夜間のフライトが多くなっています。
・飛行機駐機場からターミナルまでは離れていて、徒歩です。
・ハブ空港以外ではほとんど滞在しません。(駐機料の削減)
・飲食、座席指定、預け荷物は全て有料です。
・予約はネットだけです。(人件費削減)
・キャビンアテンダントが地上スタッフの仕事、機内清掃等を行っています。(人件費削減)

このようにいろいろなところで経費削減をしてLCCは成り立っています。

LCCと大手航空会社の事故率もさほど変わらないでのはないでしょうか(よくわかりませんが)???














スポンサーサイト
[ 2013/08/11 15:47 ] マレーシア | TB(0) | CM(2)
良い言葉やな!
アクシデント無く旅が継続できることを祈ります☆

Have a good trip with AirAsia!!
[ 2013/08/11 22:38 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> PON れあれあ
Thank you very much for your comment.
Your comment told us that you are the'TABI-BITO'.
We wish we could backpack with you.
Please tell us the time you shoulder the backpack comes again!! hehe...
LEALEA-GO
[ 2013/08/12 02:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

VISITOR
これまでの訪問者数
訪問ありがとう!
☆地球環状線 運行状況☆
スマイル街道前進中☆
  プロフィール

  るーた & つむ

Author:  るーた & つむ
:れあれあ号
(LeaLea)

乗務員 :
     旦那 るーた  
     嫁 つむ  
                
About us  :
      るーた(1984年生)
       A型東京都出身
         趣味(旅行)

      つむ(1988年生)
       O型大阪府出身
       趣味(昼寝、散歩)    

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。